まずは完成~!鰹乃國の陣や看板作り

梅雨に入って以降。
いやはや晴れたら晴れたで汗を掻き、
降ったら降ったで彫り彫りの日々。
【晴耕雨読】ちゅ~よりも
【晴汗雨彫】の日々じゃったぜよ。

施設

施設-2

鰹乃國と銘打って以来、
およそ100組を超える
かつおの藁焼きたたき体験組を
受け入れてきた経緯をもとに。

体験-2

子ども

たたき体験-2

体験-3

体験-4



看板台-0

かねてから、もっともっと
有効利用したいと思っていた施設が、
この6月なんとか利用できる事になった。
さぁ~て・・、
まんず・・・「何から始めるか・・?」

看板台-1
まんずその施設の名称から・・。
これも
かねてから温め続けていた
「鰹乃國 陣や」と名付けました。

  名付けた以上
  手っとり早くと思いながら、
  なかなか
  段取りよく事が運ばず、

「えぇ~いこ~なりゃぁ~、
自分でやってしまえ」・・・と、
看板作りから。

看板台-3

その道のプロが見たら
お笑い草の創作製作じゃけんど、
ま、ヘタは下手なりの
味がでるだろう・・とえいやっの
事はじめ。

   お後は
   素人看板作り。
   ま、
   これも後々の語り草と、
   ブログに掲載することにした。

書き-1

書き-2

書き00

書き-3

字が書きあがったら、
昔、爺さんが使っていた
鑿を探し当て
今度は彫り彫り。

  いやぁ~これがなかなか
  欅の固さに四苦八苦。

鑿-1

彫り-1

彫り-0

彫り-2

彫り0-1

彫り塗り

彫ったら彫ったで
今度は墨入れ・・。
これがまった
集中力の塊状態。
いやぁ~疲れた~。

墨-2

彫り塗り-2

看板出来上がり

墨-1

しかし・・・、
最後の「印」入れは
嬉しかったね~。」

印-1

そして、
現場施設へ運びいれ
いよいよ所定の場所に納まった。

陣や看板-1

陣や看板-2

陣や看板-3

ど久礼もん看板

さぁ~今度は、
オープニングイベントの
「チラシ」やら「チケット」作り。

ぐわんばっていきまっしょい!
ちぇすと~!!
スポンサーサイト

晴汗雨掘 歓喜大漁

「鮮度」
「鮮度のいい魚が揚がったよ~」・・と、
よ~く聴く言葉じゃけんど、
鮮度よしとは
こう言う魚のことでっせ~。

かつお002

まぐろ-001

海から揚がったばかりの
バリバリ鮮度の
かつおにまぐろ。

   今朝は早朝仕事も
   なかったんで、
   ゆっくり寝てればいいものを、
   梅雨中の晴れ間は
   飛び起きてしまう。

朝6時15分

今朝も久礼漁港に
8トンほど揚がったと聴き
水揚げ市場へ行ってみた。

ガス

雨の中休みで風も無く
双名島もガスって見えますね~。

   市場に着くと
   早くも水揚げは終わり
   場内には整然と
   カゴが並んでいた。

雨あがり-002

船-001

かつお船-002

それんしても
8トンとは大漁じゃ!
午前6時30分からの
セリを前にして
早くも魚商人が値踏みに・・。

水揚げ-001

値踏み-002
   
値踏み-001
   
やはり、
水揚げ市場の
活気が聴こえてきてこそ、
「鰹乃國」の真骨頂。

   そんな
   市場の喧騒を後にして
   原チャリでトロトロ
   我が家へ帰る道。

朝の冷気は心地いいもんですね~。

きもちいい

家に帰り着き、
テレビを点けると、
丁度ズームインサタディーが
始まっていた。

日本一

田中-0-4

ずむさた-1

かつおのソムリエを自称する
田中節が今朝も軽快に
聴こえてくる。

  そんな
  仲間である田中も交え
昨夜は
企画・ど久礼もん企業組合の
  総会だった。
  約1時間の総会を
  シャンシャンと終えて
  場所を移して懇親会。

総会-2

総会-1

それんしても・・、
このブログを
アップするのは久しぶり。

   ちゅ~のも、
   近日発表いたしますが、
   ちょいと新展開に向けて
   なんやらかんやら忙しい。

「晴耕雨読」というけんど、
晴れたら晴れたで大汗をかき、
降ったら降ったでお家に籠り
掘って掘って掘りまくり。
「晴汗雨掘」の近況でございます。

掘り-1

欅の木

欅

それんしても・・、
流石に欅って木は
堅いもんですね~。

島草履

早くスカァ~ッと晴れた
夏空になってもらいたいぞ~!

大失敗の思い出 【黒潮本陣編】

南九州が梅雨入り。
今日は素晴らしい青空が
眩しいほどに広がってますが、
明日からちょいと崩れるらしい。
いよいよ土佐路も
梅雨入りですかね~。

本陣005

原チャリでうろうろしていると、
梅雨も近いのか
道端の紫陽花が
艶やかに色づいてきました。

紫陽花-02

紫陽花-01

梅雨というと、
鬱陶しい響きもありますが、
雨音を聴きながら
音楽聴いたり本読んだり、
お家でゆったりするのも
ま~たいいもんでございます。

   ちょいと
   足を延ばして
   温泉へ行けば
   雨空を眺めながらの
   露天風呂ってのも
   これまった
   風情があって
   落ち着きますね~。

本陣006

そんな露天風呂のことを
思い浮かべていると
黒潮本陣での
大失敗の思い出が・・・。

鰹乃國の湯宿

黒潮本陣―太平洋-2

なかなか予約もとれない
人気宿となった今ですが、

   んん十年前 いよいよ
   黒潮本陣開業という時。

まずは町内の人たちから
ランダムに人を選び出し
実際に宿泊してもらい
オペレーションの流れや
お客さまの
動向を確認テストするという
プレオープンの宿泊体験があった。

本陣提灯

  ラッキーなことに
  自分もその宿泊体験組に選ばれ
  意気揚々とお泊り荷物をもって
  決められた時間にロビーに集合。

本陣-0007

その時、黒潮本陣支配人から、

「このプレオープンの宿泊体験は、
設備や機器のトラブルはじめ
お客さまに
快適な利用して頂くための
従業員のいわば練習でございます。
ですから、何時ものごとく
皆さんが旅行に行った時と同じように
振舞って頂くことが大前提です。
宜しくお願いします」

  ってなことで、
  30人ほどがそれぞれの
  部屋割りに通され
  旅装を解いて
  浴衣に着かえて
  まず風呂へ。

本陣-0014

塩の湯

本陣-0012

rotenn.jpg

そして・・、
風呂から上がると
大広間に案内されて
宴会のはじまり。

宴会

こ~なりますと、
ランダムに選ばれた客といえど、
町内の気心知れた者ばかり、
大盛り上がりの大宴会。

   返杯・献杯を
   くりかえすうち、
   誰ともなく、

「俺たちゃぁ今日は旅行客、
こじゃんと遣りまくろ~ぜや」

「え~ねやえ~ねや、
この後二次会にも行こうぜや」

「そ~じゃそ~じゃ」・・・と、

なって大盛り上がりの宴会の後、
町へ降りて行って二次会に。

本陣「008

いやはいや
さすがに土佐人
呑み出したら止まらない。
やんややんやの大騒ぎ。

宴会二次会

そして夜は更け
朝を迎えた・・・。

   「んん~・・?、
   なんじゃこりゃ?」

目が覚めたら
何時もの家の
お粗末な
ベットの上じゃないか?。

   朦朧とする頭を
   なんとか立て直し
   昨夜からの出来事を
   順を追って
   振り返ってみると・・・・。

「あちゃぁ~!!」の大失敗。

酩酊後、
何時ものごとく
家の布団にもぐりこんで
朝を迎えてしも~たがよ。

本陣-0010

大慌てで
原チャリで黒潮本陣へ

  宿泊部屋を
  そろ~っと開けると、
  皆、ちゃぁ~んと帰ってきて
  布団被って寝ている。

本陣-0013
  
ぼ~っとする頭を整えに
まずは飛び込んだのが
本陣の朝風呂。

本陣-0011

湯本陣の湯no

汐湯の露天風呂で
湯~たりするうちに
なんとか昨夜の成り行きが
蘇ってきた。

   風呂から出て
   昨夜の大広間へ
   朝食に。

「おはようございます」

何食わぬ顔で
ちょいと気まずい朝食に
有りついた後、解散となった。

本陣-02

本陣-11

じゃから・・、
人生一度の
黒潮本陣宿泊体験もならず。
いまだに、
一度泊ってみたい宿でもある。

ありがとうございました 第29回かつお祭

かつお祭本番

ありがとうございました

まずは、
素晴らしい天候に恵まれ感謝。
そして例年の如く
多くのお客さまを迎えられたことに感謝。
なによりも、
かつおの水揚げが好調だったことに感謝。

か-10

か-1

か-3

か-2

か-14

か-13

か-5

か-4

か-12

か-7

炎-06

タタキ焼き三人

か-6

客-2

客-5

客-6

客-4

客-3

客-7

客-1

丼隊

藁焼きタタキ看板-01

オープニング

売り

かつおどんぶり001

用意-1

タタキ炎-1

たたき炎

最後尾

ちちこ串焼き

ころっけ

たたき-001

かつお揚げ

ステーキ

レ-ス-2

レ-ス1

ニ-1

     写真 ニシガワヤスノリ
に-3

レース-4

レ-ス-7

れ-す-3

レ-ス5

レ-ス-9

レ-ス-8

かつお祭円団」

ありがとうございました。

プロフィール

あきsan

Author:あきsan
土佐の生まれで黒潮育ち
元・鰹一本釣り漁師の戯言ブログ

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード