辛い朝とはまりもの

今朝も寒かったですね~。
早朝仕事の
途中じゃったけんど、
ちょいと一息入れに
浜に出てみた。

川けぶり

・・・と、言うのも
仕事場の窓から、
白々と明けてくる空を見ると、
雲一つない上天気じゃ~。
今朝はだるま朝陽が
観られるってんで、
午前7時、
大急ぎで何時もの浜へ。

かわけぶり-5

ところが残念、
沖の雲が厚くて
だるま朝陽は出ららった。

  しかし、
  久礼で言う
  「かぁ~けぶり」は、
  幽玄の世界のよ~に
  浜風にのって流れて行く。
  これもまった
  いいもんですね~。

それんしても
早朝のキンとした
寒さが心地よい。
・・・・と、言うのも
ちくと昨夜は
え~心持になって
年甲斐もなくホゲまくり
呑み過ぎてしも~たぜよ。

昨夜-3

sakuya--1.jpg

そんな時ににゃぁ~、
これがまっこと
美味いですね~。

ハマりもの-2

数日前、
たっぷり野菜で、
インスタントラーメンの
塩ラーメンを食ってから
突然はまりまくり、
ちゅ~ことで、
今日もやってみましたぞ~!

塩ラー

今回は
キャベツじったけんど、
次回はニラたっぷりで、
やってみよ~。

  しかし、
  インスタント
  ラーメンってのも
  美味いですね~。

そして夜は
近くのスーパーで買ってきた
久礼どれの「たたき」。

たたきスーパー

地元どれじゃけんど、
根付きのかつおなのか、
この時期にゃ珍しく
脂がのってませんね~。

   ま、
   それでも
   新鮮さは抜群。
   美味さも上々。

たたき0005

それんしても、
スーパーの棚に並べる
かつおのタタキは、
燻し焼きしたあと
キンキンに冷やした
冷水にザンっと浸けます。

   これは、
   いつお客さんが
   手にとってくれても
   焼き際が綺麗に
   際立って美しいからです。
   これは
   料理屋さんでも
   同じ工程で仕上げます。

際

その点、
大正町市場に
食べに来てくれた方や
かつおのタタキ体験に
来てくれた方などには
即食べていただけるので、
冷水に浸けたりしません。
焼きあがったまま
策を切るため
美しい仕上がりとはなりません。

やきぎり

冷水に浸けず
焼いたままですから
次第に身の中心部へ
熱が伝わって
切り身がぼやけていきます。

ですが、
即、食べて頂ける時などは、
藁の香りやほっこり感など、
この方法がなんと言っても
一番美味しい造りとなります。
これを地元では
「たたき」と言わず
「焼き切り」と呼びます。

   まず一度
   かつおの本場
   土佐の一本釣りのまちへ
   かつおの焼き切りを食べに
   きてみてください。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント