かつお、アジ、ウルメ、ウツボが美味い!

6月も半ばを過ぎました。
依然、梅雨入りしたと言うのに、
一向に雨は降らず
いいお天気が続いています。

   そんな好天の
   久礼の大正町市場を
   覗いてきましたぁ~。

アジ切り身

アジの刺身用の策が、
ウルメが、かつおが、
まっこと美味そうに
棚に並んでおりましたぁぞ~。

ウルメ-01

かつお策

かつお-01

鯛-01

お天気の続く
日曜日とあってか、
八幡宮前の駐車場には
入れ替わり立ち替わり
大小のバスが
入って来てくれてます。

昨日駐車場

大正町市場2017-6-2

大正町市場2017-6

大正町市場-01

そして夕方、
なんやら日が落ちると
秋の夕暮れみたいに
爽やかで涼しいですね~。

夕焼け

そんな宵にゃ
有名雑誌の取材で
「うつぼのすき焼き」を
作ってくれないかとの
要望を頂き早速準備。

うつぼ切り身

「うつぼのすき焼き」取材は
なんどか
冬場に構えたことがあったが、
夏場に取材を受けたのは初めて。

   冬場なら、
   「うつぼのすき焼き」に
   無くてはならない
   「ニンニク葉」が用意出来るが、
   夏場は無理と説明したが
   それでも結構との事で、
   「すき焼き」決行!

すき焼きうつぼ

丁度「ニンニクの芽」が
あったのでこれで代用。

うつぼ鍋

取材を終えたあと、
皆で食ってみたが、
これがなかなかど~して、
冬場といわず夏場といわず、
美味い美味いを
連発してくれたぜよ。

うつぼすき焼き箸

すき焼きとなると付きものの、
玉子をからめて食ってみたが、
いやぁ~!美味い!!
流石にコラーゲンの王者!
女性にウケルはずぜよ。

   ちくと見た目は
   恐ろしげな魚じゃけんど、
   食べると一変!!
   「なんて美味しい魚ですね」
   ってなことじゃった。

うつぼ発送

結構夏場の
「うつぼのすき焼き」も
いけますね~。

  お鍋さえ用意して頂ければ、
  即、ウツボのすき焼き
  パーティーが出来る四人前。
  田舎豆腐、田舎こんにゃく
  野菜も三種ついて
  ど久礼もん特製の
  割り下までお付けしてます。
        ↓
http://shop.dokuremon.com/?pid=75387123

すき焼きなんてのは
冬場のものと思っていた
固定観念を覆す美味しさじゃった。

すきやきウツボ鍋姿-2

さぁ~、
コラーゲンたっぷりの
ウツボの
すき焼きも食ったことじゃし、
日々をぐわんばって行きましょ~!!


スポンサーサイト

漁師のラー油(かつお)レシピ

いいお天気に、
海に川に釣り人が。

狙う-3

狙う-4

季節-1

中には、
こんな達人も。

狙う-1

狙う-2

さてさて・・、
お話ゃと~んと変わりますが、
これからこの
暑~い夏を乗り切るために、
パワーアップに欠かせない、
この商品が・・・と、
我が社の
売れ筋№ワン商品の
商談があったので、
そのデモンストレーションに、

   いろんな
   食べ方やら
   レシピまとめに
   改めて造っては
   食べ比べを
   してみたぜよ。

ta-16.gif

ta-11.jpg

ta-15.jpg

た-14

ta-10.jpg

た-12

た-9

ta-7.jpg

ta-8.jpg

ta-7.jpg

た-17

ta-6.jpg

ta-5.jpg

ta-4.jpg

ta-3.jpg

た-2

た-1

た-13

手前味噌になりますが、
流石に我が社のヒット商品。
いろいろ工夫してみましたが、
いずれも美味いね~。

  今回はここまでですが、
  この夏用に、
  冷麺やらソーメンでも
  試してみたいと思います。

  さぁ~、
  この蒸し暑い梅雨を
  ガツーンとパンチの効いた
  漁師のラー油(かつお)で、
  乗り切りましょ~やぁ~。

鰹・かつお・カツオ・松魚

いよいよ夏です。
6月に入っても
「鰹乃國」と呼ばれる、
中土佐町久礼の港には
鰹は順調に
水揚げされています。
   そんな鰹が
   棚に並ぶ
   大正町市場には、
   今日も多くのお客さまが
   来てくれておりまして、

表紙-760

午前9時50分ごろ、
10時開店の
市場食堂・ど久礼もんを
覗いてみると、
早くもお客さまが、
何人か「かつお丼」を
美味しそうに
食べて頂いてました。

   ありがとうございます。

かつお籠

さてさて、
そんな「鰹乃國」に伝わる
「かつおの料理」を、
すべてここに、
ご披露したいのですが、

   400年前の昔から
   我が町に伝わる
   すべての料理を
   ご披露とまでは
   いきませんが、
   記録に残している
   分だけでも・・・と。
  
沖造り刺身

まずは「お刺身」
この画像の刺身は
釣ったばかりの鰹を、
船上で捌き造ったもので、
なかなかこの色合いと
食感の刺身を
陸で味わうことは
ちくと難しいですが、

   沖で
   ぐわんばっている
   漁師だけが味わえる
   絶品ものの
   刺身の造りです。

春色

そんな漁師も、
沖では味わえないのが
「かつおのタタキ」
藁など積んで航いかないため、
本格的な「藁焼きタタキ」は、
久礼の大正町市場で
初夏の鰹を味わってみてください。

たたき火

タタキとろ

そんな
かつお一本釣り漁師も
皆大好きな一品が
この「かつお茶漬け」。

かつお茶漬け760

そしてこの
「かつお丼」は
絶品ものでございます。

かつおどんぶり造り760

かつおどんぶり-5

お酒好き
かつお好きには
たまらない!
「かつおの酒盗」

酒盗作り760

酒盗-1

漁が無く暇な時に造る
この沖づくりの「酒盗」は
家族も帰ってくるのを
楽しみに待っているほどに
酒がすすみご飯がすすむ逸品。

  そんな鰹(かつお)は、
  いろんな食べ方ができて、
  余すところなく
  料理できます。

そんないろいろの
食べ方を此処にご披露。
かつお出汁をたっぷり使った、
「俺のたれ」でつくる
玉子かけごはんにぶっかけうどん。

ご飯たまご

おれたれ

うどんおれたれ

そして、
かつおの「漁師のラー油」を
使った「焼きラーうどん」や
「焼きらーそば」も
なっかなかいけますぞ~!

漁師のラー油3瓶

焼きラーうどん-5

下味して
醗酵した米麹に漬けて
から揚げした酒のおつまみ。

かつおあげあげ

身が崩れないように
一度素揚げした
サイコロ状のかつおを
使った「かつおカレー」。

かつおカレー揚げ

かれ-なべ

カレー-5

このかつおカレーは、
子供が大喜びする逸品です。

  そして、
  かつおの腹身側を
  揚げもにした
  「はらんぼ揚げ」。

はらんぼ揚げ

そのはらんぼを
塩を振って網焼きした
「はらんぼ焼き」。

はらんぼ焼き-2

はらんぼやき

そしてお馴染み
「かつお祭」で人気の
生姜・ニンニクに
たっぷり漬けて
甘辛いタレで焼きあげた
「かつおのステーキ」。

ステーキ-5-1

ステーキ-5

かつお捨て―気

かつお一匹に
一つしかとれない
「かつおのチチコ」を
生姜醤油で炊き上げた
「かつおのチチコ煮」

チチコ煮

その「チチコ」を、
串焼きにした
「かつおのチチコ串焼き」。

ch知子焼き-2

チチコ串焼き

筍やらイタドリやら、
旬の野草など
使ったかつお料理も
聞いたことがありますんで、
またの機会に公開します。

たけのこかつお

まだまだ、
あるあるかつお料理。
「パイレン」やら
「犬殺しの煮浸け」やら、
かつお料理はありますが、
時間をみつけて
画像をあげてみたいと思います。
お待ちくださいませ~!!

2017【かつお祭】ご案内-1


[ 時は今 鰹乃國の 皐月かな]

かつおまつり2017-10

薫風爽やかな
土佐は鰹乃國、
久礼八幡宮前の浜で
「かつおの供養祭」で始まり、
時を告げる太鼓が唸り
知事自らの振舞い酒で
「かつお祭」のオープニングです。

知事

鰹尽くしのこの祭、
久礼の辛口の地酒で
【地物かつお】を
ご堪能くださいませ~!!

タタキ造り-02017

たたき2017-5

料理長-2

料理長-1

タタキ切り込み

たたき2017-21

土佐の高知を代表する
かつおの
藁焼き本格たたきはもちろん、
「かつおのステーキ」
「かつおのチチコ串焼き」
「かつおのはらんぼ焼き」
「かつおどんぶり」などなど・・。

   潮風も爽やかに 
   双名島を眺めながら

鰹尽くしの一日をお楽しみください。

販売-001

串焼きchしちこ

ちちこ串焼き2017

ch知子焼き-2

販売

はらんぼ焼き2017-52

はらんぼ2017

かつおステーキ-2

かつおステーキ

はらんぼ焼き2017-2

かつおどんぶり2017-555
かつおどんぶり2017

さぁ~、
いよいよ明日っから、
その準備に入ります。

  21日の
  お越しを
  お待ちしてます!!

藁焼きタタキ体験記・2017

春のGW・秋のSW・・と、
毎年恒例となった「高知駅前旅ひろば」での
本格かつお藁焼き体験&試食会。

体験記

とにか「タタキ」と言うと、
藁火が命。
お天気が心配じゃったけんど、
3日4日の両日ともに
なんとか雨に降られず
大盛況のうちに終える事ができたぜよ。

ステージ-2

ステージ-1

この頃は県外からも
追っかけファンまでいる
土佐のおもてなし海援隊の
ステージが終わるといよいよ
我ら、企画・ど久礼もんによる
「かつおの藁焼きタタキ体験」
「さぁ~!!
かつおを捌くぞ~!」の号令に
大勢の
観光客の方々が集まってくれる。

体験-1

体験-2

体験-5

体験-6

体験-3

かつおの捌きが終わると、
いよいよ「焼きの体験」。
準備万端Mr・清岡が
「さぁ~焼くぞ焼くぞ~!」と
「体験したいもんは集まれよ~!」と。

体験-7

ステージの終わった
おもてなし海援隊のメンバーが
代わる代わる焼きのサポートをしてくれる。
まっこと有難い有難い。

体験-10

体験-8

体験-9

体験-11

体験-14

体験-15

体験-12

体験-13

体験-16

体験-30

体験-21

体験-20

体験-19

体験-22

「熱い~あっつ~!!」と言いながらも、
子供たちににゃGWの
思いで造りになった
「焼き体験」も終わると、
いよいよ今度は試食会。

体験-26

その頃になると、
何処からか人が集まり
高知駅まで届く長蛇の列。

体験-18

こ~やった並んでくれる
観光客の一人一人に
腹一杯食べさせてやりたいけんど、
このGWはかつおも高騰。

  ほんの
  三切れ程じゃけんど、
  まっこと申し訳ない。

体験-24

体験-29

GW期間中、
サポートに入ってくれている
大学生たちのお陰で
スムースに流れて混乱なし。
ありがと~ありがと~!

体験-25

体験-28

体験-27

体験-17

塩たたきで食べるもよし、
柚子いりタレで食べるもよし。
ど久礼もん特製の
甘めのたれも大好評。

  お魚苦手・・・と言う
  子供も、一口食べたら
  も~こっちのもん。

「おいしぃ~~!」の連発。

体験-23

そ~やって
味わって頂いた方々に、
「も~ちょっとかつおのタタキを
 味わってみたいなぁ~・・・と、
 思う方はお街に
 繰り出してみてくださいよ~!」・・・と、

ま、
これが我々の目的役割。
多くの方が、
「今から食べに行ってきます~」と
街に繰り出して行ってくれた。