師走の家呑みは鍋に焼き魚

今朝
早朝仕事を
ちょい抜けだして
何時もの八幡宮前の
パワースポットに
朝日を拝みに行ってみた。

  6時59分、
  南の空が
  明からんできたが、
  沖の雲が厚く
  ダルマ朝日は
  今朝も駄目じゃった。

夜明けの頃-1

風も無く、
海は鏡のよ~に
さざ波さえない。
見る間に
朝日が昇って行く。

夜明けの頃-2

だるま朝日にゃ
なららったとしても、
やっぱり朝日はえ~ですね~。
なんやらパワーが満ちてくる。

   そんな
   この久礼の沖にゃ
   この師走の
   寒さをものともせず、
   かつお船も出ているが、
   昼過ぎごろ
   帰って来る
   銀ふぐの漁が
   楽しみでもある。

銀ふぐアップ

又川

亭主の釣ってきた
銀ふぐを
漁師のおかぁ~ちゃんが
即捌いて
鍋用にしてくれる。

銀ふぐ4匹

この鍋が
この時期にゃ~
めっちゃ美味いぜよ。

なべ

そして、
「白干し」やら「味醂干し」
これを焼きながら
一杯やりゃぁ~、
至福の師走ってもんぜよ。

干物

明日もなんとか
お天気はいいよ~だ、
かつおもフグ漁も
好調であってくれと
朝日に拝む。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント