かつおの生態~戻りかつお~怒涛のニ連チャン

行楽の秋、
芸術の秋、スポーツの秋・・・。
はたまた選挙カーが走り回るなか、
生憎の雨模様であったが
高知県の各地では
様々なイベントが行われたよ~です。

   我々
   企画・ど久礼もん(企)も
   怒涛のニ連チャンで
   ございました。

とおわ-5

この土佐に、
高知県に昔より
多大な恩恵を与えてくれた
海をもっと知ろう~と始まった
「海と日本プロジェクト」。

   その二年目。
   親子体験のプロジェクトが
   鰹乃國中土佐町久礼で
   TVの取材も入って行われた。

海日本-8

まずは、
その恵みを与えてくれた
世界一の海流黒潮のことや
その海流にのって旅する
「かつお」の生態やら
習性やらを知るため、
観光拠点施設「ぜよぴあ」から
スタートした。

海日本-5

もどり

海日本-7

そのお勉強が終わって、
漁民センター下に移動し、
いよいよ「かつおの卸し体験」
「かつおのタタキ&食事体験」。

海-3

umi-1.jpg

海-2

海-9

海-7

子供たちや
お父さんお母さんも、
5キロものの
かつおの捌きにまず挑戦。

海-0

海-5

同行の
藤崎アナウンサーも
大格闘の捌き体験。

海-4

せっかくの体験記じゃけんど
子供たちの格闘する
捌き体験やらタタキ体験は
レクチャーに忙しく
写真に収めることが
できなかった。

   後日、
   この模様は
   11月6日TV高知の
   「てれっちのたまご」で
   紹介されると言う。

海-8

海-6

umi--02.jpg

さぁ~ここから、
いよいよ腹がへってきたところで、
「かつおのタタキ賞味体験」
やはり自分たちで捌いたかつお。
「美味い美味しいの連発」でした。

海-13

海-15

海-12

海-14

海-11

海-10

その
かつおタタキ賞味体験が終わると、
いよいよ海の出て釣り体験。
なかなか黒潮まで出て
かつお釣るってことはできませんが
久礼沖の近場の漁場で
鯛やらサバやらを狙ったよ~です。

   まずは、
   釣りでは名高い
   あの黒笹さんの
   釣りレクチャーから。

海日本-3

海日本-2

海-16

釣りの伝授が終わったあと、
元気に沖に向かって
飛び出していった。

  我々の
  仕事はここまでだったが
  後で聴いた話では
  各自2枚ほどの
  獲物を釣り上げた
  そ~です。

海日本-1

海日本-4

海-17

   今月末に行われる
   「トライアスロン」の
   下準備に
   その行程を体験する
   グループも
   立ち寄っていってくれた。

海日本-6

そして・・・我々は、
まずは土曜日のイベントが終わり、
片付けをした後、
明日の準備。

企画

その二日目となる
道の駅とおわの10周年
記念イベント。
「かつおのタタキ即売会」
生憎の雨模様であったが、
そつなくこなせることが出来て、
2時には完売した。

とおわ-1

とおわ-2

とおわ-0

とおわ-3

とおわ-7

とおわ-4

   雨降りの
   肌寒い一日となったが、
   やはり鰹タタキに
   火がはいると、
   温かな気分になるもんです。
 
何よりも
5キロもんの「戻りかつお」が
皮目がパリッと焼けて
藁焼きの香ばしい匂いをさせ、
好調の売れ行きでした。
お立ち寄りありがとうございました。

toowa-6.jpg

とおわ-5

やき

toowa-10.jpg

とおわ-20

この日は、
雨にもかかわらず
「大正町市場」も「道の駅なかとさ」も
多くの人で賑わったよ~です。
誠にありがとうございました。
 ↓
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

あきsan

Author:あきsan
土佐の生まれで黒潮育ち
元・鰹一本釣り漁師の戯言ブログ

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード