「かつお祭」ご来場誠にありがとうございました。

28年前、
竹下内閣の時、
日本の各、市町村に
「ふるさと創生基金」として
1億円が交付された年に
はじまったこの祭。

  はやくも
  28年目をを迎えた、
  中土佐町のメインイベント。
  【かつお祭】

感謝御礼

今年も大勢の
ご来場のお客さまを
迎えることができました。

  今朝の高知新聞にも
  その模様が
  紹介されていましたが、
  とにかく万々歳の大団円。

新聞-21-5

何よりも
天候に恵まれたこと、
そして、
土佐沖のかつおが
ど~ん・・と
釣れたとこでございます。

釣り

たたき看板21-1

皐月の輝くよ~な
青空の下で、
久礼獲れの「かつお」を
皆さまが存分に味わい
楽しんで行ってもらったことが、
なによりの嬉しさでございます。

たたき-21-5

とにかく
土佐の一本釣り「鰹乃國」で、
本格藁焼きタタキを
焼いて焼いて焼いて~・・・・。

たたき-21-3

たたき-21-4

タタキ-21-6

タタキ-21-2

10時
オープンのこの祭ですが、
午前8時ごろから
続々と
お客さまが押し寄せてくれて、
会場はもとより
町中も一日中大盛況の
様相でございました。

商店街-21-1

大正町市場-21-1

会場-21-4

会場-21-2

会場-21-3

会場-1

今回のこの「かつお祭」でも、
多くの知人や
友だちやらが来てくれて、
いっぱいいっぱい
カメラに納まってくれたが
なかなか全部紹介しきれません。

   後日改めて
   ど~んと
   紹介させて頂きます。
   まずは、

第28回「かつお祭」
ご来場誠にありがとうございました。

スポンサーサイト

「かつお祭」準備万端整いましたぁ~!

いよいよ
「かつお祭」
明日の本番を迎え、
それぞれがそれぞれの立場で
準備万端整いましたぁ~!

fune-5.jpg

かつ-1

船-5

かつおも十分釣れましたぁ~!
水揚げが終わって、
明日は「かつお祭」で
全船休息。

fune-1.jpg

fune-2.jpg

fune-4.jpg

fune-3.jpg

まっことお疲れさまでした。
ほんの一日だけの
休息じゃけんど、
まんず骨を休めてください。

   そして、
   はらんぼを洗い
   焼き用の構えるもの
   チチコを
   くし刺しのするもの。
   それぞれが
   その持ち場で頑張り
   準備OK!!

uo-2.jpg

harannbo.jpg

うお-1

ちちこ-1

chichiko.jpg

bi-ru.jpg

我ら
もと船乗り組は
海軍工兵!!

いかだ-4

いかだ-2

いかだ-3

いかだ-1

furafu-1.jpg

一本釣り用の
イカダも無事浮かんで、
フラフも揚がったぁ~!

お天気もめちゃいいよ~だ!
お待ちしてますぞ~!!



かつお祭準備-1

第28回「かつお祭」
毎年のことながら、
お天気と
にらめっこのこの祭、
今年はありがたい!
好天に恵まれそ~だ。

空にかつお幟

昨日から準備に入ったが、
好天は嬉しいが
めちゃ暑くなってきたぜよ。

しかけ-1

しかけ-2

「土佐の一本釣り競争」用の
これまった
仕掛けを作るのが
大変な作業。

しかけ-3

しかけ-4

しかけ-5

商工会青年部の
こ~いった若い衆~が
いなかっら出来ない作業。

  まだまだ
  28年目とゆう
  若い祭ながら
  よくぞここまで
  続いたもんだ。

しかけ-6

しかけ-8

しかけ-12

しかけ-11

しかけ-13

しかけ-14

しかけ-7

しかけ-8

仕掛け作りも
この頃は手際よく
それぞれが得意分野で
効率よく準備は進んでいく。

しかけ-9

しかけ-10

皆で和やかに
昼飯食って
も~・・・一仕事・・。
しかし、
こ~やって無償の働きを
一丸となって
皆で汗を流す向こうに
仲間意識ができていくのだろ~。

しかけ-15

しかけ-16

午後4時、
青年部長自ら
お疲れ会の段取り。
  
   明日も
   まだまだ
   用意は続くが、
   炎天下
   一仕事終わっての
   ビールは美味い!

えいようげん

さぁ~、
21日の本番まで、
ぐわんばっていきましょ~。

さぁ~次週は「かつお祭」じゃぁ~!

今日は薫風爽やかに
最高のお天気ですね~。
・・・・っちゅ~ことで、
いよいよ次週日曜日は
我が町最大のイベント
「かつお祭」でございます。

2017かつお祭り-521-1

土佐人と「鰹」とは
切っても切れない縁がある
黒潮逆巻く土佐沖に
かつお釣りに乗り出して以来400年。

400年2017-1

その鮮やかな
釣り方の優美さから
遠くから見ても
あれは「土佐船」・・と分かるほど、
全国に名を馳せてきた
「土佐の一本釣り」

足摺の鼻前での
かつお釣りの絵じゃろ~、
安政4年、
「土佐海上松魚釣」として、
あの
安藤広重も描いている。

広重鰹釣り2017

大漁、安全を祈願した、
絵馬も数多く土佐には残っている。

絵馬2017-2

「鰹乃國」と謳われる
久礼の町には、
その時代時代に変わっていった、
かつお船の模型も等も所蔵されている。

大正2017

櫓櫂や帆船の
江戸時代明治期を過ぎて
大正時代には
「焼き玉エンジン」を載せて
室戸沖や足摺沖まで
遠征していったよ~だ。

   昭和になると
   焼き玉エンジンから
   ディーゼルエンジンに変わり
   徐々に戦闘能力を
   高めていったよ~じゃ。

かつお船昭和20年~30年2

そして、
小さな港町ながら、
その「かつお船」も
「大型船」「小型船」に
形態が分かれていったよ~だ。

  2月の末、
  故郷に別れを告げ
  久礼の港を出て行ったら、
  11月中頃まで
  帰ってこない大型船。

大型-2017

大型-2017-2

   焼津や気仙沼やら
   他県の水揚げ拠点に
   航海を重ねる大型船も
   日本の太平洋岸をテリトリーに
   日々頑張って
   かつおを追っているが、

水揚げ-02017  

土佐沖で獲れた
「かつお祭」に使われる
鮮度抜群の「かつお」は、 
久礼の港を拠点に
ピストン航海(揚げ出し)を
繰り返して頑張るのが
この「小型船」が担う。

小型-0217-1

小型-2017-4

小型-2017-3

小型-2017-2

土佐沖の近場で
釣れたその獲物を
一時でも鮮度のいいうちにと、
ほとんど日々
水揚げが行われている。

katsuo2017-1.jpg

「かつお祭」は、
そんな鮮度バリバリの
かつおを使っての祭です。

かつお節2017-1

たたきさばきやき

タタキ火-0217-1

タタキならべ-1

そんな「かつお」を堪能しに
5月21日には
久礼の八幡宮前に来ませんか、

にんんいく-2017-1

爽やかな薫風のなか
地酒を呑りながら
ガッツリニンニク挟んで食う
春のかつおは最高ですぞ~!!。


2017・GW後半

今年のGWも
いよいよ後半でございます。

   流石に「鰹乃國」、
   他県のお客さま
   他国のお客さま、
   さまざまなお客さま
   その方達の口コミで
   この頃はすっかり
   「生かつおの刺身」が、
   大好評でございます。

さしみ-2

田中たかひろ

高知県と言えば、
なんちゅ~ても
「かつおのタタキ」でございますが、
日々「生」かつおの揚がる
この「鰹乃國」と言われる
久礼だから提供できる
「かつおの刺身」。

かつおさしみ001

久礼の大正町市場、
その一角を占める
「田中鮮魚店」の
かつおソムリエに
その割合を聴いてみると、
「この頃は、70%以上が
かつお刺身のご注文に
なってきたぜよ」・・・と
話してくれた。

たかひろ

かつおは、
鮮度さえしっかりしていれば、
「生の刺身」が
断然美味いのは周知の事実!

   現に
   久礼の漁師は
   ほとんどが
   生で食います。

久礼に来るお客さま方には
やっとその事が
浸透してきつつあり
嬉しい傾向じゃね~。

   午後3時頃、
   空が真っ青に
   開けてきたんで、
   ちょいと
   原チャリ散歩に。

飛行機雲

も~町も、大正町市場も、
お客さまも帰って
暇になったろ~と、
八幡宮前の駐車場を見れば
まだまだ
大勢の観光客の方々が
来てくれてます。

ちゅ-1

ちゅう-3

ちゅう-2

青い空と青い海を眺め
ひと時を寛ぐお客さま方。
   この久礼にゃ、
   アミューズメントも
   テーマパークも
   無いけんど、 
   ゆたぁ~っと
   こ~やって
自然と同化するのも
これまったえ~もんです。

浜-01

浜-1

そ~だ、
昨日・一昨日と、
随分サーファーが、
大野の浜に
来ていたっちゅ~ことで、
今日はどんな事じゃろ~かと
東側海岸へ行ってみた。 

キャンプ

流石にGWも後半、
小鎌田のキャンプ場には
二組ほどの
グループしかいなかった。

双名島を廻り込んで
大野の浜に出てみたが、
今日はまったく波が無い。
それでも
何人かのサーファーが。

うみ-1

sa-2.jpg

さ-1

ついでに、
対岸にある黒潮本陣へも
ちょいと行ってみよ~と
足を伸ばしてきた。

   人気の
   「風工房」の二階も
   まだまだ満席のよ~だ。

かぜ-1

honnzinn.jpg

内風呂-1

露天-2

ロビー

「鰹乃國の湯宿・黒潮本陣」
先の頃に
BIGLOBEの人気温泉調べで、
1位になったお陰で、
この後半も
繁忙の様子だった。

1位の宿

けt-じ-2

こて-じ-1

併設されている
黒潮工房もコテージも、
満杯のよ~じゃった。

   帰りのその足で、
   大正町市場も覗いてみる。

machi-2.jpg

まち-1

この時間、
まだまだお客さまが
入りこんで来てくれている。
有難い事でございます。

  ここ数年
  台湾の人気TVクルーが
  この市場を
  紹介してくれたお陰で、
  随分台湾からのお客さまも
  増えてきたよ~だ。

まち-4

まち-3

まち-5

うちの店
「市場食堂・ど久礼もん」も、
この時間になっても
満席の有難さ・・・。

まち-8

何もない小さな漁師町ながら、
なんだかんだとその潜在能力は
居ながらにして驚くことばかり・・。

   
漁師町としては、
日本で初めて
「重要文化的景観」として
認定してもらったその武器を
これからも
もっともっと
磨いていかねば・・・。

↓