町が凄いことになっちゅ~ぜよ!

9月に入って最初の日曜日。
確かにまだ残暑はめちゃ厳しいが、
お天気は最高の初秋日和。

まちが-4

午前10時、
そんな日曜日の
大正町市場を覗いてみた。

まちが-2

まちが-1

まちが-3

この旬しか食べれない、
「シンコ」を求めてか、
ぞくぞくとお客さまがまちに。

まちが-18

ところが、
まだ「シンコ」を釣りに行った船が
帰って来ていない。・・のに、
早くもお客さまは並んで
待ってくれている。
まっこと申し訳ありません。

まちが-5

まちが-8

まちが-17

10時半ごろ
やっと漁を終えて帰ってき
大正町市場にご開帳!!

まちが-15

まちが-14

まちが-6

しかしこ~やって、
「旬」の頃合いでしか
食べれない「シンコ」を求め、
並んでさえも食べに来てくれる、
誠に有難いことでございます。

まちが-16

自分たちも食いたいけんど、
昼過ぎには
売り切れ必死の行列。
この列に並びよったら、
白い目でみられるぜよ。

  地元民は
  ちょいと遠慮して
  食いたければ
  自分で釣りに
  行くしかない。

そんなシンコ人気の
大正町市場場外でも
お客さまがどんどん
来てくれております。

   お陰で、
   市場前の
   うちの店も満席。

まちが-10

市場で買ったものや
注文したものなら
がっつり持ち込みOKの
「ぜよぴあ」も満席。

まちが-9

浜に出てみたら、
大正町市場に続く
駐車場にはこれまた続々と
入り込んで来てくれてます。

まちが-11

この夏にオープンした
「道の駅・なかとさ」は
ど~だろ~かと、
原チャリで行ってみた。

まちが-20

まちが-19

まちが-12

ここも有難い事に
道の駅駐車場には入り切れず
魚市場前までお客さまが。

あちが-16

まちが-13

確かに、
考えてみれば
高速道「中土佐インター」を下りれば、
10分以内で太平洋が広がる
漁師町としては日本で初めて
「重要文化的景観」に認定された
漁師町に出会える。

ま-3

ma-2.jpg

ma-4.jpg

ma-5.jpg

ま-6

ま-1

そして今、
若者たちの中で
ブレイクしているこの
大野の浜も、
中土佐インターを降りたら
10分で出会える。

sa-1.jpg

sa-2.jpg

さ-7

さ-3

さ-6

sa-21.jpg

sa-14.jpg

sa-15.jpg

sa-13.jpg

さ-18

sa-19.jpg

sa-11.jpg

さ-20

sa-16.jpg

sa-10.jpg

さ-9

さ-8

いいもんですね~・・・、
自分も
まだ小若い衆のころ、
犬吠で初めて
この板に乗ることに出会い、
ちょいハマりかけたが、
今は羨ましく見るだっけ。

sa-17.jpg

sa-4.jpg

今日も
いい波が入って来てます。
そんな波乗りに
久礼に来てみませんかぁ~。

今年の夏のはまりもの

流石の
大食漢といわれるおいらでも、
八月のガンガン照りにゃ~
ガクッ~っと
食欲がなくなったもんじゃ。

   ところが
   こいつのお陰で
   家飯が美味い美味い!
   まっこと
   「丸仏手柑」は
   魔法の柑橘ぜよ。

しらさ-9-1

魔法の

シラサに大根おろし
ガリガリっと仏手柑を擂り、
ギギュ!っと絞り
醤油をたらす。
最高じゃね~、この夏は
まっことこれに
はまったぜよ。

  さてさて、
  そんな酷暑の八月から
  九月に入るや否や
  いやぁ~・・・!!
  いきなり秋がぁ~!!

明け-1

今朝の夜明け頃は
原チャリで半袖は
寒かったぜよ!

   ところが、
   陽が上がるや否や
   酷暑の夏に
   戻ってしも~た。

そんな暑い最中、
大正町市場を覗いてみると、

ぶん-1

文教大の梅村先生が、
大勢の生徒を連れて
市場の研修に来てくれちゅ~。

ぶん-3

ぶん-2

ところが今日は
生憎の「シンコ」が揚がってない。

  沖を通過していった
  台風の影響で
  1隻も
  シンコ漁には出ていない。

ふた

さ-1

ま、
これほどの波なら
漁に出られないこともないが、
シンコ漁の始まった八月はじめから、
1日も休まず沖に出つづづけて
漁師も疲れがたまり
この台風がえ~骨休め。

  そのかわり、
  ここぞとばかりに
  今度は
  海に出るのが
  サーファーたち。

さ-7

さ-6

さ-5

さ-2

心地よさそ~に
海をすべっておりましたあ~。



八月が終わりますね~。

さぁ~
八月も余すところ後二日。

団扇

明治初期より
農産物、海産物を持ち寄り
物々交換からはじまった
久礼の大正町市場。

   今年の夏も
   なんとか
   大きな台風にも
   直撃されず、
   天候に恵まれ

大勢のお客さまが来てくれました。
お陰さまで繁忙の夏を
送ることができました。

市場混雑

そしてまた、
この7月の中頃
オープンしました、
「道の駅 なかとさ」

道の駅看板道

道の駅テント

道の駅販売所

ここもまた、中土佐町の
新たな名所と呼んで頂けるほど、
多くのお客さまに足を運んで頂き
オープン以来
好調の人出を数えております。

   そんな「道の駅 なかとさ」の
   直販所には、
   我々弊社の
   企画・ど久礼もんも
   商品を置かせて
   頂いておりますが、

これまた有難い事に、
スッカラカンになる商品もあり、
お客さまに迷惑かけるほどに
好調な販売が続いております。

   直販所商品棚に
   置かせてもらっている
   弊社商品の
   売れ筋ランキング
   はといいますと。

漁師のラー油三個並び
やはりダントツが、
「漁師のラー油(かつお)」です。
そんな漁師のラー油かつおは、
お子様にも食べられる辛さにして
万人受けする仕上げをとりましたが、

  大勢の「ファン」の
  お声の中で、
  「もっともっと辛さの濃い
  コアな商品は出来ないか」
  ・・・とのご要望を頂き、
  この道の駅オープンに合わせ
  数年前から練りに練って
  造り上げた商品が。
  「漁師のラー油
  濃辛プレミアム」
  でございます。

漁師のラー油濃辛プレミアム

道の駅 なかとさオープン以来、
この両商品は誠に有難く
好調にお買い求め頂いております。

そして、
同じ棚に並ぶ商品も
連られてまた好調に。

  「漁師のラー油
   いか大王」

いか大王

日本一の
生産量をほこる高知県、
四万十川流域産の
その生姜をたっぷり使い
かつおと合わせた
「しょうがの恋」

しょうがの恋三個並び

  久礼の
  漁師家庭では
  昔っから食ってきた
  ソウルフードな
  「かつおの生姜煮」

かつおの生姜煮三個並び
鮮度抜群の魚を
どんぶり飯に
ぶっかけ盛りして食ってきた、
漁師町だからできた、
「俺のたれ」

俺たれ三本

そんな好調に売れている
商品のなかで、
ご迷惑をおかけしている
商品も。

カラヤン三種チラシ-1

かつおの焼き味噌
「カラヤン」。

  売れ筋№1な
  スタンダードの
  「青」のカラヤン。

  舐め味噌として
  酒の肴に最適な
  激辛バージョン
  「赤」のカラヤン。

  山椒がピリリと利いた
  発売以来、意外と
  女性に好まれた
  「緑」のカラヤン。

カラヤン青三個

カラヤン赤三個

カラヤン緑三個

この三種は
なかなか生産が間に合わず、
棚を調べに行くたびに
1個も無い状態が続いております。

   なんとか
   改善策を
   検討中ですので、
   しばらくご不便を
   おかけいたしますが
   宜しくお願いいたします。
      ↓
http://shop.dokuremon.com/
今夜のブログは
なんやら我が社の
商品自慢になりましたが、
暑さにやられた狂気と
お許しくださいませ。  
ありがとうございました。

シンコの話し

甲子園の熱戦も終わり
朝晩はやっとこ
涼しくなってきたかなってな
今日この頃。

シンコ0005

しかし、
八月後半に入っても
依然「シンコ」熱は
まだまだ続いております。

また、ここにきて、
いい型のシンコが釣れてます。

シンコ0-4

メジカ0-1

大正町市場で
漁師のおかぁ~ちゃんが
捌いたその場で販売している
「シンコ」はすべて
一本釣りの釣り「シンコ」
じゃきに
ピカピカ鮮度は保障付き。

かあちゃん-2-1

かあちゃん-2

立ち食い

さてさて・・・、
「シンコ」「シンコ」と言いますが、
シンコにもいろいろ
この時期ございます。

シンコの事3jpg

前にも何度か
ご紹介したと思いますが、
この上の写真で言いますと。

  一番上が
  「マグロのシンコ」
  その下が
  「スマかつおのシンコ」
  その下が
  「平ソーダかつおのシンコ」
  下の端が、今、話題の
  「丸ソーダかつおのシンコ」

この丸ソーダかつおは、
漁師は「メジカ」とも呼びまして、
「足が速い」(鮮度が落ちやすい」として、

  「朝釣ったシンコは
   昼までに食え!

  「宵に釣ったシンコは
   晩までに食え!」・・と、

ほんの釣り上げてから
数時間しかその食感は
持続いたしません。

そんな「シンコ」が
八月中頃出回りだすと、
丁度時期を同じくして
「丸仏手柑」も出始めます。

仏手柑

「仏手柑」と言うと、
あの仏の手と言われる
この柑橘ですが、

仏手柑-0011

黄色く色づいてきても
身が割れない
「丸仏手柑」が
これが「シンコ」に
得も言われぬ相乗をもたらし
なんとも暑いこの夏の
一風の爽やかさを運ぶ
風味を醸し出します。

シンコ00

その鮮度は折り紙つきの
釣り「メジカ・シンコ」を、
捌いたその場で
即、仏手柑を摩り下ろし
ギュギュっと絞って
醤油をたらっとたらせば、
まっことこの夏の「王者」の食感!

シンコ-05

シンコ0006

シンコ-06

その「シンコ」も、
9月中頃を過ぎると
急激に魚体が大きくなり
美味しさも食感も
薄れて行きます。

  明日もお天気は上々、
  この
  久礼の沖で釣れている
  朝どれの「シンコ」が
  大正町市場に帰ってくるのが、
  大体10時頃。

皆さま挙って
大正町市場に食べに
来てくださいませ~!!
    

祝大漁!戻りかつお

早くも戻りかつおが!

祝大漁

毎年、9月の声を聞くと、
「戻りかつお」の
漁況が届いてくる・・が、

今年はなんやら
ちょいと先走ってきよる。

みずあげ

   大正町市場を
   覗いてみると、
   魚屋は早朝から
   ちくと忙しげな様相。

秋の戻りかつお

5キロ前後の
なかなか脂ののった
早くも戻りかつおが
揚がっていた。

かつお棚-1

  春の上りかつおと
  秋の戻りかつおは
  どこが違うのかと
  よく聴かれますが、
  
「春の上りかつお」は
腹の縦縞がくっきり鮮明で
いかにも若々しく
さぁ~これから
黒潮にのって
北に向かって上るという
凛とした魚姿をしている。

   「秋の戻りかつお」は、
   黒潮にのって
   到達した北の海で
   エビジャコやら小イカやら
   たらふく美味い
   捕食を繰り返し、
   まるまると豊潤に太り、
   かつお特有の
   腹の縦縞が
   脂ののりとともに
   太くぼやけてくる。

かつお捌きわり

脂ののりが
一番分かり易いのが
「はらんぼ」と言われる
腹身を見れば
春の爽やかな赤さから
白っぽく肉厚になってくる。

はらんぼ

この
戻りかつおの「はらんぼ」を、
ちょいと塩をして
七輪で焼きながら
温燗で呑りゃぁ~、
そりゃも~最高の肴。

   さてさて、
   美味いといえば、
   この時期最高に
   美味いのが、
   釣れだちの
   「シンコ」じゃけんど、

今夜は、
その丸仏手柑を
ガリガリっと擂って
大根おろしとともに
チリメンで食ってみた。
いやぁ~!!
これまった最高じゃね~。

チリメン

さぁ~これから、
秋になった大正町市場には
美味いもんが
目白押しで棚に並びますぞ~!

市場の昭代司

そんな
美味いもんを見つけに
市場を歩いてみませんかぁ~!