退院しました。


お久しぶりでございます。

7月1日入院
3日に手術した股関節も順調に回復に向かい
本日31日に無事退院いたしました。

あたご-1

5年ほど前から
股関節の痛みに悩まされ、
大好きだったゴルフもできず、
痛み止めを飲みながら
騙し騙しど久礼もんの
かつお商品の製造にも
頑張ってきたが、
商工会等の役員も目途が立ち
この機は今だと、
思い切って手術してきた。

atago-5.jpg

あたご-6

いやぁ~・・・、
やっぱり
覚悟はして行ったものの
辛かったですね~。

   ちゅ~・・ても、
   怖さや痛さやじゃの~て、
   入院中の1日の長さが・・・。
   
とにかく
朝夜が明けるのを
待って待って・・・。

あたご-2

なんとか
杖で歩け出してからは、
夜明けを待って
近くのコンビニ通い。

こんびに

この
コンビニのお陰で
随分助けられた。
朝が来ると、
なにがなんでも
これだけは外せん。

atago-4.jpg

ま、なんとか、
孫たちが帰省して来る前に
退院できてよかった。
ちょいとまだキャッチボールは
出来そうにないが、
ちょいと
遊ぶぐらいは出来るだろ~。

阪神

麻心

さぁ~、
企画・ど久礼もんの
商品製造もまっている。
8月はちょいと頑張らねば。


雨上がりの新港

朝から
降っていた雨も
すっかり上がったよ~で、
港近辺を原チャリで
ぶ~らぶら。

   まんず、
   我らが氏神さまに
   ちょいとご挨拶してから。

はちまんさま-2

まっこと光陰矢のごとし
早くも半年が過ぎて
輪抜けさまの
時期なのかぁ~・・・。

わぬけさま

おはちまん

早朝の水揚げを済ませて
今晩出て行くまでの
ひと休憩中の小型かつお船。

かつおふね

はま-1

雨も上がって、
新港のあちこちでは
堤防釣り・・。

  小アジが
  ぼちぼち揚がっていた。

小アジ-1

こあじ

道の駅「なかとさ」の
オープンを目前にして
スタッフが打ち合わせやら
納入業者が
慌ただしく働いていた。

身8知駅

道の駅

野菜マルシェ

そんな道の駅の
直販店マルシェの
レジスペースの上に
一本釣りのカラクリ時計が。

からくり時計

せっかくなんで8分待って、
午後1時のからくりを見てきた。

   時報に流れてくる
   メロディーは
   私めの作曲でございます。
   「エッヘン」・・と
   ・・・龍馬さん並みに。

さてさて・・・、
納入と言えば、
我々企画・ど久礼もんも
近日オープンに向けて
そろそろ
陳列させてもらいまする。

  そんな我が社の
  主力商品をご紹介。

かつおラー油

しょうがの恋道の駅

かつお生姜煮道の駅

昨日、
出来上がったばかりの
「漁師のラー油濃辛プレミアム」も
早速棚に並びますので
宜しくお願いいたします。

道駅ラー油

さてさて、
出来上がったと言えば、
室戸向け送った
弊社製造のPBブランド
「まぐろワタラー油」が、
昨夜のテレビで早速とり上げて
放送してもらいました。

ワタラー油

永野

ワタラーど久礼

ワタラー売り

ワタラーソーメン

さぁ~、
梅雨のひと休み
お天気が続くうちに
ど~んとまた
かつおの大漁が
続いてもらいたいもんじゃね~。

    (写真拝借・ニシガワヤスノリ)

8-1.jpg

8-2.jpg

8-3.jpg

8-4.jpg

8-5.jpg

道の駅も
久礼の大正町市場も
かつおが釣れてこそ
なんぼじゃきね~。

   安航と大漁を

漁師のラー油【濃辛プレミアム】近日発売!

子供から大人まで
多くのお客さまにご愛顧頂きました
食べる「漁師のラー油(かつお)」。

   お陰さまで
   弊社では大ヒット商品として
   屋台骨を支える
   商品に成長いたしました。

そんなお客さまの中から
もっと辛口でパンチの利いた
食べるラー油もほしいとの
ご要望を多くの方々から頂き
3年程前から試行錯誤を繰り返し
試作試食を行ってきました。

濃い辛い5個

道の駅「なかとさ」の
オープン記念に合わせて、
いよいよ此処に完成でございます。

濃いからラベル

商品名は
漁師のラー油(かつお
【濃辛プレミアム】でございます。
発売体制が整い次第
随時発売をさせて頂きます。

濃辛プレミアム先行案内
濃いからプレミアム3個

先行の
「漁師のラー油(かつお)同様
ご愛顧のほど宜しくお願いいたします。

漁師のラー油かつお旧バージ

毎度ご愛顧頂き
感謝申し上げます。


かつおの刺身とタタキ


鰹乃國土佐久礼港には
相変わらず好調に
水揚げは続いております。
  そしてなにより嬉しいのは
  大正町市場の棚に並ぶ
  かつおが
  安くなってきましたね~。

かつお1本

かつお刺身用策

梅雨時と言いながらも、
土佐の高知に
入り込んで来てくれる観光客は
年々増えているよ~に
思いますね~。

   土佐(久礼)に来たら
   なんちゅ~ても
   「かつおのタタキ」を
   まず食すのが
   常套ではございますが。

760.jpg

たたき箸

あんがい
観光客の方々に
知られていないのが
「かつおの刺身」。

  先日、
  初めて土佐を訪れた
  観光客の方の話では。

「へぇ~、かつおって
お刺身で食べれますか~?」・・と、
不思議そうに聴いてこられました。

漁師

たしかに、土佐沖で
日の出から日の入りまで、
頑張っている船乗りたちが
沖で食うグビの「刺身」は
ちょいと無理でございますが。

さしみかつお

ほぼ日々毎日、
水揚げが続いている
久礼の大正町市場では、
沖造りに限りなく近い
鮮度抜群の生かつおが
「刺身」で食べれます。

水揚げ760

かつお並び

かつお策3本

そりゃぁ~まぁ~、
いっぺんその「刺身」を
経験してみてください。

  タタキで食べるより
  数段美味いことに
  びっくりいたします。

刺身かつお-3

タタキと同じよ~に、
ニンニクの一緒に食やぁ~、
得も言われぬ
かつおの美味を
食感していただけます。

刺身かつお-4

さしみかつお-1

現に、
土佐沖で
日々奮闘する漁師は、
たたきより刺身で食います。

さしみかつお-2

そんな土佐の
かつおの刺身を
味わいに来てみてください。
お待ちしてます。

↓   

今朝の水揚げ

今朝は
早朝仕事も無かったが、
なんやら
慣れっちゅ~か、
習性っちゅ~か、

   お目々が
   ぱっちり覚めたんで、
   好調に
   かつおが揚がっている
   久礼新港へ行ってみた。

古久家のてるてる坊主
港町の朝は早い
っちゅ~ても午前五時。
いいお天気ならこの時間、
早くも昼間のような
明るさじゃが、
   流石に
   6月後半の
   梅雨時
   なんやらまんだ
   薄暗い。

我らが久礼の守り神
久礼八幡宮前を通り
久礼新港へ・・・。

久礼八幡-24-1

新港に着いて
上の本陣を見上げると
風呂の明かりも点いて
周りも明るくなってきた。

水揚げ-24-17

水揚げ24-2

水揚げ-24-10

水揚げ-24-3

水揚げ-24-4

水揚げ-24-9

水揚げ時
威勢の良い掛け声が
飛び交いながら
市場に整然と並べられて行く。

水揚げ-24-16

水揚げ-24-12

水揚げ-24-15

水揚げ-24-13

水揚げ-24-11

水揚げ-24-5

水揚げ-24-6

水揚げ-24-7

水揚げ-24-8

そんな小型かつお船の
水揚げが終わると、
午前6時ごろから
仲買人が集まり始め
その後「セリ」が始まる。

漁-2

   魚屋やらスーパーやら、
   水揚げ市場から
   帰るとすぐさま捌きと
   氷打ち!

たなか-24-1

たなか-24-4

たなか-24-2

たなか-24-3

そして、
なるべく鮮度のいいうちに
一本売り捌き売りにして
お客さまの手にわたっていく。

魚屋-ぶり

早朝から、
なんとも気忙しい
港町の風景じゃけんど、
そんな港町が
あたしゃぁ~大好きです。

かご-1

梅雨時になると、
ますます
かつおが釣れて揚がりだす。
↓