研修旅行&ゆすはらグルメ祭り

台風一過
暑さも少し和らいできた九月末は、
なんだかんだと忙しい。

け-1

地域おこし協力隊事業を活用して
都市在住の「農林業・農産物」の
産業や食に関心のあるものが
まちに定住しその効果をあげている
「邑南町(おおなんちょう)」へ
研修にいってきました。

おおなん町

定住促進政策により、
この町に移り住んだ人数は
若者を中心に約240人。

   移住した人による
   町への経済効果は
   3億円と言われています。

子育て支援として
先進的なフォローを充実させ、
地域一帯が飛躍している
そんな取り組みを
地域住民の生活やまた地元商工会は
どのような影響があり効果があるのか、
中土佐町商工会
地域貢献促進委員会として、
視察研修に出向き学んできた。

け-6

久々に瀬戸大橋を渡り
一路研修先へ。
途中、邑南町の道の駅も見学し、
午後2時半商工会館に到着。

け-4

け-5

邑南町商工会の会長ほか
長時間にわたる説明やら
温かなご対応により、
午後5時まで
充実な研修が出来ました。

  地域貢献促進委員長から
  そのお礼を述べて
  この町の宿泊施設に異動。

け-2

け-3

け-12

小さなため池のある
静かな処で落ち着いた。

け-11

け-13

そして、
邑南町商工会の御方も交え
年間来客数6,000人を数え
地元食材の95%以上で運営している
「山里レストラン・AJIKURA」で
懇親会を開きました。

け-9

け-7

け-8

翌日は
尾道経由でしまなみ海道を通り
午後5時には無事帰り着きました。

け-15

け-16

け-10

お疲れさんでしたぁ~。
さぁ~、
お次はいよいよ
「ゆすはらのグルメまつり」

ゆす-1

ゆすはら地図

ゆす-2

ゆす-3

ゆす-4

開催以来、
毎年参加させて頂いている
我々「企画・ど久礼もん(企)」は、
毎度好評を頂いている
「かつおの本格藁焼きタタキ」での
参戦でございます。

タタキ節

焼き

久礼漁港に
朝揚がったばかりの
鮮度バリバリのかつおを
直送しての展開でございます。

たたき-梼原

たたき梼原-2

朝水揚げ

多くのお客さまのお越しを
心よりお待ちしております。


   
  
スポンサーサイト

台風一過の久礼のまち

台風一過
昨日の大荒れが嘘のように
真っ青な秋空が広がりました。

久礼町並

やっぱりうちの町は
輝く太陽が降り注いでこそ
港町らしい様相を見せてくれます。

青空-11

青空-10

青空-2

青空-1

そんな台風一過の朝、
久礼新港の
道の駅なかとさに寄ってみると。
この三連休の二日を台無しにした
お天気を挽回するかのように、
皆関係者が慌ただしく働いてました。

青空-3

青空-7

青空-9

町に帰り
大正町市場を覗いてみると
ここも同様、
三連休の最後の休みに
万全の態勢を整え準備万端
お客さまのお越しを
お待ちしております。

青空-4

青空-6

18号台風襲来で
臨時休業していたうちの店も
大わらわで準備に入っています。

青空-5

そんな
台風に見舞われた三連休の初日は、
まだ台風の影響も無かったため
予定通りの父兄と子供の交流日
久礼の小学校に上がり、
「かつおの話し」をしてきたぜよ。

かつおの話しタイトル

かつおの話し-1

かつおの話し-2

かつおの話し-3

「鰹乃國」と呼ばれる我が町が
(高知県)が如何に「かつお漁」に支えられて
恩恵を受けてきたかってな
元・漁師から見た
かつお漁をお話してきたぜよ。

0-5.jpg

盛漁期の時漁師は、
1分間に何本の魚を釣り揚げるか?、
かつおは何処に生れて
何歳で黒潮に乗って旅立つか?
かつおの最大の天敵は?
などなど・・、
馴染みのある久礼の子供たちでさえ、
目を輝かせて
おんちゃんの話を聴き入る。

0-10.jpg

0-15.jpg

0-14.jpg

また
かつおを見る目が
違ってくるに違いない。
それんしても久礼の子供たちは
元気で可愛い。

NHKの取材が入ってくれた「なぶらスープカレー」

今日はNHKさんが、
久礼の漁師町グルメとして
市場食堂・ど久礼もんへ
「なぶらスープカレー」の
取材に入ってくれたぜよ。

スープカレー-760-7

ど久礼もん表看板

残念ながら全国放送じゃないけんど、
四国の皆さん観よってくださいよ~!

お昼のクローバー

その取材を受けた
「なぶらスープカレー」は、
漁況にもよるけんど、
「かつお・まぐろ・いか・しいら」を
基本的に使い、
土佐沖どれにこだわったスープカレー。

ソテー

スープカレー-760-6

そのグツグツの
熱々スープカレーは、
何時も同じと言う訳にはいかず
野菜の具材も春夏秋冬、
「旬」によって変わります。

スープカレー-760-2

スープカレー-760-4

子供も喜んで食べる程度で
飛び上がるほどの辛さではないですが、
ただ発汗作用は並ではございません。

スープカレー-760-5

そんな「なぶらスープカレー」を、
是非この連休には
食べに来てくださいませ~!
っちゅ~ても、
丁度日曜日のど真ん中に、
あのブーメラン台風が来てますね~。

台風

ど~も日曜日は
臨時休業せにゃぁ~
ならんかなってな状況です・・が、
月曜日は営業できると思います。

  さてさて、
  そんな今日の大正町市場は、
  普段通りの営業をしております

市場-15-1

  ただ・・、シンコの漁は
  少なかったよ~ですが
  美味そうな「やいと」が
  揚がっておりました。

やいと

「ヤイト」と言っても
あまり市場に出回らない
馴染みの少ない魚で、
大きくなると1メートルにもなる魚で、
胸鰭下に灸を思わせる黒い斑紋がある。
そのことから、「ヤイト」や「モンツキ」
「モンタ」「モンズマ」などと漁師は呼びますが、
秋から冬には脂がのって
口に入れるととろっとして舌の上に
うま味が広がり、食感も楽しめて美味です。

その他にも、
美味い旬ものが
早くも小鉢に並んでおりました。

くれどん-1

あじおび

ぐれ

久礼のかつお船も
ギリギリ沖で操業していますので、
秋の「戻りかつお」は
明日も揚がるとおもいます。

fune.jpg

かつお並び

土佐沖物にこだわった
シーフードの
「なぶらスープカレー」をはじめ、
久礼の大正町市場で
お待ちしております~。


温泉とかつお

九月に入ると、
朝晩は急に涼しくなってきました。
涼しいと言うよりも、
夜明け頃の早朝は寒いぐらいです。

   こ~なってまいりますと、
   なんやら温か~い温泉が
   恋しくなってくるもので
   ございます。

温泉-2

我が町の
温泉宿「黒潮本陣」に
久々に行って、人気の
潮湯の露天に浸かろうと思っていたが、

温泉-9

隣町にちょい用時ができて、
「松葉川温泉」に行ってみた。

温泉-3

温泉-1

術後以来、ずっと家でも
シャワーを浴びてきたが、
やっぱり湯船に浸かるってのは
いいもんですね~。

温泉-4

温泉を出て
火照った身体を冷やしに
これも久々につり橋を渡ってみた。

温泉-5

我ら海育ちの者にとって、
こんな景色もまぁ~た
すっかり緑に癒されて
いいもんです。

温泉-6

温泉-7

そして昼飯は
ちょいと今日は贅沢に
「コメ豚」を食ってきたぜよ。

温泉-8

しかし、
山の中に入ってくると
すっかり秋になりましたね~。

  秋と言えば
  いよいよ「戻りかつお」の本番、
  帰ってきて、
  テレビを付けると、
  ドンピシャのタイミングで
  RKCのEYE+スーパーで
  ど久礼もん仲間の田中が
  「かつお」を熱く語っていた。

あい-5

あい-8

あい-7

確かに、
秋のかつおと言うと、
断然「タタキ」と思うでしょうが、
久礼の漁師や漁師町の住民は、
まず「刺身」でその秋を味わいます。

  しかし、刺身でその
  秋のかつおを味わうとなると、
  やっぱり鮮度が命です。

あい-3

あい-1

そんな鮮度を保ったままの
生かつおを燻し焼きあげ、
冷水で絞めない温々の
これまた「タタキ」も絶品でございます。

あい-6

秋の脂ののった
「戻りかつお」を
堪能しに
久礼の大正町市場に
来てみませんかぁ~!。

ai-4.jpg
      ↓
https://youtu.be/WBwc4WbspP0

お待ちしてます~!!

秋・港町の朝は早い

寒くなってきました。

午前5時過ぎ、
早朝仕事はなかったが、
今日も久礼漁港に
かつおの水揚げがあると聴き、
行ってみた。

秋-1

秋-5

しかし、
寒くなってきましたね~。
布団から出るのが
ちょいと億劫になってきたぜよ。

  夜明けの景色も
  すっかり秋めいてきました。

秋-3

漁師町の朝は早い、
何隻かのかつお船はいたが
早くも各船水揚げを終え、
土佐沖に飛び出して
いったのだろ~。

秋-7

秋-6

秋-8

午前6時半の
セリに間に合うように、
水揚げされたかつおを
忙しく整然と並べていた。

秋-9

秋-10

秋-11

かつおの魚体は
やっと魚籠にはいる
6,7キロのものから

  1キロ半から2キロの
  小型ものまで・・。

秋-12

秋13

そんな水揚げで
忙しく飛び交う
市場の喧騒を離れ
空を見上げてみると
次第にクリアに明けてきた。

秋-15

何時ものテトラポットには
早くも鳥たちが
羽を広げて陽の昇るのを待っている。

秋-2

秋-4

秋-14

夜明けの
お月さんを仰ぎながら
原チャリでとことこ帰ってきたが
ガッツリ寒くなってきた。


秋ですね~。

まだまだ日中は
焼けつくような
日差しが照りつけ、
なかなか土佐の残暑は
これでもかってなほど厳しい。

じゃこらー」

ところが夕刻にゃ
一転、俄かにかき曇り
ザンザン降りの大雨に
ガラガラガラ~!っと
雷さんまでが・・・。

  窓の外に走る
  おどろおどろしい
  稲妻を眺めながら
  家飯を食ったぜよ。

企画・ど久礼もんが
今。開発途中の
食べラー風味のジャコ。
これがまったいけるぜよ!

ジャコ飯

そして
日高の友人から届いた
「ビオレソリエス」
なんでも、
フランス産の黒イチジクじゃと。

秋イチジク

それほどしつこい甘さも無く
一口で口に放り込めるのが
雑多食いのおいらにゃ
ぴったりかも。
いやぁ~…秋ですね~・・・。

   秋と言えば
   昨夜は
   旧盆の送り火
   じゃった。

送り火

旧盆の送り火-1

旧盆の送り火-2

灯火親しむ・・・っちゅ~て
よく言うけんど、
なんやら旧盆が終わると
俄然秋色の風が吹いてくる。

   そんな灯火の下
   ネットサーフィング
   しよったら、
   「おおっ!これじゃぁ~!」と、
   思わず
   買うてしも~たぜよ。

iRigのピックアップ。

あいりぐ-1

音楽好きにとっちゃ
お笑いのよ~な
おんぼろの
安もんギターじゃけんど、
おいらにとっちゃ
いろいろな思い出が詰まった
大事なアコギ。

   なんやら
   喧騒の夏が過ぎて
   秋になってくると、
   ちょいとギターでも
   弾いてみるかってな
   気分になるもんです。

ギター

airigu-3.jpg

丁度、
ピックアップの調子が悪かったんで、
これでまぁ~た面白い音を
出してくれるじゃろ~。

あいりぐ-2

秋の夜長に
ちょいと奏でて
みましょ~かいね~。

町が凄いことになっちゅ~ぜよ!

9月に入って最初の日曜日。
確かにまだ残暑はめちゃ厳しいが、
お天気は最高の初秋日和。

まちが-4

午前10時、
そんな日曜日の
大正町市場を覗いてみた。

まちが-2

まちが-1

まちが-3

この旬しか食べれない、
「シンコ」を求めてか、
ぞくぞくとお客さまがまちに。

まちが-18

ところが、
まだ「シンコ」を釣りに行った船が
帰って来ていない。・・のに、
早くもお客さまは並んで
待ってくれている。
まっこと申し訳ありません。

まちが-5

まちが-8

まちが-17

10時半ごろ
やっと漁を終えて帰ってき
大正町市場にご開帳!!

まちが-15

まちが-14

まちが-6

しかしこ~やって、
「旬」の頃合いでしか
食べれない「シンコ」を求め、
並んでさえも食べに来てくれる、
誠に有難いことでございます。

まちが-16

自分たちも食いたいけんど、
昼過ぎには
売り切れ必死の行列。
この列に並びよったら、
白い目でみられるぜよ。

  地元民は
  ちょいと遠慮して
  食いたければ
  自分で釣りに
  行くしかない。

そんなシンコ人気の
大正町市場場外でも
お客さまがどんどん
来てくれております。

   お陰で、
   市場前の
   うちの店も満席。

まちが-10

市場で買ったものや
注文したものなら
がっつり持ち込みOKの
「ぜよぴあ」も満席。

まちが-9

浜に出てみたら、
大正町市場に続く
駐車場にはこれまた続々と
入り込んで来てくれてます。

まちが-11

この夏にオープンした
「道の駅・なかとさ」は
ど~だろ~かと、
原チャリで行ってみた。

まちが-20

まちが-19

まちが-12

ここも有難い事に
道の駅駐車場には入り切れず
魚市場前までお客さまが。

あちが-16

まちが-13

確かに、
考えてみれば
高速道「中土佐インター」を下りれば、
10分以内で太平洋が広がる
漁師町としては日本で初めて
「重要文化的景観」に認定された
漁師町に出会える。

ま-3

ma-2.jpg

ma-4.jpg

ma-5.jpg

ま-6

ま-1

そして今、
若者たちの中で
ブレイクしているこの
大野の浜も、
中土佐インターを降りたら
10分で出会える。

sa-1.jpg

sa-2.jpg

さ-7

さ-3

さ-6

sa-21.jpg

sa-14.jpg

sa-15.jpg

sa-13.jpg

さ-18

sa-19.jpg

sa-11.jpg

さ-20

sa-16.jpg

sa-10.jpg

さ-9

さ-8

いいもんですね~・・・、
自分も
まだ小若い衆のころ、
犬吠で初めて
この板に乗ることに出会い、
ちょいハマりかけたが、
今は羨ましく見るだっけ。

sa-17.jpg

sa-4.jpg

今日も
いい波が入って来てます。
そんな波乗りに
久礼に来てみませんかぁ~。

今年の夏のはまりもの

流石の
大食漢といわれるおいらでも、
八月のガンガン照りにゃ~
ガクッ~っと
食欲がなくなったもんじゃ。

   ところが
   こいつのお陰で
   家飯が美味い美味い!
   まっこと
   「丸仏手柑」は
   魔法の柑橘ぜよ。

しらさ-9-1

魔法の

シラサに大根おろし
ガリガリっと仏手柑を擂り、
ギギュ!っと絞り
醤油をたらす。
最高じゃね~、この夏は
まっことこれに
はまったぜよ。

  さてさて、
  そんな酷暑の八月から
  九月に入るや否や
  いやぁ~・・・!!
  いきなり秋がぁ~!!

明け-1

今朝の夜明け頃は
原チャリで半袖は
寒かったぜよ!

   ところが、
   陽が上がるや否や
   酷暑の夏に
   戻ってしも~た。

そんな暑い最中、
大正町市場を覗いてみると、

ぶん-1

文教大の梅村先生が、
大勢の生徒を連れて
市場の研修に来てくれちゅ~。

ぶん-3

ぶん-2

ところが今日は
生憎の「シンコ」が揚がってない。

  沖を通過していった
  台風の影響で
  1隻も
  シンコ漁には出ていない。

ふた

さ-1

ま、
これほどの波なら
漁に出られないこともないが、
シンコ漁の始まった八月はじめから、
1日も休まず沖に出つづづけて
漁師も疲れがたまり
この台風がえ~骨休め。

  そのかわり、
  ここぞとばかりに
  今度は
  海に出るのが
  サーファーたち。

さ-7

さ-6

さ-5

さ-2

心地よさそ~に
海をすべっておりましたあ~。



八月が終わりますね~。

さぁ~
八月も余すところ後二日。

団扇

明治初期より
農産物、海産物を持ち寄り
物々交換からはじまった
久礼の大正町市場。

   今年の夏も
   なんとか
   大きな台風にも
   直撃されず、
   天候に恵まれ

大勢のお客さまが来てくれました。
お陰さまで繁忙の夏を
送ることができました。

市場混雑

そしてまた、
この7月の中頃
オープンしました、
「道の駅 なかとさ」

道の駅看板道

道の駅テント

道の駅販売所

ここもまた、中土佐町の
新たな名所と呼んで頂けるほど、
多くのお客さまに足を運んで頂き
オープン以来
好調の人出を数えております。

   そんな「道の駅 なかとさ」の
   直販所には、
   我々弊社の
   企画・ど久礼もんも
   商品を置かせて
   頂いておりますが、

これまた有難い事に、
スッカラカンになる商品もあり、
お客さまに迷惑かけるほどに
好調な販売が続いております。

   直販所商品棚に
   置かせてもらっている
   弊社商品の
   売れ筋ランキング
   はといいますと。

漁師のラー油三個並び
やはりダントツが、
「漁師のラー油(かつお)」です。
そんな漁師のラー油かつおは、
お子様にも食べられる辛さにして
万人受けする仕上げをとりましたが、

  大勢の「ファン」の
  お声の中で、
  「もっともっと辛さの濃い
  コアな商品は出来ないか」
  ・・・とのご要望を頂き、
  この道の駅オープンに合わせ
  数年前から練りに練って
  造り上げた商品が。
  「漁師のラー油
  濃辛プレミアム」
  でございます。

漁師のラー油濃辛プレミアム

道の駅 なかとさオープン以来、
この両商品は誠に有難く
好調にお買い求め頂いております。

そして、
同じ棚に並ぶ商品も
連られてまた好調に。

  「漁師のラー油
   いか大王」

いか大王

日本一の
生産量をほこる高知県、
四万十川流域産の
その生姜をたっぷり使い
かつおと合わせた
「しょうがの恋」

しょうがの恋三個並び

  久礼の
  漁師家庭では
  昔っから食ってきた
  ソウルフードな
  「かつおの生姜煮」

かつおの生姜煮三個並び
鮮度抜群の魚を
どんぶり飯に
ぶっかけ盛りして食ってきた、
漁師町だからできた、
「俺のたれ」

俺たれ三本

そんな好調に売れている
商品のなかで、
ご迷惑をおかけしている
商品も。

カラヤン三種チラシ-1

かつおの焼き味噌
「カラヤン」。

  売れ筋№1な
  スタンダードの
  「青」のカラヤン。

  舐め味噌として
  酒の肴に最適な
  激辛バージョン
  「赤」のカラヤン。

  山椒がピリリと利いた
  発売以来、意外と
  女性に好まれた
  「緑」のカラヤン。

カラヤン青三個

カラヤン赤三個

カラヤン緑三個

この三種は
なかなか生産が間に合わず、
棚を調べに行くたびに
1個も無い状態が続いております。

   なんとか
   改善策を
   検討中ですので、
   しばらくご不便を
   おかけいたしますが
   宜しくお願いいたします。
      ↓
http://shop.dokuremon.com/
今夜のブログは
なんやら我が社の
商品自慢になりましたが、
暑さにやられた狂気と
お許しくださいませ。  
ありがとうございました。

いい型のシンコが揚がる!

今日も
鮮度バリバリの
いい型のシンコが
水揚げありましたぁ~!。

型のいいシンコ

そんな午前中、
「道の駅なかとさ」の
我が社の商品が並ぶ
棚状況を見にいってみると、
すっからかんになっている商品も。
大慌てで補充をしてきました。

道の駅28-1

補充

道の駅なかとさも
平日に関わらず
なかなかの人の入り
まっこと有難いことでございます。

そんな道の駅に
商品を補充して
大正町市場に帰ってくると、
水揚げされたばかりのシンコを
漁師のおばちゃんが
せっせと捌きに追われてました。

市場看板00-1

シンコサイズ-3

それんしても、
八月の終盤のここにきて、
なかなか型のいい
シンコが水揚げされてます。

シンコサイズ-5

シンコサイズ

シンコサイズ-8

シンコサイズ-2

仏手柑をガリガリっと擂って
尚且つギュギュっと絞り
醤油をタラッと垂らせば
見るからに美味そうで涎がでてくる。

シンコサイズ-4

そんな漁師の
おばちゃんらぁ~の
手際のよい捌き作業見ていると、
「あきさぁ~ん来たぜ~」と・・。

シンコサイズ-6

暑い盛りの大正町市場へ
こ~やって来てくれる、
感謝感謝でございます。

   そして尚、
   うちの店
   「市場食堂・ど久礼もん」で、
   海鮮どんぶりや
   焼きラーうどん
   なぶらスープカレーなど、
   ど~んとご注文もしてくれ
   シンコも食事可能の
   無料休憩所
   「ぜよぴあ」に持ち込み、
   美味い美味いと食べてくれる、
  
まっこと感謝感謝でございます。

シンコサイズ-9

ぜよぴあ28

海鮮丼-28-1

焼きラー28-1

スープカレー-28

シンコサイズ-7

シンコサイズ-11」

シンコサイズ-12

しょうがせ

シンコサイズ-13

シンコサイズ-14

シンコサイズ-10

みなさぁ~ん、
ありがとうございました。
お気を付けて帰ってください~!!

シンコの話し

甲子園の熱戦も終わり
朝晩はやっとこ
涼しくなってきたかなってな
今日この頃。

シンコ0005

しかし、
八月後半に入っても
依然「シンコ」熱は
まだまだ続いております。

また、ここにきて、
いい型のシンコが釣れてます。

シンコ0-4

メジカ0-1

大正町市場で
漁師のおかぁ~ちゃんが
捌いたその場で販売している
「シンコ」はすべて
一本釣りの釣り「シンコ」
じゃきに
ピカピカ鮮度は保障付き。

かあちゃん-2-1

かあちゃん-2

立ち食い

さてさて・・・、
「シンコ」「シンコ」と言いますが、
シンコにもいろいろ
この時期ございます。

シンコの事3jpg

前にも何度か
ご紹介したと思いますが、
この上の写真で言いますと。

  一番上が
  「マグロのシンコ」
  その下が
  「スマかつおのシンコ」
  その下が
  「平ソーダかつおのシンコ」
  下の端が、今、話題の
  「丸ソーダかつおのシンコ」

この丸ソーダかつおは、
漁師は「メジカ」とも呼びまして、
「足が速い」(鮮度が落ちやすい」として、

  「朝釣ったシンコは
   昼までに食え!

  「宵に釣ったシンコは
   晩までに食え!」・・と、

ほんの釣り上げてから
数時間しかその食感は
持続いたしません。

そんな「シンコ」が
八月中頃出回りだすと、
丁度時期を同じくして
「丸仏手柑」も出始めます。

仏手柑

「仏手柑」と言うと、
あの仏の手と言われる
この柑橘ですが、

仏手柑-0011

黄色く色づいてきても
身が割れない
「丸仏手柑」が
これが「シンコ」に
得も言われぬ相乗をもたらし
なんとも暑いこの夏の
一風の爽やかさを運ぶ
風味を醸し出します。

シンコ00

その鮮度は折り紙つきの
釣り「メジカ・シンコ」を、
捌いたその場で
即、仏手柑を摩り下ろし
ギュギュっと絞って
醤油をたらっとたらせば、
まっことこの夏の「王者」の食感!

シンコ-05

シンコ0006

シンコ-06

その「シンコ」も、
9月中頃を過ぎると
急激に魚体が大きくなり
美味しさも食感も
薄れて行きます。

  明日もお天気は上々、
  この
  久礼の沖で釣れている
  朝どれの「シンコ」が
  大正町市場に帰ってくるのが、
  大体10時頃。

皆さま挙って
大正町市場に食べに
来てくださいませ~!!
    

初秋の候 美しい夕焼けが

初秋の候
八月半ばから九月初旬
暦の上ではすっかり秋ですが、
西に傾いても
まだ照りつける太陽は
半端ない熱さですね~。

秋の夕焼け

しかし日が落ちてしまうと、
なんやら秋の気配が西の空に。

西の空と言えば、
今日は「鰹乃國」と呼ばれる
中土佐町久礼(企画・ど久礼もん)へ
毎年この時期訪れる
西高の生徒たちが
「かつお」の研修に来てくれたぜよ。

にし-3

にし-4

夏休みも終わって
いよいよ明日から
テスト付けじゃという。

  バンバン質問してきた
  昨年の生徒と違って
  今年の生徒は
  みなシャイな生徒が
  多かったよ~な・・・。

どげな研修かと言うと、
高知県は「かつお・かつお」と言う割に
あんましかつおの生態やら天敵やら
漁獲高やら食い方やら知られていない、
ま、
かつおに纏わるくだらん話を含め
約1時間話をしてきた。

ニし-5

降雨

年間消費

もどり

元漁師の
そんなおんちゃんの
話はそこそこに、
研修が終わるや
大正町市場近辺に飛び出して
皆思い思いに腹ごしらえ。

いちば-1

い-1

い-3

い-5

い-4

i-2.jpg

い-6

i-6.jpg

ま、
夏休み最後の
研修の名の下の遠足も終わり
明日からはまた
学業がはじまると言う・・・。

 皆~ぐわんばれよ~!!

祝大漁!戻りかつお

早くも戻りかつおが!

祝大漁

毎年、9月の声を聞くと、
「戻りかつお」の
漁況が届いてくる・・が、

今年はなんやら
ちょいと先走ってきよる。

みずあげ

   大正町市場を
   覗いてみると、
   魚屋は早朝から
   ちくと忙しげな様相。

秋の戻りかつお

5キロ前後の
なかなか脂ののった
早くも戻りかつおが
揚がっていた。

かつお棚-1

  春の上りかつおと
  秋の戻りかつおは
  どこが違うのかと
  よく聴かれますが、
  
「春の上りかつお」は
腹の縦縞がくっきり鮮明で
いかにも若々しく
さぁ~これから
黒潮にのって
北に向かって上るという
凛とした魚姿をしている。

   「秋の戻りかつお」は、
   黒潮にのって
   到達した北の海で
   エビジャコやら小イカやら
   たらふく美味い
   捕食を繰り返し、
   まるまると豊潤に太り、
   かつお特有の
   腹の縦縞が
   脂ののりとともに
   太くぼやけてくる。

かつお捌きわり

脂ののりが
一番分かり易いのが
「はらんぼ」と言われる
腹身を見れば
春の爽やかな赤さから
白っぽく肉厚になってくる。

はらんぼ

この
戻りかつおの「はらんぼ」を、
ちょいと塩をして
七輪で焼きながら
温燗で呑りゃぁ~、
そりゃも~最高の肴。

   さてさて、
   美味いといえば、
   この時期最高に
   美味いのが、
   釣れだちの
   「シンコ」じゃけんど、

今夜は、
その丸仏手柑を
ガリガリっと擂って
大根おろしとともに
チリメンで食ってみた。
いやぁ~!!
これまった最高じゃね~。

チリメン

さぁ~これから、
秋になった大正町市場には
美味いもんが
目白押しで棚に並びますぞ~!

市場の昭代司

そんな
美味いもんを見つけに
市場を歩いてみませんかぁ~!


夏がゆく~シンコ熱冷めやらず

昨日の
情報番組TV、
こうちeye+スーパー での
メールテーマが、
「夏休みの宿題」じゃった。

ぼくらぁ~にゃ海がある

その進行を務める丸山アナが、
「川島さんは子供の頃
 宿題はちゃんとやってましたか?」と、
振ってきたけんど、
聴いてくる方が無茶振りってもんで、
そんなんするわけない、
   とにかく、
   朝から晩まで
   海やら川に
   浸かりっぱなし
   じゃった。
28日頃から
泣きそうになって
宿題やりよった
毎年夏の思い出が・・・。

_00.jpg

とにかく、
海に山に
久礼は遊ぶ処があり過ぎる。
そんな久礼の夏も
いよいよ後半。

鮎釣り

後半になっても
一向に高知の暑さは衰えず
ますます熱気を
帯びてくるよ~に思える。

   熱気を帯びると言えば、
   なんちゅ~ても
   「シンコ熱」・・・。

シンコ熱-6

午前9時頃
大正町市場の前を通ると、
「シンコ」釣りに出ている
漁師仲間が、
軽トラに釣ったばかりの
シンコを載せて運んできた。

  「おお!今日は
  水揚げが早いやないか?」

  「そ~ながよ、
  嬉しい事に
  魚場がだんだん
  近くになってきた」

シンコ熱-7

そんな「シンコ」求めて、
大正町市場には
早くも9時半には並び始めた。
いやぁ~恐るべし
「シンコ」熱冷めやらず!

シンコ熱-1

シンコ熱-5

シンコ熱-4

シンコ熱-2

シンコ熱-3

そんな「シンコ」求めて、
お昼頃
大正町市場へ行ってみたが、
なかなか地元のものは
遠慮せにゃぁ~いかんばぁ~
買えない状態じゃった。

   仕方なく、
   地タコが
   湯であがっちったので、
   買ってきた昼飯。

「シンコ」と同じよ~に、
「丸仏手柑・まるぶしゅかん」を
ガリガリっと擂って
食ってみたが
これがまったはまるばぁ~美味い。

蛸に仏手柑

まっこと
この丸仏手柑は、
魔法の柑橘じゃね~。

魔法の仏手柑

この柑橘が出てきてこそ
「シンコ」熱も冷めやらずっ
てことじゃろ~。

そんな記事を
ブログに載せていると、
真上で
「ガシャガシャガシャ」と喧しい。

   みると
   迷いトンボが。

夏がゆく-2

そのまま部屋に
一晩泊めてやろ~と
思いよったけんど、
なにせ忙しなく喧しい。

  そっと羽を掴んで
  夏の夜空へ
  放してやった・・・。

大正町市場・シンコ熱冷めやらず!

シンコ熱益々加熱!

シンコ03

今朝も
久礼漁港には
かつおが順調に
水揚げされます。

朝

久礼の
大正町市場の棚には、
水揚げされたばかりの
鮮度バリバリのかつおが
どどんと並んでおります。

かつお棚

市場-002

そんな
水揚げされたばかりの
「かつお」を求めて
朝から大正町市場は
活況の賑わいが・・・。

八幡宮前の
大駐車場には
ぞくぞくと県外ナンバーの
お客さまが
入って来てくれてます。

駐車場-01

一方、
先月オープンしたばかりの
「道の駅なかとさ」も、
有難い事に此方も
多くのお客さまが。

道の駅なかとさ

車ばかりか、
道の駅目の前にある
新港係留場所には
ヨットでのご来訪も・・。

ヨット係留

道の駅なかとさ-4

道の駅なかとさ-2

道の駅なかとさ-3

道の駅なかとさも、
久礼の大正町市場も
だんだん人が多くなってくる
午前11時頃、
いよいよ真打ちの
朝から漁に出ていた
「シンコ」が大正町市場に到着。

シンコ-01

シンコ-06

早速、
シンコ漁に出ていた
漁師のおばちゃん周りは
大行列のはじまり。
シンコ熱は恐ろしい・・・。

シンコ-05

立ち食い-1

確かに、
この夏の王者の味覚。
しかしこの「シンコ」
何処でも食べるって品じゃない。
昔から漁師の伝承に。

   朝釣った「シンコ」は
   昼までに食え。

   宵に釣った「シンコ」は
   晩までに食え。

ってなほどに、
鮮度が落ちれば
その食感は半減する。

じぁきに、
漁師家のおばちゃんが、
捌いたら、仏手柑を
ガリガリっと擂ってもらい、
醤油をたらりとかけたら
即立ち食いで食うのが
通の食い方。

シンコ-06

ぶしゅかん-01

シンコ-04

シンコ-02

立ち食い

今日も大正町市場は、
多くの「シンコ」ファンが
立ちよってくれましたが、
そんな昨夜は、
この大正町市場周辺の
商店街では
「盆の送り火」が
灯されました。

送り火-7

送り火-6

送り火-5

久礼のまちの殆んどは
「旧盆」にする行事ですが、
やはり、
皆が帰省してきてくれる
この時期に送り火をとの事で、
ここ数年前から
8月15日に灯されるように
なってきました。

送り火-4

送り火-3

送り火-2

いづれにしても、
ご先祖を大切に
供養するってことは
この暑い最中でも
一風の爽やかさが
通り抜けていく気がいたします。

  そんな高知家は
  食べ物ばかりか、
  春夏秋冬の
  「旬」があればこそ
  元気な町で
  いられる気が致します。
      ↓

http://www.kochike.pref.kochi.lg.jp/~top/matome/?p=2443

孫の成長と久礼のかつお漁好調維持!

お盆休みになっても、
久礼の小型かつお船の漁が
好調でございます。

  心地よく涼しかった
  今朝6時過ぎ、
  帰省してきた
  孫と一緒に、
  そんな
  かつお水揚げ市場に
  行ってきたぜよ。

かつお龍馬

朝一-2

朝一-1

朝一-3

今朝も好調に水揚げされた
げ市場を孫とうろついていると、
   企画・ど久礼もん仲間の
   田中が
   「一本持って帰りや!」・・と、
   かつお一本持たせてくれた。
   「おおきに~」

龍馬とかつお

早速、
水揚げ市場から直行の
鮮度抜群の「かつお」を、
刺身にして
朝からニンニクで食ってみた。

刺身-1

ひやぁ~!!
まっこと
美味かったぜよ~!!
なんちゅ~ても
かつおは刺身が№ワン!

   その模様を
   FBにアップしょう~と、
   立ちあげたら
   5年前に
   孫と海で遊んだ
   画像が出てきた。

龍馬ヨット

いあやぁ~、
たった五年で
子供ってのは
成長するもんですね~。
  いまや
  すっかり
  野球少年。

龍馬P

龍馬インタビュー」

龍馬川-3

まごあんぱん

あんぱん

午後からは
近くの川に
水浴びに行ってきた。

一馬川-1

琴美川-2

龍馬川-2

龍馬川-1

改めて、お爺いは
孫たちの成長が
楽しみでしょうがない。


灼熱の土佐Week「なかとさもん」

いやいや
半端ない暑さですね~。
そんな暑さの
和らぐ間もない一昨日は、

  退院以来何時までも
  なまけてらんねぇ~・・と、
  本格始動の
  早朝出勤。

11-4.jpg

マツコさん紹介以来、
好調な売れゆきに
感謝感謝の「しょうがの恋」

11-6.jpg

11-5.jpg

11-3.jpg

お盆休みにかけて
各所お土産売り場に
出荷が続き
この暑さをものともせず、
頑張って早朝作業。

11-7.jpg

今日から、
製造作業は
お盆の期間中お休みですが、
大正町市場前の
「市場食堂・ど久礼もん」は
俄然張り切って
営業いたします。

たい-4

商店街

どくれ-002

そんな昨夜は、
同級生の一人が、
「お~、退院したらしいねや、
  お互い我らも歳やきに、
   健康にゃ気をつけんと
    いかんぜよ・・・」と、

こんなんを
プレゼントしてくれた。

11-2.jpg

健康に気を使ってくれる
いい友人でございます。

11-1.jpg

孫たちも
今朝大阪を出発、
いよいよ帰省して来る前にと、
今朝はお墓の掃除もバッチシ、
お参りもすませてきたぜよ。

墓

朝から
超~暑かったけんど、
やっぱり墓参りを済ませると
なんやら
心地よく落ち着けますね~。

 さてさて、
  暑いと言えば
  よさこい本番に
  参戦している
  我が町の
  「なかとさもん」

その模様を
TVが紹介していたので、
ちょよいとご紹介。

な-4

な-3

な-2

あ-15

na-1.jpg

な-14

na-13.jpg

な-12

な-20

na-19.jpg

な-18

な-17

na-16.jpg

な-9

な-8

な-7

な-9

な-8

な-7

な-6

な-5

な-10

な-22

な-11

な-23

な-21

いよいよ今日が本祭、
めちゃ暑い中じゃけんど、
暑さを弾き飛ばして
頑張ってくださいよ~!!

懐かしい

たったひと月
留守しただけじゃけんど、
なんやら懐かしいぜよ。

   台風接近で
   雲行きが
   怪しい中じゃったけんど、
   ちょいと原チャリ散歩
   してきたぜよ。

朝

港に係留する船も
ガッチリ舫いをとって
時化に対応。

朝-2

降ったり照ったり曇ったり、
不穏なお天気に関わらず、
早くも道の駅には
多くのお客さま方が・・・。
ありがとうございます。

朝-4

朝-6

昨日補充してきた
うちの商品も
お陰さまで
好調な売れ行きです。

朝-7

パン屋さんやら
ケーキ屋さんも
朝から並ぶ好調さですが、
やっぱり、
鮮魚となると
昔ながらの此処ですね~。

市場あさ

朝-16

こんなお天気にもかかわらず
お客さんが流れております。

   そんな大
   正町市場を後にして
   我らのランドマーク
   双名島を
   ぐるっ~っと
   回ってきた。

朝-3

九州の沖にある
台風5号の影響も
今のところ
あまりないよ~じゃ。

   波の高さも
   さほどではないが
   早朝から
   大野の浜には
   サーファーたちが。

朝-5

朝-9

朝-8

朝-15

朝-10

朝-14

朝-13

朝-12

朝-11

そんな
たったひと月留守で
懐かしい
我が町の土曜日。

さぁ~八月!

いよいよ
猛暑酷暑の八月にはいりました。
あと10日もすれば、
この土佐にも帰省客が
ど~んと増えてきますね~。

   さてさて、
   そんな港町久礼の
   大正町市場の
   魚状況はと言いますと。

大き目

クロス(丸ソーダ)
シロス(平ソーダ)の
メジカはボチボチ
揚がり始めましたが、

  何時もなら八月中頃に
  揚がり始める
  シンコ
  (クロス・丸ソーダ)の幼魚は
  まだちょいと少なめで
  揚がっておりません。

しんこ8-

この台風が過ぎれば
本格的に揚がり始めるでしょう。
そんな夏空の広がる
久礼八幡宮前の浜に
出てみました。

8-7.jpg

ぞうり

いやぁ~流石に暑いですね~。
ま、暑いには暑いですが、
やっぱりこの風景はいいもんです。

  港を見て回ると
  今だ方向定まらぬ
  うろうろしている
  沖の台風が過ぎるのを
  待機している
  かつお船や小型漁船。

8-3-3.jpg

8-1-1.jpg

8-2-2.jpg

まっこと暑いには暑いが、
いいもんですね~夏は
大好きな夏です。

8-5-5.jpg

8-4-4.jpg

8-6-6.jpg

  野も山も
  すっかり夏色。

↓ 


  

退院しました。


お久しぶりでございます。

7月1日入院
3日に手術した股関節も順調に回復に向かい
本日31日に無事退院いたしました。

あたご-1

5年ほど前から
股関節の痛みに悩まされ、
大好きだったゴルフもできず、
痛み止めを飲みながら
騙し騙しど久礼もんの
かつお商品の製造にも
頑張ってきたが、
商工会等の役員も目途が立ち
この機は今だと、
思い切って手術してきた。

atago-5.jpg

あたご-6

いやぁ~・・・、
やっぱり
覚悟はして行ったものの
辛かったですね~。

   ちゅ~・・ても、
   怖さや痛さやじゃの~て、
   入院中の1日の長さが・・・。
   
とにかく
朝夜が明けるのを
待って待って・・・。

あたご-2

なんとか
杖で歩け出してからは、
夜明けを待って
近くのコンビニ通い。

こんびに

この
コンビニのお陰で
随分助けられた。
朝が来ると、
なにがなんでも
これだけは外せん。

atago-4.jpg

ま、なんとか、
孫たちが帰省して来る前に
退院できてよかった。
ちょいとまだキャッチボールは
出来そうにないが、
ちょいと
遊ぶぐらいは出来るだろ~。

阪神

麻心

さぁ~、
企画・ど久礼もんの
商品製造もまっている。
8月はちょいと頑張らねば。


雨上がりの新港

朝から
降っていた雨も
すっかり上がったよ~で、
港近辺を原チャリで
ぶ~らぶら。

   まんず、
   我らが氏神さまに
   ちょいとご挨拶してから。

はちまんさま-2

まっこと光陰矢のごとし
早くも半年が過ぎて
輪抜けさまの
時期なのかぁ~・・・。

わぬけさま

おはちまん

早朝の水揚げを済ませて
今晩出て行くまでの
ひと休憩中の小型かつお船。

かつおふね

はま-1

雨も上がって、
新港のあちこちでは
堤防釣り・・。

  小アジが
  ぼちぼち揚がっていた。

小アジ-1

こあじ

道の駅「なかとさ」の
オープンを目前にして
スタッフが打ち合わせやら
納入業者が
慌ただしく働いていた。

身8知駅

道の駅

野菜マルシェ

そんな道の駅の
直販店マルシェの
レジスペースの上に
一本釣りのカラクリ時計が。

からくり時計

せっかくなんで8分待って、
午後1時のからくりを見てきた。

   時報に流れてくる
   メロディーは
   私めの作曲でございます。
   「エッヘン」・・と
   ・・・龍馬さん並みに。

さてさて・・・、
納入と言えば、
我々企画・ど久礼もんも
近日オープンに向けて
そろそろ
陳列させてもらいまする。

  そんな我が社の
  主力商品をご紹介。

かつおラー油

しょうがの恋道の駅

かつお生姜煮道の駅

昨日、
出来上がったばかりの
「漁師のラー油濃辛プレミアム」も
早速棚に並びますので
宜しくお願いいたします。

道駅ラー油

さてさて、
出来上がったと言えば、
室戸向け送った
弊社製造のPBブランド
「まぐろワタラー油」が、
昨夜のテレビで早速とり上げて
放送してもらいました。

ワタラー油

永野

ワタラーど久礼

ワタラー売り

ワタラーソーメン

さぁ~、
梅雨のひと休み
お天気が続くうちに
ど~んとまた
かつおの大漁が
続いてもらいたいもんじゃね~。

    (写真拝借・ニシガワヤスノリ)

8-1.jpg

8-2.jpg

8-3.jpg

8-4.jpg

8-5.jpg

道の駅も
久礼の大正町市場も
かつおが釣れてこそ
なんぼじゃきね~。

   安航と大漁を

漁師のラー油【濃辛プレミアム】近日発売!

子供から大人まで
多くのお客さまにご愛顧頂きました
食べる「漁師のラー油(かつお)」。

   お陰さまで
   弊社では大ヒット商品として
   屋台骨を支える
   商品に成長いたしました。

そんなお客さまの中から
もっと辛口でパンチの利いた
食べるラー油もほしいとの
ご要望を多くの方々から頂き
3年程前から試行錯誤を繰り返し
試作試食を行ってきました。

濃い辛い5個

道の駅「なかとさ」の
オープン記念に合わせて、
いよいよ此処に完成でございます。

濃いからラベル

商品名は
漁師のラー油(かつお
【濃辛プレミアム】でございます。
発売体制が整い次第
随時発売をさせて頂きます。

濃辛プレミアム先行案内
濃いからプレミアム3個

先行の
「漁師のラー油(かつお)同様
ご愛顧のほど宜しくお願いいたします。

漁師のラー油かつお旧バージ

毎度ご愛顧頂き
感謝申し上げます。


かつおの刺身とタタキ


鰹乃國土佐久礼港には
相変わらず好調に
水揚げは続いております。
  そしてなにより嬉しいのは
  大正町市場の棚に並ぶ
  かつおが
  安くなってきましたね~。

かつお1本

かつお刺身用策

梅雨時と言いながらも、
土佐の高知に
入り込んで来てくれる観光客は
年々増えているよ~に
思いますね~。

   土佐(久礼)に来たら
   なんちゅ~ても
   「かつおのタタキ」を
   まず食すのが
   常套ではございますが。

760.jpg

たたき箸

あんがい
観光客の方々に
知られていないのが
「かつおの刺身」。

  先日、
  初めて土佐を訪れた
  観光客の方の話では。

「へぇ~、かつおって
お刺身で食べれますか~?」・・と、
不思議そうに聴いてこられました。

漁師

たしかに、土佐沖で
日の出から日の入りまで、
頑張っている船乗りたちが
沖で食うグビの「刺身」は
ちょいと無理でございますが。

さしみかつお

ほぼ日々毎日、
水揚げが続いている
久礼の大正町市場では、
沖造りに限りなく近い
鮮度抜群の生かつおが
「刺身」で食べれます。

水揚げ760

かつお並び

かつお策3本

そりゃぁ~まぁ~、
いっぺんその「刺身」を
経験してみてください。

  タタキで食べるより
  数段美味いことに
  びっくりいたします。

刺身かつお-3

タタキと同じよ~に、
ニンニクの一緒に食やぁ~、
得も言われぬ
かつおの美味を
食感していただけます。

刺身かつお-4

さしみかつお-1

現に、
土佐沖で
日々奮闘する漁師は、
たたきより刺身で食います。

さしみかつお-2

そんな土佐の
かつおの刺身を
味わいに来てみてください。
お待ちしてます。

↓   

今朝の水揚げ

今朝は
早朝仕事も無かったが、
なんやら
慣れっちゅ~か、
習性っちゅ~か、

   お目々が
   ぱっちり覚めたんで、
   好調に
   かつおが揚がっている
   久礼新港へ行ってみた。

古久家のてるてる坊主
港町の朝は早い
っちゅ~ても午前五時。
いいお天気ならこの時間、
早くも昼間のような
明るさじゃが、
   流石に
   6月後半の
   梅雨時
   なんやらまんだ
   薄暗い。

我らが久礼の守り神
久礼八幡宮前を通り
久礼新港へ・・・。

久礼八幡-24-1

新港に着いて
上の本陣を見上げると
風呂の明かりも点いて
周りも明るくなってきた。

水揚げ-24-17

水揚げ24-2

水揚げ-24-10

水揚げ-24-3

水揚げ-24-4

水揚げ-24-9

水揚げ時
威勢の良い掛け声が
飛び交いながら
市場に整然と並べられて行く。

水揚げ-24-16

水揚げ-24-12

水揚げ-24-15

水揚げ-24-13

水揚げ-24-11

水揚げ-24-5

水揚げ-24-6

水揚げ-24-7

水揚げ-24-8

そんな小型かつお船の
水揚げが終わると、
午前6時ごろから
仲買人が集まり始め
その後「セリ」が始まる。

漁-2

   魚屋やらスーパーやら、
   水揚げ市場から
   帰るとすぐさま捌きと
   氷打ち!

たなか-24-1

たなか-24-4

たなか-24-2

たなか-24-3

そして、
なるべく鮮度のいいうちに
一本売り捌き売りにして
お客さまの手にわたっていく。

魚屋-ぶり

早朝から、
なんとも気忙しい
港町の風景じゃけんど、
そんな港町が
あたしゃぁ~大好きです。

かご-1

梅雨時になると、
ますます
かつおが釣れて揚がりだす。
↓   

雨の大嵐から一転

いやはや昨夜は
よ~く降りましたね~。

   カラ梅雨かと
   言われて・・一転、
   嵐のような
   激しい雨が打ちつけた。

青空

そんなお天気も
朝には晴れて
お昼頃には
夏雲までが広がったぜよ。

   そして、
   久々の雨と
   照りつける日差しに、
   朝顔がぐんぐん
   背を高く伸びていく。

あさがお

夏の花っちゅ~と
まず真っ先に
思い浮かべる花は
なんちゅ~ても
「朝顔」じゃけんど。

  昔、
  そんな夏の情景を
  「俳句」に詠めと
  先生から宿題をもらい
  二つ上の○○先輩が
  詠んだと言う名句を
  今も覚えている。

【アサガオが 
  明日も咲こかち
    ネジちょらや】

いやぁ~・・・、
土佐弁まじりの名句じゃね~。 

あさがお-2

さぁ~、
いよいよ本格的な
夏がやってきましたね~。

   これから先、
   ちょいと蒸し暑くて
   食欲も落ちる時、
   そんな時ゃぁ~、  
   これですぞ~!!

インスタントラーメン

インスタントラーメンも
作りようによっちゃ
なかなかいけますぞ~!

   そんな
   出来上がった
   インスタントラーメンに
   ちょいとこれを一工夫。

漁師のラー油かつお1個
「漁師のラー油(かつお)」
ワンスプーン放り込むだけで
超~高級ラーメンに早変わり。

まぁ~、
一度やってみてください。

かつお、アジ、ウルメ、ウツボが美味い!

6月も半ばを過ぎました。
依然、梅雨入りしたと言うのに、
一向に雨は降らず
いいお天気が続いています。

   そんな好天の
   久礼の大正町市場を
   覗いてきましたぁ~。

アジ切り身

アジの刺身用の策が、
ウルメが、かつおが、
まっこと美味そうに
棚に並んでおりましたぁぞ~。

ウルメ-01

かつお策

かつお-01

鯛-01

お天気の続く
日曜日とあってか、
八幡宮前の駐車場には
入れ替わり立ち替わり
大小のバスが
入って来てくれてます。

昨日駐車場

大正町市場2017-6-2

大正町市場2017-6

大正町市場-01

そして夕方、
なんやら日が落ちると
秋の夕暮れみたいに
爽やかで涼しいですね~。

夕焼け

そんな宵にゃ
有名雑誌の取材で
「うつぼのすき焼き」を
作ってくれないかとの
要望を頂き早速準備。

うつぼ切り身

「うつぼのすき焼き」取材は
なんどか
冬場に構えたことがあったが、
夏場に取材を受けたのは初めて。

   冬場なら、
   「うつぼのすき焼き」に
   無くてはならない
   「ニンニク葉」が用意出来るが、
   夏場は無理と説明したが
   それでも結構との事で、
   「すき焼き」決行!

すき焼きうつぼ

丁度「ニンニクの芽」が
あったのでこれで代用。

うつぼ鍋

取材を終えたあと、
皆で食ってみたが、
これがなかなかど~して、
冬場といわず夏場といわず、
美味い美味いを
連発してくれたぜよ。

うつぼすき焼き箸

すき焼きとなると付きものの、
玉子をからめて食ってみたが、
いやぁ~!美味い!!
流石にコラーゲンの王者!
女性にウケルはずぜよ。

   ちくと見た目は
   恐ろしげな魚じゃけんど、
   食べると一変!!
   「なんて美味しい魚ですね」
   ってなことじゃった。

うつぼ発送

結構夏場の
「うつぼのすき焼き」も
いけますね~。

  お鍋さえ用意して頂ければ、
  即、ウツボのすき焼き
  パーティーが出来る四人前。
  田舎豆腐、田舎こんにゃく
  野菜も三種ついて
  ど久礼もん特製の
  割り下までお付けしてます。
        ↓
http://shop.dokuremon.com/?pid=75387123

すき焼きなんてのは
冬場のものと思っていた
固定観念を覆す美味しさじゃった。

すきやきウツボ鍋姿-2

さぁ~、
コラーゲンたっぷりの
ウツボの
すき焼きも食ったことじゃし、
日々をぐわんばって行きましょ~!!


平山郁夫美術館・瀬戸内海

三年前、
みなとオアシスのイベントで
瀬戸田を訪れた時に、
こりゃぁ~
え~チャンスじゃと思いながら、
その時には
忙しくて行けず仕舞い。

   何時か改めて
   行ってみたいと思っていた
   「平山郁夫美術館」に
   やっと行ってきたぜよ。

島-20

「瀬戸内海」
何時来ても、
なんとも穏やかで
優しい海が広がる。

島-1

島-2

土佐の高知と言うと、
太平洋の
荒々しい海ばかりで、
そのまた日本の
太平洋側を生業の場とする
「土佐の一本釣り」かつお船は
海とは・・恐ろしげな場と
否が応にも植えつけられている。

荒海-1

荒海-2

太平洋側をテリトリーとする、
そんなかつお船が、
数年に何度かこの瀬戸海に
入ってくる時がある。

   めったに無いが、
   太平洋側で
   かつおの生き餌である
   「活きイワシ」が
   手に入らない時に
   瀬戸内海を
   航行する時もある。

かつお船005

夜、
この瀬戸内を通る時ゃ、
眠れないほど若い衆は
興奮するのだ。

  日頃、
  灯り一つ見えない
  荒海の太平洋側から
  この海に入ってきたら
  そりゃぁ~も~
  灯台やら
  街の明かりやら
  行き交うフェリーの
  華やかさやら・・・、

周りは灯りだらけで
とにかく
銀座のど真ん中状態。
荒れる波もなく
ネオンまでがちらつく海に
「こんな海もあるんじゃぁ~」・・と、
大興奮したもんじゃった。

島-18

しまなみ海道、
幾つ橋を渡ったろ~・・?。
幾つ島を通りすぎたろ~?。

橋

島-19

やっと念願の
平山美術館に到着。

島-8

島-4

島-5

島-6

島-7

   一服の絵画と見紛う
   その静寂の
   厳かな建築も
   見事じゃけんど、
   流石に平山画伯の絵には
   圧倒される迫力があった。

平山-1

平山-2

平山-1

平山-2

たっぷり堪能して
フェリーに乗り
またまた橋を渡り
弓削島へ・・・。

島-3

島-9

島-11

弓削島を散策
島を紹介する雑誌などに
何度か見た事がある
Cafeへ。

島-14

島-15

島-16

島-17

島-30

帰りは
西条から、
愛媛と高知を貫く
長い長い
寒風山トンネルを抜け
一の谷やかたで
飯食って帰ってきた。

島-21

島-24

島-22

島-23

島29

島28

島-25

島-26

しかし
凄い画家がいるもんじゃね~。
その祈りの心まで
伝わってくるよ~ぜよ。

郁夫

さぁ~。
観るもんも観たし
まぁ~た今日から
ぐわんばっていきましょ~!

漁師のラー油(かつお)レシピ

いいお天気に、
海に川に釣り人が。

狙う-3

狙う-4

季節-1

中には、
こんな達人も。

狙う-1

狙う-2

さてさて・・、
お話ゃと~んと変わりますが、
これからこの
暑~い夏を乗り切るために、
パワーアップに欠かせない、
この商品が・・・と、
我が社の
売れ筋№ワン商品の
商談があったので、
そのデモンストレーションに、

   いろんな
   食べ方やら
   レシピまとめに
   改めて造っては
   食べ比べを
   してみたぜよ。

ta-16.gif

ta-11.jpg

ta-15.jpg

た-14

ta-10.jpg

た-12

た-9

ta-7.jpg

ta-8.jpg

ta-7.jpg

た-17

ta-6.jpg

ta-5.jpg

ta-4.jpg

ta-3.jpg

た-2

た-1

た-13

手前味噌になりますが、
流石に我が社のヒット商品。
いろいろ工夫してみましたが、
いずれも美味いね~。

  今回はここまでですが、
  この夏用に、
  冷麺やらソーメンでも
  試してみたいと思います。

  さぁ~、
  この蒸し暑い梅雨を
  ガツーンとパンチの効いた
  漁師のラー油(かつお)で、
  乗り切りましょ~やぁ~。

久礼八幡宮を歩く

梅雨の中休み
真っ青な
空が広がったので、ぶらりと
久礼の鎮守を歩いてみた。

久礼八とびら

久礼八幡宮の由緒は、
こと明らかに
なっておりません・・が、

  宝物の
  「鰐口(わにぐち)」の銘には、
  明徳三年(1392)とありますので、
  この頃には早くも社殿が
  あったものと思われる。

久礼八-1

久礼八-2

宝永四年(1707)の
大地震、大津波で
社殿の柱が
一本も残らず
流出すると言う災害に
棟札や宝物、古い記録まで
無くなったと
古文書は伝えている。

   現在の社殿は
   文政八年(1825)に
   再建されたもので、
   江戸時代後期の
   建築様式を今に伝え、
   貴重な県社でもある。

久礼八-7

久礼八-6

久礼八-8

我々の悪ガキ時代でも
この鎮守の森は昼なお薄暗く
なんやら恐る恐る入っては
その森に棲みか作り、
狛犬に跨っては
悪さ遊びをしたもんじゃった。

久礼八-3

久礼八-4

久礼八-5

久礼八-9

現存する者すべてが
生まれた時から
浜ぎわに鎮座する
この氏神さまを
誰とは言わず掃く清め
今も心の安らぎとして
崇めている。

久礼八-13

久礼八-10

久礼八-11

久礼八-14

久礼八-12

久礼八-17

久礼八-16

久礼八-15

いいまち-1

梅雨の中休み
晴れた日のひと時
ぶらりと境内を散歩するのも
これまったいいもんですね~。

きびの季節がやってきた

今年も嬉しいことに、
「きび」の季節がやってきましたね~。

トウモロコシ

毎年、
この時期になると、
枝川の「きび街道」近くで住む
友人が買ってきてくれる。

   「きび」
   年間世界生産量は
   8億トン以上で
   世界三大穀物の
   一つじゃと言う。

日本じゃ各地、
それぞれ呼び名が違い、
「トウモロコシ」「ナンバ」
「トウキビ」「トウミギ」とも
呼ばれるらしい。

   この土佐の高知は
   総じて「きび」で通る。

これがまった美味い!
北海道で食ったべちゃっとした
「スイートコーン」とはまた違い、
しっかりした固さが美味い。
個人的にゃ、
まだまだ固くて
「モチキビ」ほどの固さが
あってもいいよ~に思うが・・。

   ま、夏の初めの
   この時期の
   チャンピオンじゃね~。

チャンピオン、
日本一と言えば、
高知にもいろいろ
ありますね~。

木毛-3

昨日TVでご一緒した、
戸田商工行の
美人社長とことが売りだしている。
今は懐かしい「緩衝材」。

kokumenn.jpg

今や、
「緩衝材」だけじゃの~て、
枕などに使う
「アロマシート」や
「シューズキーパー」
良質な音響効果を生み出す
「スピーカー」などにも
使われているという。

はなもく

木毛-2

ま、
考えてみりゃぁ~、
84%が山林の
この高知県にゃ
ぴったりのこれからの産業かも。

木毛-1

そして・・・、
日本一になった豆腐屋さん。

豆乳-2

にっぽんの宝物
Japanグランプリに輝いた
プリンと見まがう
「食べる豆乳」。

豆乳-1

さぁ~、
我々も、
1軒あたり年間消費量
日本一の「かつお」を
更に更に磨きあげて
売り出していかねばぁ~!

かつお横写真

焼きたたき

焼きたたき-2

「我々が今まで食っていた
 あのかつおのタタキは
  何だったのか」・・・と、言わしめた
先年亡くなった
「大橋巨泉」さんが、
初めて
高知を訪れた時に食べ、
週刊誌のコメントに寄せていたよ~に、
まだまだ多くの人に知ってもらう
大作業が待っているよ~じゃ!

鰹・かつお・カツオ・松魚

いよいよ夏です。
6月に入っても
「鰹乃國」と呼ばれる、
中土佐町久礼の港には
鰹は順調に
水揚げされています。
   そんな鰹が
   棚に並ぶ
   大正町市場には、
   今日も多くのお客さまが
   来てくれておりまして、

表紙-760

午前9時50分ごろ、
10時開店の
市場食堂・ど久礼もんを
覗いてみると、
早くもお客さまが、
何人か「かつお丼」を
美味しそうに
食べて頂いてました。

   ありがとうございます。

かつお籠

さてさて、
そんな「鰹乃國」に伝わる
「かつおの料理」を、
すべてここに、
ご披露したいのですが、

   400年前の昔から
   我が町に伝わる
   すべての料理を
   ご披露とまでは
   いきませんが、
   記録に残している
   分だけでも・・・と。
  
沖造り刺身

まずは「お刺身」
この画像の刺身は
釣ったばかりの鰹を、
船上で捌き造ったもので、
なかなかこの色合いと
食感の刺身を
陸で味わうことは
ちくと難しいですが、

   沖で
   ぐわんばっている
   漁師だけが味わえる
   絶品ものの
   刺身の造りです。

春色

そんな漁師も、
沖では味わえないのが
「かつおのタタキ」
藁など積んで航いかないため、
本格的な「藁焼きタタキ」は、
久礼の大正町市場で
初夏の鰹を味わってみてください。

たたき火

タタキとろ

そんな
かつお一本釣り漁師も
皆大好きな一品が
この「かつお茶漬け」。

かつお茶漬け760

そしてこの
「かつお丼」は
絶品ものでございます。

かつおどんぶり造り760

かつおどんぶり-5

お酒好き
かつお好きには
たまらない!
「かつおの酒盗」

酒盗作り760

酒盗-1

漁が無く暇な時に造る
この沖づくりの「酒盗」は
家族も帰ってくるのを
楽しみに待っているほどに
酒がすすみご飯がすすむ逸品。

  そんな鰹(かつお)は、
  いろんな食べ方ができて、
  余すところなく
  料理できます。

そんないろいろの
食べ方を此処にご披露。
かつお出汁をたっぷり使った、
「俺のたれ」でつくる
玉子かけごはんにぶっかけうどん。

ご飯たまご

おれたれ

うどんおれたれ

そして、
かつおの「漁師のラー油」を
使った「焼きラーうどん」や
「焼きらーそば」も
なっかなかいけますぞ~!

漁師のラー油3瓶

焼きラーうどん-5

下味して
醗酵した米麹に漬けて
から揚げした酒のおつまみ。

かつおあげあげ

身が崩れないように
一度素揚げした
サイコロ状のかつおを
使った「かつおカレー」。

かつおカレー揚げ

かれ-なべ

カレー-5

このかつおカレーは、
子供が大喜びする逸品です。

  そして、
  かつおの腹身側を
  揚げもにした
  「はらんぼ揚げ」。

はらんぼ揚げ

そのはらんぼを
塩を振って網焼きした
「はらんぼ焼き」。

はらんぼ焼き-2

はらんぼやき

そしてお馴染み
「かつお祭」で人気の
生姜・ニンニクに
たっぷり漬けて
甘辛いタレで焼きあげた
「かつおのステーキ」。

ステーキ-5-1

ステーキ-5

かつお捨て―気

かつお一匹に
一つしかとれない
「かつおのチチコ」を
生姜醤油で炊き上げた
「かつおのチチコ煮」

チチコ煮

その「チチコ」を、
串焼きにした
「かつおのチチコ串焼き」。

ch知子焼き-2

チチコ串焼き

筍やらイタドリやら、
旬の野草など
使ったかつお料理も
聞いたことがありますんで、
またの機会に公開します。

たけのこかつお

まだまだ、
あるあるかつお料理。
「パイレン」やら
「犬殺しの煮浸け」やら、
かつお料理はありますが、
時間をみつけて
画像をあげてみたいと思います。
お待ちくださいませ~!!

夏がやってきました。

夏です!

氷-1

氷-2

さぁ~
6月でございます。
まっこと
月日の過ぎて行くのは
早いもんですね~。

ストーブ-1

掃除して
仕舞おう~と思いながら
放りっぱなしの
ストーブをやっとこ
お片付け。

   ちょいと
   汗になったんで、
   浜に涼みに
   行ってみた。

赤灯台

水平線が
白~くかすんで
いよいよ本格的な
夏がやってまいりました。

   浜にたなびいていた
   鯉のぼりやフラフの
   竿もいよいよ
   仕舞いでございます。

鯉のぼり竿

   浜には
   園児たちの興声が。

園児-3

園児-1

休憩

燕が飛び交う
田んぼには
水が張られ苗も植えられ
夏らしい
草いきれまでが・・・。

苗植え

柘植の木も青々と
紫陽花は色鮮やかに。

紫陽花

柘植-1

紫陽花-2

汗が吹き出そうが、
ジリジリと焼けつこうが、
あたしゃぁ~夏が
一番好きですね~。

貫けるよ~な青空が


【晴々と 五月の空は 果てしなく】

貫けるよ~な青空に
鯉のぼりが心地よく
泳ぐ五月も
いよいよ今日明日。

青空

ふきながし

そんな昨日は、
商工会県連の
通常総会が
城西館で開かれた。

知事-2

知事

県連理事としての
29日が任期満了、
お勤めも
これが最後でございました。

  各、市町村の
  単会の会長はじめ
  県連理事の方々
  関係各位の皆さま方には
  大変お世話になりました。

ありがとうございました。
  

そう-4

そう-3

そう-5

sou-6.jpg

そう-1

そう-2

とにかく
飲み会続きの
一昨日も、

   商工会青年部の一人が
   目出度い新築落成があり
   祝の席に出席。

ちくと
酒席がオーバーペース。
・・・と言いながら。

落成-3

落成-2

落成-1

またまた
今夜も仲間内の例会飲み
さぁ~、
体調整えて臨まねばぁ~。

中土佐町商工会 第57回通常総会 



風薫る五月ながら
この日は夏日のような
暑さでしたが、
中土佐町
商工会が発足以来
57年目を迎える昨日、
通常総会が開かれました。

商工会会長-1

  今 通常総会において
  任期満了に伴う
  役員の改正も
  行われました。

総会看板

総会-1

総会-4

総会-2

平成23年5月
中土佐町商工会
会長就任以来2期6年。

  町行政執行部、
  金融団の皆さま
  商工会事務局はもとより
  理事役員の方々
  はたまた会員の
  多くの皆様方に支えられ
  
就任以来 今日まで
事なき運営ができましたこと、
厚く御礼申し上げます。

総会-3

後任としましては、
米村組社長であります、
  若きエース
  三浦が会長として
  勤めてまいりますので、

今後に置きましても
ご指導ご鞭撻のうえ
ご厚情ご協力のほど
宜しくお願いいたしまして
御礼と致します。

ありがとうございました。

懇親会-2

   通常総会で
   全議題も
   滞りなく承認され
   場所を移して
   懇親会が行われました。

懇親会-3

懇親会-1

懇親会-5

懇親会-6

懇親会-7

懇親会-4

  またまた
  場所を移して
  2次会となった
  スナック論吐奈唖で。

懇親会-8

この後
ほとんどのものが
2次会にも来てくれ
遅くまで大いに盛り上がって
閉会となりました。  

土佐の一本釣り競争 2017「かつお祭」

今日は雨になりましたが、
今年の「かつお祭」は、
準備段階から快晴が続き、
本番もお天気に恵まれ
最後の撤収の日まで
最高の五月日和がつづきました。

   その
   「かつお祭」本番の
   メインイベントでもある
   「土佐の一本釣り競争」も
   快晴の中
   なんとか怪我人も出ず
   無事に終了するとこが
   できました。

一本釣り集

3-1.jpg

そんな
「土佐の一本釣り競争」で、
大いに観客の皆さまを
湧かせて頂いた出場者を
ここに一挙公開させて頂きます。

   まずは、
   デモンストレーションで
   可憐な海の道板渡りを
   魅せてくれた
   司会の
   土佐かつおくんから
   さぁ~いってみよ~!

2-45.jpg

2-44.jpg

2-46.jpg

2-39.jpg

2-43.jpg

2-42.jpg

2-41.jpg

2-40.jpg

2-37.jpg

2-38.jpg

2-36.jpg

2-35.jpg

2-34.jpg

2-32.jpg

2-33.jpg

2-31.jpg

2-30.jpg

2-29.jpg

2-26.jpg

2-27.jpg

2-25.jpg

2-28.jpg

2-24.jpg

2-21.jpg

2-22.jpg

2-23.jpg

2-20.jpg

2-19.jpg

2-15.jpg

2-18.jpg

2-16.jpg

2-17.jpg

2-14.jpg

2-10.jpg

2-11.jpg

2-13.jpg

2-12.jpg

2-9.jpg

2-6.jpg

2-7.jpg

2-8.jpg

2-5.jpg

2-4.jpg

2-2.jpg

2-3.jpg

2-1.jpg

4回目の優勝おめでと~!!

0-6.jpg

温かな日差しの
鯉のぼりはためく天候とはいえ、
まだまだ五月の水は冷たい中、
ほとんど全員が水没という奮闘ぶり、

   選手の皆さま
   お疲れでございました。
   大いに会場を
   盛り上げてくれて
   陸は一段とヒートアップで、
   湧きに湧きました。

ありがとうございました。

↓   

出会いやら巡り合いのかつお祭

大盛況のうちに
大団円を迎えた「かつお祭」

   今年も多くの方に巡り合い
   多くの方々に出会いました。

早朝6時半から
かつおのステーキ切りや
一本釣り競争用の
筏の設置やら
本番準備に追われて
その、
ほんの一部の方々としか
残念ながら
写真に納まることが
できませんでしたが、
    
   多くの皆さまの
   笑顔と出会い
   旧交の言葉を
   交わすことができました。
   ありがとうございました。

0-6.jpg

0-3.jpg

1-7.jpg

1-6.jpg

0-4.jpg

0-7.jpg

1-1.jpg

1-2.jpg

0-2.jpg

1-3.jpg

1-4.jpg

0-8.jpg

1-5.jpg

0-1.jpg

0-5.jpg

感謝御礼

現在建設中の
黒潮本陣下の新港に
「道の駅(7月開業)」
のオープンに伴い、
来年から、
また新たな「祭」として、
場所が変わって行われる
「かつお祭(仮称)」ですが、

   28回の今回まで
   多くの皆様に
   ご愛顧頂いたことに
   心より感謝申し上げます。

誠にありがとうございました。

「かつお祭」ご来場誠にありがとうございました。

28年前、
竹下内閣の時、
日本の各、市町村に
「ふるさと創生基金」として
1億円が交付された年に
はじまったこの祭。

  はやくも
  28年目をを迎えた、
  中土佐町のメインイベント。
  【かつお祭】

感謝御礼

今年も大勢の
ご来場のお客さまを
迎えることができました。

  今朝の高知新聞にも
  その模様が
  紹介されていましたが、
  とにかく万々歳の大団円。

新聞-21-5

何よりも
天候に恵まれたこと、
そして、
土佐沖のかつおが
ど~ん・・と
釣れたとこでございます。

釣り

たたき看板21-1

皐月の輝くよ~な
青空の下で、
久礼獲れの「かつお」を
皆さまが存分に味わい
楽しんで行ってもらったことが、
なによりの嬉しさでございます。

たたき-21-5

とにかく
土佐の一本釣り「鰹乃國」で、
本格藁焼きタタキを
焼いて焼いて焼いて~・・・・。

たたき-21-3

たたき-21-4

タタキ-21-6

タタキ-21-2

10時
オープンのこの祭ですが、
午前8時ごろから
続々と
お客さまが押し寄せてくれて、
会場はもとより
町中も一日中大盛況の
様相でございました。

商店街-21-1

大正町市場-21-1

会場-21-4

会場-21-2

会場-21-3

会場-1

今回のこの「かつお祭」でも、
多くの知人や
友だちやらが来てくれて、
いっぱいいっぱい
カメラに納まってくれたが
なかなか全部紹介しきれません。

   後日改めて
   ど~んと
   紹介させて頂きます。
   まずは、

第28回「かつお祭」
ご来場誠にありがとうございました。

「かつお祭」準備万端整いましたぁ~!

いよいよ
「かつお祭」
明日の本番を迎え、
それぞれがそれぞれの立場で
準備万端整いましたぁ~!

fune-5.jpg

かつ-1

船-5

かつおも十分釣れましたぁ~!
水揚げが終わって、
明日は「かつお祭」で
全船休息。

fune-1.jpg

fune-2.jpg

fune-4.jpg

fune-3.jpg

まっことお疲れさまでした。
ほんの一日だけの
休息じゃけんど、
まんず骨を休めてください。

   そして、
   はらんぼを洗い
   焼き用の構えるもの
   チチコを
   くし刺しのするもの。
   それぞれが
   その持ち場で頑張り
   準備OK!!

uo-2.jpg

harannbo.jpg

うお-1

ちちこ-1

chichiko.jpg

bi-ru.jpg

我ら
もと船乗り組は
海軍工兵!!

いかだ-4

いかだ-2

いかだ-3

いかだ-1

furafu-1.jpg

一本釣り用の
イカダも無事浮かんで、
フラフも揚がったぁ~!

お天気もめちゃいいよ~だ!
お待ちしてますぞ~!!



かつお祭準備-1

第28回「かつお祭」
毎年のことながら、
お天気と
にらめっこのこの祭、
今年はありがたい!
好天に恵まれそ~だ。

空にかつお幟

昨日から準備に入ったが、
好天は嬉しいが
めちゃ暑くなってきたぜよ。

しかけ-1

しかけ-2

「土佐の一本釣り競争」用の
これまった
仕掛けを作るのが
大変な作業。

しかけ-3

しかけ-4

しかけ-5

商工会青年部の
こ~いった若い衆~が
いなかっら出来ない作業。

  まだまだ
  28年目とゆう
  若い祭ながら
  よくぞここまで
  続いたもんだ。

しかけ-6

しかけ-8

しかけ-12

しかけ-11

しかけ-13

しかけ-14

しかけ-7

しかけ-8

仕掛け作りも
この頃は手際よく
それぞれが得意分野で
効率よく準備は進んでいく。

しかけ-9

しかけ-10

皆で和やかに
昼飯食って
も~・・・一仕事・・。
しかし、
こ~やって無償の働きを
一丸となって
皆で汗を流す向こうに
仲間意識ができていくのだろ~。

しかけ-15

しかけ-16

午後4時、
青年部長自ら
お疲れ会の段取り。
  
   明日も
   まだまだ
   用意は続くが、
   炎天下
   一仕事終わっての
   ビールは美味い!

えいようげん

さぁ~、
21日の本番まで、
ぐわんばっていきましょ~。

2017【かつお祭】ご案内-1


[ 時は今 鰹乃國の 皐月かな]

かつおまつり2017-10

薫風爽やかな
土佐は鰹乃國、
久礼八幡宮前の浜で
「かつおの供養祭」で始まり、
時を告げる太鼓が唸り
知事自らの振舞い酒で
「かつお祭」のオープニングです。

知事

鰹尽くしのこの祭、
久礼の辛口の地酒で
【地物かつお】を
ご堪能くださいませ~!!

タタキ造り-02017

たたき2017-5

料理長-2

料理長-1

タタキ切り込み

たたき2017-21

土佐の高知を代表する
かつおの
藁焼き本格たたきはもちろん、
「かつおのステーキ」
「かつおのチチコ串焼き」
「かつおのはらんぼ焼き」
「かつおどんぶり」などなど・・。

   潮風も爽やかに 
   双名島を眺めながら

鰹尽くしの一日をお楽しみください。

販売-001

串焼きchしちこ

ちちこ串焼き2017

ch知子焼き-2

販売

はらんぼ焼き2017-52

はらんぼ2017

かつおステーキ-2

かつおステーキ

はらんぼ焼き2017-2

かつおどんぶり2017-555
かつおどんぶり2017

さぁ~、
いよいよ明日っから、
その準備に入ります。

  21日の
  お越しを
  お待ちしてます!!

さぁ~次週は「かつお祭」じゃぁ~!

今日は薫風爽やかに
最高のお天気ですね~。
・・・・っちゅ~ことで、
いよいよ次週日曜日は
我が町最大のイベント
「かつお祭」でございます。

2017かつお祭り-521-1

土佐人と「鰹」とは
切っても切れない縁がある
黒潮逆巻く土佐沖に
かつお釣りに乗り出して以来400年。

400年2017-1

その鮮やかな
釣り方の優美さから
遠くから見ても
あれは「土佐船」・・と分かるほど、
全国に名を馳せてきた
「土佐の一本釣り」

足摺の鼻前での
かつお釣りの絵じゃろ~、
安政4年、
「土佐海上松魚釣」として、
あの
安藤広重も描いている。

広重鰹釣り2017

大漁、安全を祈願した、
絵馬も数多く土佐には残っている。

絵馬2017-2

「鰹乃國」と謳われる
久礼の町には、
その時代時代に変わっていった、
かつお船の模型も等も所蔵されている。

大正2017

櫓櫂や帆船の
江戸時代明治期を過ぎて
大正時代には
「焼き玉エンジン」を載せて
室戸沖や足摺沖まで
遠征していったよ~だ。

   昭和になると
   焼き玉エンジンから
   ディーゼルエンジンに変わり
   徐々に戦闘能力を
   高めていったよ~じゃ。

かつお船昭和20年~30年2

そして、
小さな港町ながら、
その「かつお船」も
「大型船」「小型船」に
形態が分かれていったよ~だ。

  2月の末、
  故郷に別れを告げ
  久礼の港を出て行ったら、
  11月中頃まで
  帰ってこない大型船。

大型-2017

大型-2017-2

   焼津や気仙沼やら
   他県の水揚げ拠点に
   航海を重ねる大型船も
   日本の太平洋岸をテリトリーに
   日々頑張って
   かつおを追っているが、

水揚げ-02017  

土佐沖で獲れた
「かつお祭」に使われる
鮮度抜群の「かつお」は、 
久礼の港を拠点に
ピストン航海(揚げ出し)を
繰り返して頑張るのが
この「小型船」が担う。

小型-0217-1

小型-2017-4

小型-2017-3

小型-2017-2

土佐沖の近場で
釣れたその獲物を
一時でも鮮度のいいうちにと、
ほとんど日々
水揚げが行われている。

katsuo2017-1.jpg

「かつお祭」は、
そんな鮮度バリバリの
かつおを使っての祭です。

かつお節2017-1

たたきさばきやき

タタキ火-0217-1

タタキならべ-1

そんな「かつお」を堪能しに
5月21日には
久礼の八幡宮前に来ませんか、

にんんいく-2017-1

爽やかな薫風のなか
地酒を呑りながら
ガッツリニンニク挟んで食う
春のかつおは最高ですぞ~!!。


嗜好が変わる

もちろん今も、
魚大好き、肉大好き、
ガッツリ系が大好きじゃけんど、

  なんやら歳とともに
  食いもんの嗜好が
  ちくと
  変わってきたよ~な。

ラッキョウ

もやし

おから-2

晩飯に食った
ラッキョウの
美味いことうまいこと、

  そしてまた、
  このモヤシ。
  さっと煮ても
  さっと炙っても
  美味いね~。

このオカラなんて~のは、
若い時ゃあ~、
一生食わなくったっていいと
思いよった食いものの一つ。
それが今では
これで腹いっぱい
飯が食えるぜよ。 

く

ホウレンソウ

   ほてからに、
   このイタドリの
   なんともハリハリと
   歯触りの
   心地よいことよ。

噛めば噛むほど
なんやら懐かしくも美味しい
土の匂いまでしてくる
ホウレンソウ・・・。

  いやいや
  食いもんの嗜好も
  変われば変わる
  もんじゃね~。

そんな昨夜は
一緒にこの6年間。
中土佐町の
商工会運営に携わってくれた
最後の理事会が開催された。

理事会-2

理事会-1

この役員メンバーでの
理事会は最後となり、
今月末の通常総会をもって
新役員と入れ替わり
中土佐町の商工会を
継続運営していってくれるが、
とにかく「元気な町」として、

  内外から
  注目してくれる
  商工会として
  頑張って行って
  もらいたいものじゃ。

懇親-1

懇親-2

懇親-3

懇親-4

懇親-5

その6年間の
労をねぎらっての
懇親会であった。

   さぁ~・・、
   残された在籍期間も
   今月一杯、
   その間に
   我が町のメインイベント
   「かつお祭」が
   近づいている。

総仕上げといきましょうかいね~。

今日のこうちeye+スーパー

いやぁ~
参った参ったぁ~!!

まるなる

FB友だちへの
誕生日コメントに、
さんざ
「花冷えの折、お風邪を召さぬよ~」
などと書き込んでいる割に、
とうとう~自分が
風邪ひいてしも~たぜよ。

   昨夜は寝床で、
   咳をゴホゴほしっぱなし、
   こりゃぁ~
   今日の生本番は
   大丈夫かいなぁ~と、
   一大決心で
   すぱっと本番が終わるまで
   煙草を吸わないでおこう~と、
   朝起きて終わるまで
   一本も吸わずに完了。

004.jpg

らいと

すた-1

本番前、
丁寧に読み合わせをする
丸山アナと生ちゃん。

そんな
リハーサルが終わって本番まで、
5分でも間があったら
煙草の吸える所へ
突っ走しっていたが、
今日は我慢我慢・・・。

すた-3

すた-4

朝から
一本も煙草を
吸わなかったお陰で
本番も咳は出ず
大丈夫じゃったぁ~。
いやぁ~よかったぁ~!
たすかったぁ~。

たば-1

家に帰り着くなり、
まずは一服・・・。

  そんな身体に悪いもん
  止めたらど~や・・・と、
  良~く言われるが
  これがあたしの
  元気の素でんがな・・・。

美味い

むむ~~~、
美味い、煙草が美味い!
美味いっと
い~ゅ~ことは、
風邪も治ったとゆ~こっちゃ。
さぁ~明日から
頑張りましょう~。

2017・GW後半

今年のGWも
いよいよ後半でございます。

   流石に「鰹乃國」、
   他県のお客さま
   他国のお客さま、
   さまざまなお客さま
   その方達の口コミで
   この頃はすっかり
   「生かつおの刺身」が、
   大好評でございます。

さしみ-2

田中たかひろ

高知県と言えば、
なんちゅ~ても
「かつおのタタキ」でございますが、
日々「生」かつおの揚がる
この「鰹乃國」と言われる
久礼だから提供できる
「かつおの刺身」。

かつおさしみ001

久礼の大正町市場、
その一角を占める
「田中鮮魚店」の
かつおソムリエに
その割合を聴いてみると、
「この頃は、70%以上が
かつお刺身のご注文に
なってきたぜよ」・・・と
話してくれた。

たかひろ

かつおは、
鮮度さえしっかりしていれば、
「生の刺身」が
断然美味いのは周知の事実!

   現に
   久礼の漁師は
   ほとんどが
   生で食います。

久礼に来るお客さま方には
やっとその事が
浸透してきつつあり
嬉しい傾向じゃね~。

   午後3時頃、
   空が真っ青に
   開けてきたんで、
   ちょいと
   原チャリ散歩に。

飛行機雲

も~町も、大正町市場も、
お客さまも帰って
暇になったろ~と、
八幡宮前の駐車場を見れば
まだまだ
大勢の観光客の方々が
来てくれてます。

ちゅ-1

ちゅう-3

ちゅう-2

青い空と青い海を眺め
ひと時を寛ぐお客さま方。
   この久礼にゃ、
   アミューズメントも
   テーマパークも
   無いけんど、 
   ゆたぁ~っと
   こ~やって
自然と同化するのも
これまったえ~もんです。

浜-01

浜-1

そ~だ、
昨日・一昨日と、
随分サーファーが、
大野の浜に
来ていたっちゅ~ことで、
今日はどんな事じゃろ~かと
東側海岸へ行ってみた。 

キャンプ

流石にGWも後半、
小鎌田のキャンプ場には
二組ほどの
グループしかいなかった。

双名島を廻り込んで
大野の浜に出てみたが、
今日はまったく波が無い。
それでも
何人かのサーファーが。

うみ-1

sa-2.jpg

さ-1

ついでに、
対岸にある黒潮本陣へも
ちょいと行ってみよ~と
足を伸ばしてきた。

   人気の
   「風工房」の二階も
   まだまだ満席のよ~だ。

かぜ-1

honnzinn.jpg

内風呂-1

露天-2

ロビー

「鰹乃國の湯宿・黒潮本陣」
先の頃に
BIGLOBEの人気温泉調べで、
1位になったお陰で、
この後半も
繁忙の様子だった。

1位の宿

けt-じ-2

こて-じ-1

併設されている
黒潮工房もコテージも、
満杯のよ~じゃった。

   帰りのその足で、
   大正町市場も覗いてみる。

machi-2.jpg

まち-1

この時間、
まだまだお客さまが
入りこんで来てくれている。
有難い事でございます。

  ここ数年
  台湾の人気TVクルーが
  この市場を
  紹介してくれたお陰で、
  随分台湾からのお客さまも
  増えてきたよ~だ。

まち-4

まち-3

まち-5

うちの店
「市場食堂・ど久礼もん」も、
この時間になっても
満席の有難さ・・・。

まち-8

何もない小さな漁師町ながら、
なんだかんだとその潜在能力は
居ながらにして驚くことばかり・・。

   
漁師町としては、
日本で初めて
「重要文化的景観」として
認定してもらったその武器を
これからも
もっともっと
磨いていかねば・・・。

↓ 

藁焼きタタキ体験記・2017

春のGW・秋のSW・・と、
毎年恒例となった「高知駅前旅ひろば」での
本格かつお藁焼き体験&試食会。

体験記

とにか「タタキ」と言うと、
藁火が命。
お天気が心配じゃったけんど、
3日4日の両日ともに
なんとか雨に降られず
大盛況のうちに終える事ができたぜよ。

ステージ-2

ステージ-1

この頃は県外からも
追っかけファンまでいる
土佐のおもてなし海援隊の
ステージが終わるといよいよ
我ら、企画・ど久礼もんによる
「かつおの藁焼きタタキ体験」
「さぁ~!!
かつおを捌くぞ~!」の号令に
大勢の
観光客の方々が集まってくれる。

体験-1

体験-2

体験-5

体験-6

体験-3

かつおの捌きが終わると、
いよいよ「焼きの体験」。
準備万端Mr・清岡が
「さぁ~焼くぞ焼くぞ~!」と
「体験したいもんは集まれよ~!」と。

体験-7

ステージの終わった
おもてなし海援隊のメンバーが
代わる代わる焼きのサポートをしてくれる。
まっこと有難い有難い。

体験-10

体験-8

体験-9

体験-11

体験-14

体験-15

体験-12

体験-13

体験-16

体験-30

体験-21

体験-20

体験-19

体験-22

「熱い~あっつ~!!」と言いながらも、
子供たちににゃGWの
思いで造りになった
「焼き体験」も終わると、
いよいよ今度は試食会。

体験-26

その頃になると、
何処からか人が集まり
高知駅まで届く長蛇の列。

体験-18

こ~やった並んでくれる
観光客の一人一人に
腹一杯食べさせてやりたいけんど、
このGWはかつおも高騰。

  ほんの
  三切れ程じゃけんど、
  まっこと申し訳ない。

体験-24

体験-29

GW期間中、
サポートに入ってくれている
大学生たちのお陰で
スムースに流れて混乱なし。
ありがと~ありがと~!

体験-25

体験-28

体験-27

体験-17

塩たたきで食べるもよし、
柚子いりタレで食べるもよし。
ど久礼もん特製の
甘めのたれも大好評。

  お魚苦手・・・と言う
  子供も、一口食べたら
  も~こっちのもん。

「おいしぃ~~!」の連発。

体験-23

そ~やって
味わって頂いた方々に、
「も~ちょっとかつおのタタキを
 味わってみたいなぁ~・・・と、
 思う方はお街に
 繰り出してみてくださいよ~!」・・・と、

ま、
これが我々の目的役割。
多くの方が、
「今から食べに行ってきます~」と
街に繰り出して行ってくれた。

【薫風に 波の音雄々し かつお船】

さぁ~薫風
いよいよ初夏でございますね~。

   「薫風」っちゅ~と、
   青葉若葉を抜けてくる
   芳しき新緑の風じゃけんど、

我ら久礼の浜っ子は、
はえ(南の風)にのってくる
独特の潮の匂いで
あぁ・・、
今年も夏がやってくる・・・と、
思いを馳せるもんでございます。

薫風-4

このはえの風が
爽やかに吹き出すと
浜には一斉に、
幟やフラフが旗めきます。

薫風-1

そんな
久礼の大正町市場も、
朝から大勢のお客さまが。

薫風-2

水も温んできたのか
あちこちの浜辺の水ぎわに
幾組もの寛ぐ人たちが・・・。

薫風-5

薫風-6

薫風-10

沖からは
ズシッと沈み込んだかつお船も、
軽やかなエンジン音と
かき分ける波を高らかに
勇壮に帰ってきます。

薫風-3

いいもんですね~、
なんとも潮の香りが芳しい。

  そんな
  匂いに誘われて
  ちょいと赤灯台に
  原チャリ散歩に行ってきた。

薫風-9

劇場アニメ「ポッピンQ」で
映像にも出てくる
この赤灯台に
早くもアニメファンが
訪れだしてくれ出したのも
嬉しい近況ぜよ。
     ↓
https://youtu.be/OL_cKZ5WgUQ
いやはや
嬉しいもんですね~・・。

薫風-7

薫風-8

それにしても、
初夏をそこにして
土佐の海は
まっこと綺麗じゃね~。

薫風-12

薫風-11

春の海-3

春の海-1

春の海-4

こりゃぁ~年々、
観光客の数が
増えて来るのが
納得の海色ぜよ。