夏が過ぎていく

まだまだ、
灼熱の太陽はこの土佐に
容赦なく降り注いでいますが、
確実に夏の暦を抜き去って
早くも立秋、残暑の季節でございます。

はち-12

秋と言いますと、
私どもの町が一番熱くなる時、
久礼八幡宮大祭でございます。

はち-10

はち-1

戦国時代から続く
土佐の三大祭のひとつ、
「久礼八幡宮秋季大祭」ですが、
重さ約1t、長さ約6mの大松明が、
「けんか太鼓」や小松明を従えて、
深夜(14日未明)、
中土佐町の中心部である久礼の町を
練り歩く「御神穀(おみこく)さん」が
見どころとなっています。

はち-7

はち-8

14日の宵祭り、20時からは花火大会、
2日目の15時からは
いよいよ八幡宮本祭
「御神幸(おなばれ)」が行われます。

はち-5

おなばれ--01

はち-2

はち-9

この祭りが過ぎると、
秋の色合いがぐっと濃くなり
朝晩は・・涼しさと言うよりも、
寒ささえ
覚えるよ~になってきます。

はち-11

そんな季節季節、
旬のメリハリの利いた
土地で暮らすってことも
ま、考えてみりゃぁ~
幸せな事かもしてませんね~。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント