(久礼の漁師の鰹のおろし方)保存版

秋のかつお漁が
勢いづいてきましたね~。

  と、言う事で今日は、
  久礼の大正町市場で
  かつおの一本買いを
  するお客さまもあろ~かと、
  ちょいと
  「かつおのおろし方」を
  ご披露いたしますが、
  
このかつおのおろし方は、
「漁師仕込み」のおろし方で
ちょいと料理屋さんからすれば、
雑なおろし方かもしれませが、
その手早さは手の温もりを
かつおに伝えず
鮮度を保った切り方ともいえます。

6-1.jpg

まずはこの、
漁師やかつお節工場で
多く使われている
「かつお包丁」。
この後の解説で分かると思いますが、
刃先や刃裏を使うために、
独特な切っ先をしています。

  ですが、
  スピードを競うことなく
  ゆっくり捌くなら、
  家庭包丁でも 
  同じ要領で
  捌く事ができますので、
  ご安心のほどを・・・。

6-0.jpg
  
6-2.jpg

6-3.jpg

6-4.jpg

6-5.jpg

6-6.jpg

6-7.jpg

6-8.jpg

6-9.jpg

6-10.jpg

6-11.jpg

6-12.jpg

6-13.jpg

6-14.jpg

6-15.jpg

6-16.jpg

6-17.jpg

6-18.jpg

6-19.jpg

6-20.jpg

6-21.jpg

春先に揚がる「かつお」と
秋に揚がる「かつお」は、
まったく身質が違ってきます。

   本来「かつお好き」で鳴らした
   江戸っ子の赤身好きは
   春のかつおに限ると
   そのクリリっとした身質と
   春かつお独特の甘みを好み、
   「女房を質に入れても食いて~」と
   大枚叩いてでも
   食ったと言われております。

6-22.jpg

一方、
「秋のかつお」は、
黒潮に乗って親潮海域で
エビジャコや小イカやらを
たらふく捕食をして脂がのり
ちょいと白っぽい
身質になりますが、

   今どきは
   トロかつおなどとも呼ばれ
   少し大味になりますが
   秋のかつお、戻りのかつおと
   もてはやされる傾向にあります。

6-23.jpg

さてさて今度は
その「かつおのタタキ」造りですが、
春は「春かつお」、「上りかつお」の
美味さを保ち、

秋は秋で
「戻りかつお」の美味さを
十分味わえる
藁焼きのタタキが
楽しめます。

6-24.jpg

6-25.jpg

6-26.jpg

6-27.jpg

6-28.jpg

6-29.jpg

いずれにしても
鰹の美味しさは
一年を通じての
「旬」を楽しめる魚です。

6-30.jpg

6-31.jpg

6-32.jpg

6-33.jpg

6-34.jpg

6-35.jpg

そんな
かつおを食べに、
久礼の大正町市場へ
来てみませんかぁ~!

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント