本年度 漁期終了

土佐の一本釣りで名高い
かつお一本釣り大型船鳳丸が
今年の漁期を終了して帰ってきた。

鳳丸

何時もの年なら、
11月半ばまで、
漁のある年なら
11月末まで帰って来ないのが
常套の大型船なのだが。

鳳丸-2

鳳丸-3

今年は
東沖(仙台沖)にも漁が少なく、
今月一杯で切り上げたのだろ~。
僚船である順洋丸も
もうすぐ帰ってくると言う・・。

   2月に出ていったこの船
   帰りを待ちわびていた
   家族はなんぼか
   嬉しいじゃろ~な~。

鳳丸-4

大型船は
漁期終了となったが、
この土佐沖をテリトリーする
久礼の小型船はまだまだ
頑張って土佐沖で漁をしている。

こがた-2

かつおはね

久礼漁港

近海のこの土佐沖は
今年は順調な
水揚げ高を示したが
やはり全体的には
だんだんかつおが少なくなった。

こがた

そんな現状を
世界の人々に知ってもらい、
限りある海洋資源を
ど~すれば枯渇なく
守って行けるのか・・・と、言う、
知識人らによる会議が開かれる。

高知にかつお

  この八方
  海に囲まれた日本の
  排他的
  経済水域まわりには
  世界中の船が
  ひしめき合って
  魚や珊瑚、
  海洋資源を狙って
  集まってきている。
  今こそ、
今一歩踏み出さねば、
いずれ海洋資源を
枯渇に追い込む
奪い合い合戦に
なってしまうだろう。

  そんな海の現状を
  具に把握しての
  集まり会議と思うが
  はたして
  海を知りえる知識人が
  何人いるのだろ~。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

あきsan

Author:あきsan
土佐の生まれで黒潮育ち
元・鰹一本釣り漁師の戯言ブログ

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード