さぁ~次週は「かつお祭」じゃぁ~!

今日は薫風爽やかに
最高のお天気ですね~。
・・・・っちゅ~ことで、
いよいよ次週日曜日は
我が町最大のイベント
「かつお祭」でございます。

2017かつお祭り-521-1

土佐人と「鰹」とは
切っても切れない縁がある
黒潮逆巻く土佐沖に
かつお釣りに乗り出して以来400年。

400年2017-1

その鮮やかな
釣り方の優美さから
遠くから見ても
あれは「土佐船」・・と分かるほど、
全国に名を馳せてきた
「土佐の一本釣り」

足摺の鼻前での
かつお釣りの絵じゃろ~、
安政4年、
「土佐海上松魚釣」として、
あの
安藤広重も描いている。

広重鰹釣り2017

大漁、安全を祈願した、
絵馬も数多く土佐には残っている。

絵馬2017-2

「鰹乃國」と謳われる
久礼の町には、
その時代時代に変わっていった、
かつお船の模型も等も所蔵されている。

大正2017

櫓櫂や帆船の
江戸時代明治期を過ぎて
大正時代には
「焼き玉エンジン」を載せて
室戸沖や足摺沖まで
遠征していったよ~だ。

   昭和になると
   焼き玉エンジンから
   ディーゼルエンジンに変わり
   徐々に戦闘能力を
   高めていったよ~じゃ。

かつお船昭和20年~30年2

そして、
小さな港町ながら、
その「かつお船」も
「大型船」「小型船」に
形態が分かれていったよ~だ。

  2月の末、
  故郷に別れを告げ
  久礼の港を出て行ったら、
  11月中頃まで
  帰ってこない大型船。

大型-2017

大型-2017-2

   焼津や気仙沼やら
   他県の水揚げ拠点に
   航海を重ねる大型船も
   日本の太平洋岸をテリトリーに
   日々頑張って
   かつおを追っているが、

水揚げ-02017  

土佐沖で獲れた
「かつお祭」に使われる
鮮度抜群の「かつお」は、 
久礼の港を拠点に
ピストン航海(揚げ出し)を
繰り返して頑張るのが
この「小型船」が担う。

小型-0217-1

小型-2017-4

小型-2017-3

小型-2017-2

土佐沖の近場で
釣れたその獲物を
一時でも鮮度のいいうちにと、
ほとんど日々
水揚げが行われている。

katsuo2017-1.jpg

「かつお祭」は、
そんな鮮度バリバリの
かつおを使っての祭です。

かつお節2017-1

たたきさばきやき

タタキ火-0217-1

タタキならべ-1

そんな「かつお」を堪能しに
5月21日には
久礼の八幡宮前に来ませんか、

にんんいく-2017-1

爽やかな薫風のなか
地酒を呑りながら
ガッツリニンニク挟んで食う
春のかつおは最高ですぞ~!!。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント