今朝の水揚げ

今朝は
早朝仕事も無かったが、
なんやら
慣れっちゅ~か、
習性っちゅ~か、

   お目々が
   ぱっちり覚めたんで、
   好調に
   かつおが揚がっている
   久礼新港へ行ってみた。

古久家のてるてる坊主
港町の朝は早い
っちゅ~ても午前五時。
いいお天気ならこの時間、
早くも昼間のような
明るさじゃが、
   流石に
   6月後半の
   梅雨時
   なんやらまんだ
   薄暗い。

我らが久礼の守り神
久礼八幡宮前を通り
久礼新港へ・・・。

久礼八幡-24-1

新港に着いて
上の本陣を見上げると
風呂の明かりも点いて
周りも明るくなってきた。

水揚げ-24-17

水揚げ24-2

水揚げ-24-10

水揚げ-24-3

水揚げ-24-4

水揚げ-24-9

水揚げ時
威勢の良い掛け声が
飛び交いながら
市場に整然と並べられて行く。

水揚げ-24-16

水揚げ-24-12

水揚げ-24-15

水揚げ-24-13

水揚げ-24-11

水揚げ-24-5

水揚げ-24-6

水揚げ-24-7

水揚げ-24-8

そんな小型かつお船の
水揚げが終わると、
午前6時ごろから
仲買人が集まり始め
その後「セリ」が始まる。

漁-2

   魚屋やらスーパーやら、
   水揚げ市場から
   帰るとすぐさま捌きと
   氷打ち!

たなか-24-1

たなか-24-4

たなか-24-2

たなか-24-3

そして、
なるべく鮮度のいいうちに
一本売り捌き売りにして
お客さまの手にわたっていく。

魚屋-ぶり

早朝から、
なんとも気忙しい
港町の風景じゃけんど、
そんな港町が
あたしゃぁ~大好きです。

かご-1

梅雨時になると、
ますます
かつおが釣れて揚がりだす。
↓   
スポンサーサイト

かつお、アジ、ウルメ、ウツボが美味い!

6月も半ばを過ぎました。
依然、梅雨入りしたと言うのに、
一向に雨は降らず
いいお天気が続いています。

   そんな好天の
   久礼の大正町市場を
   覗いてきましたぁ~。

アジ切り身

アジの刺身用の策が、
ウルメが、かつおが、
まっこと美味そうに
棚に並んでおりましたぁぞ~。

ウルメ-01

かつお策

かつお-01

鯛-01

お天気の続く
日曜日とあってか、
八幡宮前の駐車場には
入れ替わり立ち替わり
大小のバスが
入って来てくれてます。

昨日駐車場

大正町市場2017-6-2

大正町市場2017-6

大正町市場-01

そして夕方、
なんやら日が落ちると
秋の夕暮れみたいに
爽やかで涼しいですね~。

夕焼け

そんな宵にゃ
有名雑誌の取材で
「うつぼのすき焼き」を
作ってくれないかとの
要望を頂き早速準備。

うつぼ切り身

「うつぼのすき焼き」取材は
なんどか
冬場に構えたことがあったが、
夏場に取材を受けたのは初めて。

   冬場なら、
   「うつぼのすき焼き」に
   無くてはならない
   「ニンニク葉」が用意出来るが、
   夏場は無理と説明したが
   それでも結構との事で、
   「すき焼き」決行!

すき焼きうつぼ

丁度「ニンニクの芽」が
あったのでこれで代用。

うつぼ鍋

取材を終えたあと、
皆で食ってみたが、
これがなかなかど~して、
冬場といわず夏場といわず、
美味い美味いを
連発してくれたぜよ。

うつぼすき焼き箸

すき焼きとなると付きものの、
玉子をからめて食ってみたが、
いやぁ~!美味い!!
流石にコラーゲンの王者!
女性にウケルはずぜよ。

   ちくと見た目は
   恐ろしげな魚じゃけんど、
   食べると一変!!
   「なんて美味しい魚ですね」
   ってなことじゃった。

うつぼ発送

結構夏場の
「うつぼのすき焼き」も
いけますね~。

  お鍋さえ用意して頂ければ、
  即、ウツボのすき焼き
  パーティーが出来る四人前。
  田舎豆腐、田舎こんにゃく
  野菜も三種ついて
  ど久礼もん特製の
  割り下までお付けしてます。
        ↓
http://shop.dokuremon.com/?pid=75387123

すき焼きなんてのは
冬場のものと思っていた
固定観念を覆す美味しさじゃった。

すきやきウツボ鍋姿-2

さぁ~、
コラーゲンたっぷりの
ウツボの
すき焼きも食ったことじゃし、
日々をぐわんばって行きましょ~!!


漁師のラー油(かつお)レシピ

いいお天気に、
海に川に釣り人が。

狙う-3

狙う-4

季節-1

中には、
こんな達人も。

狙う-1

狙う-2

さてさて・・、
お話ゃと~んと変わりますが、
これからこの
暑~い夏を乗り切るために、
パワーアップに欠かせない、
この商品が・・・と、
我が社の
売れ筋№ワン商品の
商談があったので、
そのデモンストレーションに、

   いろんな
   食べ方やら
   レシピまとめに
   改めて造っては
   食べ比べを
   してみたぜよ。

ta-16.gif

ta-11.jpg

ta-15.jpg

た-14

ta-10.jpg

た-12

た-9

ta-7.jpg

ta-8.jpg

ta-7.jpg

た-17

ta-6.jpg

ta-5.jpg

ta-4.jpg

ta-3.jpg

た-2

た-1

た-13

手前味噌になりますが、
流石に我が社のヒット商品。
いろいろ工夫してみましたが、
いずれも美味いね~。

  今回はここまでですが、
  この夏用に、
  冷麺やらソーメンでも
  試してみたいと思います。

  さぁ~、
  この蒸し暑い梅雨を
  ガツーンとパンチの効いた
  漁師のラー油(かつお)で、
  乗り切りましょ~やぁ~。

久礼八幡宮を歩く

梅雨の中休み
真っ青な
空が広がったので、ぶらりと
久礼の鎮守を歩いてみた。

久礼八とびら

久礼八幡宮の由緒は、
こと明らかに
なっておりません・・が、

  宝物の
  「鰐口(わにぐち)」の銘には、
  明徳三年(1392)とありますので、
  この頃には早くも社殿が
  あったものと思われる。

久礼八-1

久礼八-2

宝永四年(1707)の
大地震、大津波で
社殿の柱が
一本も残らず
流出すると言う災害に
棟札や宝物、古い記録まで
無くなったと
古文書は伝えている。

   現在の社殿は
   文政八年(1825)に
   再建されたもので、
   江戸時代後期の
   建築様式を今に伝え、
   貴重な県社でもある。

久礼八-7

久礼八-6

久礼八-8

我々の悪ガキ時代でも
この鎮守の森は昼なお薄暗く
なんやら恐る恐る入っては
その森に棲みか作り、
狛犬に跨っては
悪さ遊びをしたもんじゃった。

久礼八-3

久礼八-4

久礼八-5

久礼八-9

現存する者すべてが
生まれた時から
浜ぎわに鎮座する
この氏神さまを
誰とは言わず掃く清め
今も心の安らぎとして
崇めている。

久礼八-13

久礼八-10

久礼八-11

久礼八-14

久礼八-12

久礼八-17

久礼八-16

久礼八-15

いいまち-1

梅雨の中休み
晴れた日のひと時
ぶらりと境内を散歩するのも
これまったいいもんですね~。

きびの季節がやってきた

今年も嬉しいことに、
「きび」の季節がやってきましたね~。

トウモロコシ

毎年、
この時期になると、
枝川の「きび街道」近くで住む
友人が買ってきてくれる。

   「きび」
   年間世界生産量は
   8億トン以上で
   世界三大穀物の
   一つじゃと言う。

日本じゃ各地、
それぞれ呼び名が違い、
「トウモロコシ」「ナンバ」
「トウキビ」「トウミギ」とも
呼ばれるらしい。

   この土佐の高知は
   総じて「きび」で通る。

これがまった美味い!
北海道で食ったべちゃっとした
「スイートコーン」とはまた違い、
しっかりした固さが美味い。
個人的にゃ、
まだまだ固くて
「モチキビ」ほどの固さが
あってもいいよ~に思うが・・。

   ま、夏の初めの
   この時期の
   チャンピオンじゃね~。

チャンピオン、
日本一と言えば、
高知にもいろいろ
ありますね~。

木毛-3

昨日TVでご一緒した、
戸田商工行の
美人社長とことが売りだしている。
今は懐かしい「緩衝材」。

kokumenn.jpg

今や、
「緩衝材」だけじゃの~て、
枕などに使う
「アロマシート」や
「シューズキーパー」
良質な音響効果を生み出す
「スピーカー」などにも
使われているという。

はなもく

木毛-2

ま、
考えてみりゃぁ~、
84%が山林の
この高知県にゃ
ぴったりのこれからの産業かも。

木毛-1

そして・・・、
日本一になった豆腐屋さん。

豆乳-2

にっぽんの宝物
Japanグランプリに輝いた
プリンと見まがう
「食べる豆乳」。

豆乳-1

さぁ~、
我々も、
1軒あたり年間消費量
日本一の「かつお」を
更に更に磨きあげて
売り出していかねばぁ~!

かつお横写真

焼きたたき

焼きたたき-2

「我々が今まで食っていた
 あのかつおのタタキは
  何だったのか」・・・と、言わしめた
先年亡くなった
「大橋巨泉」さんが、
初めて
高知を訪れた時に食べ、
週刊誌のコメントに寄せていたよ~に、
まだまだ多くの人に知ってもらう
大作業が待っているよ~じゃ!