ラッキー商品「しょうがの恋」

いやぁ~、
俄然寒くなってきましたね~。
そんな昨日は
超~寒い早朝から
「しょうがの恋」造りを終えて、
「てんこす」やら「とさてらす」やら、
納品させて頂いている数件に
新年のご挨拶をすませ、
RKC高知放送のスタジオ入り。

RKC-1.jpg

年明けから好調な
久礼の小型かつお船の
水揚げ状況を
紹介していただこ~と
思いよったら、
「しょうがの恋」の
紹介にしましょうってことになって、
スタジオでその紹介。

生姜の恋-01

RKC-2.jpg

しかしこれまで・・、
考えてみればこの商品。
なんとも
ラッキーな商品でもございます。

RKC-3.jpg

   企画・ど久礼もんの
   商品として誕生するや
   新聞やら雑誌やら、
   またまたTVやら、
   これまで
   いろんなメディアに
   随分とり上げて頂いた。

しょうがの恋-011

日本一の生産量を誇る
高知の「生姜」と、

生姜の恋-08

日本一の消費量を誇る
高知の「かつお」を
コラボしたのが良かったのか、

かつお3本

元一本釣り漁師が造り
「しょうがの恋」と言う
ネーミングにも後押しされて、
なんとも
ラッキーな商品ともなった。

   「食べるラー油」は
   なんと言っても
   絶妙な
   焦がしが勝負!
   もちろん、
   その美味さは
   この元漁師が
   保障付き!

しょうがの恋-010

そんな取材や
ご紹介頂いた番組を
何点かあげさせて頂きます。
     ↓
https://youtu.be/ozKKGW9l43Q


生姜の恋-05

生姜の恋-06

生姜の恋-04

生姜の恋-03

生姜の恋-09

生姜の恋-02

造り

これからも
更に焦がしのテクニックを磨きあげ、
ますます美味しい商品に
仕上げていきますので、
まずは一度
ご賞味くださいませ~!!
      ↓
http://shop.dokuremon.com/?mode=cate&cbid=1755544&csid=0

めし

生姜の恋-07

三個

さぁ~、
日本列島寒波の襲来、
こんな寒い時ゃ~、
「しょうがの恋」を
ガッツリ食べて
この寒さを乗り切りましょ~!

中土佐美術館大賞展

中土佐町立の美術館で
「大賞展」が
開かれているので行ってみた。

美術-1

美術-3

美術-4

美術-5

美術-2

美術6

美術-7

美術-8

美術-9

美術-10

小さな小さな
町立の美術館じゃけんど、
「なんでこんな
   田舎の美術館に・・?」・・と、
驚くよ~な何時もの巨匠から一転、
初めてみるこの大賞展も
なかなかに見応えのある
作品が展示されていた。

浜にかつおが揚がったぞ~!!

嬉しい事に
嬉しい事に、
今朝もかつおが揚がったぞ~!

かつお船-5-7

水揚げ-01

この時期
これほど
まとまった漁があるのは、
近年なかったことです。

かつお船-5-4

凪海が続いてくれれば、
ど~ちゅこたぁ~ないかつお漁、

かつお船-3

かつお船-5-2

しかし、
冬の海は
何時荒れるか分からない!
大西の吹くこんな時ゃぁ~
ちょいと辛い漁でもあります。

かつお船-5-5

冬の海

こんな冬の海で働く
男たちを待っている
女たちもいるのです。
     ↓
https://youtu.be/FRZDwDU4_hw
     ↑
作詞/青柳裕介 作曲/川島昭代司 歌/川島昭代司
【八千代の詩】かつお船-5-1

こんな冬の漁をして
やっとこ港に帰り着き
水揚げを済ませて
一番嬉しい瞬間は。

  温かぁ~い
  陸の風呂に浸かったとき。

「生きて帰ってきたぁ~」ってのを
身体で実感するものです。

来年夏には
水揚げ場所すぐ近くに、
「道の駅」が完成します。
当初の計画では
掘り当てた泉源を使って
風呂が出来る予定じゃった・・・。

風呂

そんな
過酷な冬の海を漕いできた、
漁師のための風呂で
あってほしかったね~・・・・。

七日の若菜と祈願祭


忘年会、お正月と、
美味いもんを
食いまくった身体を、
正調に戻し
一年の邪気を払う七草粥。

粥-1

そんな昨日は、
孫たちのチーム
「なかもずシャークス」も
一年の怪我の無い事や
チームの必勝祈願に
百舌鳥神社に
参拝にいったと言う。

孫野球祈願

祈願

頑張れ
「なかもずシャークス」!
頑張ると言えば、
正月明けてもこの冬の海で
ガンガン頑張っている
久礼の鰹一本釣り小型船。

冬の海

その甲斐あって、
この時期とは思えない
好漁が続き
土佐沖へピストン出漁!

   そんな一報を聴き、
   まだ明けきらぬ
   水揚げ市場へ行ってみた。

6030.jpg

露天明かり

黒潮本陣の
風呂の明かりが灯る下の
久礼漁港水揚げ市場では、
早くも魚商人がセリ前の
値踏みの思案中。

水揚げ-04

水揚げ-03

かつおの魚体も、
7キロほどの大物から
3、4キロの手頃ものまで。
当然鮮度はバリバリもん。

魚体

7キロ

水揚げ-02

水揚げ-012

水揚げ-01

鰹乃國と呼ばれる中土佐町。
かつおがドンと揚がってこそ
久礼の賑わいがあるってもんです。
そんな水揚げしたばかりの
鮮度抜群のかつおを
食いにきてみませんかぁ~!

1月7日は若菜を食う

さぁ~、
一月も七日でございます。
七日っちゅ~と五節句の日。
七草粥を食う日ですね~。
  なんちゅ~ても
  これを食わねば
  この一年を
  健康に過ごせません。

七草-2

師走の忘年会続きや、
お正月の暴飲暴食に続き、
 呑み意地やら食い意地の
 お腹の中に詰め込み放題。

肉

寿し皿鉢

ここいらで、
春の芽吹きの一番若芽を
有難ぁ~く頂いて
身体の正調を整え
邪気を払って
日常の生活に戻る
区切りと致しまする。

市場の放送

  それんしても、
  大晦日にVTで
  初日の出スポットと
  紹介してくれたり、
  暮れの市場の
  美味いもんを・・と、
  ぐっさんが
  紹介してくれたお陰で
  年々参拝者も
  初日の出を撮る
  カメラマンも 
  増えてきましたね~。
  有難い事です。

初詣初日の出

カメラマン

hatsumoude--3.jpg

初詣-2

初詣

せり、なずな、
ごぎょう、はこべら、ほとけのざ、
すずな、すずしろ春の七草。

無病息災を願って食べる
五節句の一つとしての
「七草粥」じゃけんど、
こりゃぁ~
めっちゃ美味いですね~。

七草-1

・・・って
食い過ぎちゃぁ~
元の黙阿弥でんがな。

明けましておめでとうございます。

新年
明けましておめでとうございます。

ど久礼もんが行く年詞

旧年中には、
多くの方々にこのブログを観覧頂き
誠にありがとうございました。

ぶろぐ-1

三日坊主を
繰り返してきた日記も、
なんとかグログに切り替えて以降
毎日アップとはいかずとも、
ここまで続けてこれたのは、
誰かが何処かで、一緒に
観ていてくれる・・と言う力が、
あったればこそと感謝しております。

朝日-05

今後においても、
なんとか人並みに
コミュニケーション能力を広め、
スキルを高めていこうと、
この戯言ブログを借りながら
勉強していこうと思っておりますっ、て、

なんちゃって、
ちょいと新年早々お堅い
綴りになってしまいましたが、
本年も変わらぬお付き合いのほど
宜しく言願いいたします。

ブログ-3

さてさて、
この田舎漁師町の
優れもんや伝統商品やらを
埋もれさせてなるものかと、
大正町市場近隣の
商売人4人で始めた
我々の「企画・ど久礼もん(企)も、
いよいよ10周年でございます。
      ↓
http://dokuremon.com/

   この
   10周年を機に
   もうひとつ羽ばたくために
   いろいろな展開に
   漕ぎだして行く
   頃合いになってきました。

ブログ-4

     中土佐町
        ↓
https://www.furusato-tax.jp/japan/prefecture/39401

感謝を込めて
町の特産品を進呈しております
「中土佐町」のふるさと納税をはじめ、
あらゆる機微に応じた
展開をしていきますので
なにとぞ絶大な応援のほど
宜しくお願いいたします。

   などと・・・またまた
   お堅い話になりましたが、
   今年の元旦の
   日の出を拝みに
   来てくれた方々の
   多かったこと、
   まっこと
   ありがとうございました。

日本全国
元日の日の出特選で、
第一番にあげてくれた
暮れの31日にTVで放映してくれた
「にじいろジーン」の
お陰でしたね~。

   そんな初日の出を
   上の孫と一緒に
   拝みに行った写真が
   上の写真でございます。

そんな初日の出を見て三日間、
三人の孫と遊び三昧の
お正月でもございました。

三孫

大阪で暮らす
そんな孫たちも
今日は帰っていきました。
静かになって
何時もの我が家ですが、
なんやら
ポカっと
心に穴が空いた状態でございます。

ぴかぴか大作戦&忘年会

企画・ど久礼もん(企)
ぴかぴか大作戦&忘年会

忘年会-2

お歳暮やら
ふるさと納税の出荷やら、
慌ただしい年の暮れも
なんとかこの日にこぎつけ
30日の最終送りのみ。

   まずは、
   一年の埃を払うべく
   皆でぴかぴか大作戦。

掃除-5

掃除-4

掃除-3

掃除-2

   書類が山積みになっていた
   自分のディスク周りも
   見違えるほど
   整理整頓。
   一年間
   こ~ありたいもんですね~。

掃除-1

そんな大掃除が終わり、
午後6時から
一年の〆括り忘年会。

忘年会-9

忘年会-4

忘年会-5

忘年会-6

忘年会-7

忘年会-10

忘年会-8

忘年会-3

忘年会-1

忘年会-11

忘年会-2

さぁ~、
これから
今年最後の送りを出して、
いよいよ4日まで、
企画・ど久礼もん(企)は
お休みでございます。

   ちなみに、
   市場食堂・ど久礼もんは、
   30日まで通常営業、
   年明けは
   5日から営業いたします。

この一年のご愛顧
誠にありがとうございました。

さぁ~いよいよ師走も押し詰まってきましたぞ~!

外は
時雨れ混じりの
大風が吹いています。

船-2

久礼の漁協に
ちょい用ありで
原チャリで行ってきたけんど
まっこと寒かったぜよ。

飛小

港内に
浮かぶカモメも
なんぼか寒かろ~。

kamome--1.jpg

寒い

かもめ-2

本年の操業は
30日まで続くと言う。
そのかつお船も
今晩の出港を控え
港内に待機中。

船

なかなか
土佐沖の鰹が
美味そうな色合いで
大正町市場の棚にも
並んでいた。

かつおの実

藁焼きど久礼もん

そんな
かつおを藁焼きにして
送ってきた
企画・ど久礼もんも、
出荷ピークも過ぎて
ちょいと落ち着いてきた。

送り-1

その最終出荷が
30日まで、
今年一年のご愛顧
誠にありがとうございました。

送り-23

さぁ~、
余すところ
後数日、
ぐわんばっていきましょ~!


さぁ~追い込み作業!

泣いても笑っても
後6日で今年も暮れる。
29日の最終送りまで、
いくばくもない。

   そんな
   お歳暮の送りも
   若い衆らぁ~の
   追い込み作業が続く・・・。

おくりうつぼ

この頃年々、
「うつぼのすき焼きセット」が、
人気が出だした。

  ・・・と、言うのも
  TVや雑誌やらで、
  何度も取り上げて
  もらったのもよかったが、
  何より、
  一度送った方、
  一度食べた方からの
  リピーターが
  増えてきたのが嬉しいですね~。

うつぼ箱p

空気を通して
尚、乾かないよう~、
ニンニク葉や、
地元野菜なども丁寧に
新聞紙にくるみます。

しんぶん

鍋さえ構えてもらえれば
即、すき焼きパーティーってのも
好調の原因じゃろ~ね~。

うつぼの

はっぱ

うつぼなべ

なんちゅ~ても
その美味しさが
皆さんに伝わったことが
こじゃんと嬉しいもんです。


奥四万十博閉幕

今年
三月から始まった
「奥四万十博」もいよいよ終了!
各地域数々のイベントの開催や、
5市町への多大な誘客に
その効力を発揮して
また新たな
連携を強くして閉幕となった。

お-1

各、イベント会場へ
足を運んでくれた皆さま、
またその会場の設営に
甚大な努力をしてくれた
スタッフのみなさん、
まっことお疲れでございました。

o-3.jpg

o-2.jpg

この奥四万十博は
四万十町の会場で
閉幕となりましたが、

   企画・ど久礼もんとしては、
   来年も
   各地のイベントに
   できうるかぎり
   参戦したいと思いますので、
   今後とも宜しく
   お願いいたします。

クローズドイベントの
数々のアトラクションで
華を添えて頂いた皆さん、
誠にお疲れさまでした。

おく-1

おく

お-4

お-5

お-6

新たな年も
ぐわんばってぐわんばって
出店いたしますので、
またイベント会場で
お会いしましょ~!
ありがとうございました!



カホン完成~大掃除

やっとこ完成!
暇を見つけては
作りかかっていた打楽器、
カホンが出来上がったぜよ。

カホン-0

11月末に
高知市中央公園で行われた
中土佐フェアーの催しの中で
カホン作り教室が行われたが、
その会場内では
忙しくて作る事が出来ず
我が家まで持ち帰って
ボチボチ製作。

カホン-1

カホン-2

簡単な
箱打楽器と言えども
初めての作り、
こりゃぁ~ひとつ
記録に残しておこうと、
スマホ撮りで残しておいた。

カホン-3

カホン-4

やっとこ磨きも済んだので、
せっかくだから
塗ってやろ~と
マホガニー色。

カホン-5

カホン-7

底の足も
きっちり付けて。

カホン-8

オリジナルの
シールも貼りこんで。
完成~!!

カホン-9

カホン-10

そんな作業も終わったんで、
いよいよ今度は
散らかしまくった
お部屋の後始末。

   あぁ~汚ね~・・、
   普段の
   行いの付けが~・・・・
   乱雑に
   積み上げた
   本やら書類やら、
   用済みをやっとこ
   振り分けて
   なんとか終了~。
   あぁしんど・・・・。

これも、
整然としているのは
何時までの事やら・・・と、
スマホに残しておこうと
写真撮り。

すっきり

大掃除-1

ああしんど~!



   

凄い男たちがやってきた!

この日
市場食堂・ど久礼もんへ
凄い男たちがやってきた。

店前

まんず、
日本を代表する
伝統構法の第一人者
土佐の大工
沖野棟梁
   ↓
http://okino.justhpbs.jp/

沖野棟梁-2

そして
高知駅前の
「龍馬伝」のセットを再現してから、
土佐にとりつかれた
横浜在住の宮大工
須賀棟梁。
    ↓
https://www.facebook.com/daisuke.suga.315?fref=ts

須賀棟梁

そして、
あの東北大地震から、
一躍その道のプロとして
今も被災地に関わり奔走している
曳家の
岡本棟梁
    ↓
http://ameblo.jp/iehiki-okamoto/entry-12093117986.html

岡本さん、

そして
銅板細工師として
数々の受賞を重ねている
広島のものづくりマイスター
谷口棟梁
   ↓
http://ameblo.jp/tyw7241/

彫金

そして
高知県建築士会から
「匠」の称号を受賞した
社寺の鬼板金
川田棟梁
   ↓
https://www.facebook.com/profile.php?id=100006009968414&fref=ufi&pnref=story

板金さん

皆がその腕一本で、
名を知らしめた
凄腕の男たち。

奥さん

三人

4人

そんなその日に
棟梁たちが帰るや否や、
今度は、
高感度№ワンのこのお方が
大正町市場に来てくれた。

かつおアップ

かつおちゃん

かつおちゃん-2

かつおくんのじゃんけんサンタ
この模様は
木曜日のRKC
eye+スーパーで放送されると言う。

   そんな
   出来事があった
   一日でしたぁ~!

奥四万十博クロージングイベント

今年、
春から始まった「奥四万十博」
各地それぞれのイベントはじめ、
これまで
隠れた名所や旧跡など、
大いに誘客などアピールしてきた。

たたきイベント用-6

  そんな奥四万十博も
  いよいよこの12月25日で
  幕を閉じることになりました。

そんな感謝をこめて
奥四万十博
クロージングイベントが、
四万十町で行われます。

奥-3

奥-4

奥-2

梼原・津野町・須崎市
中土佐町・四万十町の
パフォーマンスやミュージカルが
催される中、
それぞれ各地の
特産品やらグルメが出店して
クロージングを盛り上げます。

奥-1-2-2_edited-1

   我々
   「鰹乃國」の中土佐町は
   12月23日(金・祝日)
   「なかとさもん」による
   よさこい踊りの他、
   当然ですが
   「かつおの藁焼き
   たたき実演販売」を
   行います。

たたきイベント用-1

即売

たたきイベント用-3

たたきイベント用-4

たたきイベント

クロージング-1」

企画・ど久礼もんとしても
今年最後のイベント出店。
一年の感謝をこめて
美味いタタキを
造らせて頂きます~!!

たたきイベント用-2

12月23日(金・祝日)
四万十町(旧窪川庁舎跡)で
お待ちしております!!

師走の贈り物に嬉しい返信が

さぁ~いよいよ
久礼の暮れも後2週間。
泣いても笑う~ても
お正月はやってくる。

   そんなドタバタの
   師走の中で
   嬉しい嬉しい
   ご返信が届いてくる。

返信-1

返信-2

こんな送りの仕事の中で、
一番嬉しいのは
皆さまから返ってくる
こ~いった返信はがき。
なんやらまたまた
やる気が湧いてくるぜよ。
まっことありがとうございます。

ぱんふ-1

魚屋やら天ぷら屋
トコロテン屋たちと
久礼の大正町市場の
逸品を選んで集めて
送り始めてはや10年。

   こ~やって
   このブログに載せるのは
   初めてのよ~な気がするが、
   今日は嬉しまぎれに
   ドドンと載せてみまする~!

ぱんふ-2

ぱんふ-3

ぱんふ-9


ぱんふ-8

ぱんふ-7

ぱんふ-6

ぱんふ-5

ぱんふ-11

ぱんふ-10

今日のブログは
遠慮もせずにド~ンと
宣伝させてもらいました。
すみません!
まだまだ暮れの29日まで、
発送は
受け付けて頂いておりますので、
今度とも宜しくお願いいたします。

師走の海と久礼中学校50年誌

師走の海とは思えない
春の陽気に輝くよ~な
土佐の海が広がる。

安和の海-1

安和の海-3

まっこと
海ってのは何時見ても
え~もんですね~・・・。

   さてさて、
   そんな海を見て家に帰り、
   乱雑極まりない
   我が部屋を見渡し
   さぁ~て
   何処から手を付けるか
   暮れの大掃除・・・と、
   気が滅入っていると、
   一冊の本が。

50周年-1

見れば、
平成10年に
50年誌として発行された
今や早くも懐かしい記念誌。

記念し-1

   その
   記念誌の冒頭に
   町長はじめ
   歴代校長やら、
   PTA会長やら
   錚々たる顔ぶれが
   その記念誌の
   発刊に寄せて
   想いでやらを綴っている。

久礼中学校校歌

そんな
錚々たる人の中に、
お恥ずかしい限りじゃが、
自分もコメントを寄せている。
・・・つったら、
ちょいとカッコいいが、
そのタイトルが。
「劣等生代表」
バカタレで鳴らしたおいらにゃ
ま、
こんなもんじゃろ~。

   そんな、
   寄せ書きを
   一字一句を
   日記替わりの
   このブログに
   残しておこう。
   
記念し-2

  「劣等生代表」
 
 記念誌発行に寄せる思い出や
コメントを綴れと言われても、
この中学校の卒業生として
偉業を成し得た人ならばともかく、
はたして自分のような男が
顔を出していいものかどうか
戸惑ったが、ま、こんな
劣等生も中にはいたのかと、
笑って読んでくれれば
それでいいと思い愚編を
寄せることにした。

   さて、
   我々の頃は
   一つの敷地内に
   小学校中学校が
   二世帯同居。
   休み時間や
   放課後の運動場は
   小中入り乱れて
   生徒で溢れかえっていた。

そんな中で、
一際輝いて見えたのは、
真っ白いユニホームで
整然と隊列を組み、
カチャカチャザッザと
スパイクを鳴らし
掛け声をかけながら走る
久礼中学校の野球部に、

   カッコえいねやぁ~と憧れ
   中学校に上がるや即入部。
   ところが
   そのカッコよさとは裏腹に
   一年坊主はと言うと、
   現在小学校の下にある
   プールの付近で
   十メートル間隔で広がり、
   山の上にある
   運動場に向かって
   イクゼーッ!
   サッコーイッ!と
   大声でかけなければ
   いけないのである。

なぜなら、
時折山の上から
落ちてくるボールを拾い
大急ぎでかけ上がり
先輩が練習する所に
届けるのが役目だからだ。

   夏休みなどは最悪で、
   その横を連れ立って
   海や川に泳ぎに行く
   同級生や友達を見ては
   本当に羨ましく
   情けなかった。

そんな折、
茨木キャプテンが
自分達一年坊主を皆集め、
「先生から聞いたが、
お前らの成績はいったいなんなら」
とカミナリが落ち、
野球部員は文武両道であるべし。
技術体力はもとより、
一番大事な学業を
おろそかにしてはならないと、
一つの提案を出してきた。

   それは、
   その日から行われた
   すべてのテストを
   キャプテンに提出し、
   六十点以下はまず
   グランドに
   出てはならないとの通達。
   何時間かかっても
   そのテストをやり直し
   キャプテンに提出し
   六十点以上が出たら
   やっとグランドに
   出れるのである。

その日から
教室暮らしが始まったのは
周知の事実。
なんとも情けない
野球部員であったが、
その野球部も二年生に上がると
廃部となり、やっとこれで
自由に皆と遊べると喜ぶ暇もなく、

双名島空撮760

   お前のような奴を
   野放しにしておくと
   ろくな事がない、と
   無理やり先生方に
   相撲部に押し込められた。
   その相撲部の顧問が
   水野先生で、
   英語を教えていた。

ある日、
自分の教室で
教鞭を執っていた水野先生。
「オオッ三時半か、
川島あきよし、(はい!)
宿直室に鍋がある、
その中に金が入っているから、
大正町へ行って
ネギとトーフを買うてきなさい」
(先生時間中やけんど
かまんろか?)
「お前は居っても居らいでもかわらん
はよ、行ってコイ。」

   先生の許可で
   堂々と学校を出て
   お釣りをちょっと拝借して
   アメ玉しゃぶりながら、
   鍋を抱えて学校に
   帰ったものである。

船空撮-1

その放課後の練習が終わると、
宿直室にちょっと来いと呼ばれ、
なんの肉かもわからぬまま食った
すき焼きの旨さは
今でも鮮明に覚えている。

   思えば、
   劣等性が
   快適に通学できた
   愛すべき学校が
   その頃にはあった。

 ↓  

辛い朝とはまりもの

今朝も寒かったですね~。
早朝仕事の
途中じゃったけんど、
ちょいと一息入れに
浜に出てみた。

川けぶり

・・・と、言うのも
仕事場の窓から、
白々と明けてくる空を見ると、
雲一つない上天気じゃ~。
今朝はだるま朝陽が
観られるってんで、
午前7時、
大急ぎで何時もの浜へ。

かわけぶり-5

ところが残念、
沖の雲が厚くて
だるま朝陽は出ららった。

  しかし、
  久礼で言う
  「かぁ~けぶり」は、
  幽玄の世界のよ~に
  浜風にのって流れて行く。
  これもまった
  いいもんですね~。

それんしても
早朝のキンとした
寒さが心地よい。
・・・・と、言うのも
ちくと昨夜は
え~心持になって
年甲斐もなくホゲまくり
呑み過ぎてしも~たぜよ。

昨夜-3

sakuya--1.jpg

そんな時ににゃぁ~、
これがまっこと
美味いですね~。

ハマりもの-2

数日前、
たっぷり野菜で、
インスタントラーメンの
塩ラーメンを食ってから
突然はまりまくり、
ちゅ~ことで、
今日もやってみましたぞ~!

塩ラー

今回は
キャベツじったけんど、
次回はニラたっぷりで、
やってみよ~。

  しかし、
  インスタント
  ラーメンってのも
  美味いですね~。

そして夜は
近くのスーパーで買ってきた
久礼どれの「たたき」。

たたきスーパー

地元どれじゃけんど、
根付きのかつおなのか、
この時期にゃ珍しく
脂がのってませんね~。

   ま、
   それでも
   新鮮さは抜群。
   美味さも上々。

たたき0005

それんしても、
スーパーの棚に並べる
かつおのタタキは、
燻し焼きしたあと
キンキンに冷やした
冷水にザンっと浸けます。

   これは、
   いつお客さんが
   手にとってくれても
   焼き際が綺麗に
   際立って美しいからです。
   これは
   料理屋さんでも
   同じ工程で仕上げます。

際

その点、
大正町市場に
食べに来てくれた方や
かつおのタタキ体験に
来てくれた方などには
即食べていただけるので、
冷水に浸けたりしません。
焼きあがったまま
策を切るため
美しい仕上がりとはなりません。

やきぎり

冷水に浸けず
焼いたままですから
次第に身の中心部へ
熱が伝わって
切り身がぼやけていきます。

ですが、
即、食べて頂ける時などは、
藁の香りやほっこり感など、
この方法がなんと言っても
一番美味しい造りとなります。
これを地元では
「たたき」と言わず
「焼き切り」と呼びます。

   まず一度
   かつおの本場
   土佐の一本釣りのまちへ
   かつおの焼き切りを食べに
   きてみてください。

角トビウオと我が家の金魚

雨ですね~。
ま、時には雨も必要じゃけんど、
なんやら師走の雨はうすら寒い。

雨の外

そんなお外を覗いていると、
昼飯のおかずに、
刺身でも食ってみよ~と、
小降りに間を見て行ってみた。

コーロー01

ひやぁあ~、
こりゃぁ~鍋にしたいね~・・と、
生唾飲み込むコーローが。
またまた美味そう~な
天然のカンパチが。

かんぱち

すると、
忙しそうに
作業に没頭している
魚屋さんの手元を見ると、
これまった美味そう~な
「角トビ」が捌かれていた。

魚屋-1

トビ魚-3

この時期「角トビ」は
最高に美味いきね~。

  ちゅ~ても、
  解らない方もいますんで、
  ちょいとご説明いたしますと。

「角トビ」ってのは、
頭の四角い大型の
トビウオのことでございます。

トビウオ-1

角トビ-2

トビウオってのも
いろいろありまして
「ホントビウオ」
「ツクシトビウオ」
「ハマトビウオ」

  ホントビウオの断面は
  丸いのが特徴で、
  ハマトビウオの断面は
  角ばっていることから、
  別名
  「角トビ」とも呼ばれています。

角トビ-1

トビウオ-2

この時期のトビウオは
丸だろ~が
角だろ~が
俄然美味しさを増しますが、
なんちゅ~ても
美味しさで言えば
この「角トビ」が
一番でしょ~ね~。
  
そんな「トビウオの捌きをみて、
お家にかえると、
なんと、!金魚が
隅っこに固まって
ピクッとも皆動かない。

サーモ

ありゃ~・・・、
ど~したんじゃろ~?・・と、
水温計見てみると
10度を切っちゅ~!
あちゃぁ~こりゃぁ~大変、
サーモが壊れたよ~だ!
ってんで早速新しい
サーモを買ってきた。

  するとしばらくして
  元気~に
  泳ぎ始めたぜよ。
     ↓
https://youtu.be/bReWmWW-c2M

やっぱり、
魚も人間も
寒いと行動が鈍りますね~。
早くスカッとした
青空がみたいぞ~~!!い!


鮮やかなお手前

流石に師走、
なんやら町中が
ざわついてきましたね~。
そんな
大正町市場を覗いてみると、
月曜日にもかかわらず、
多くの買い物客の姿が・・・。

  そんな魚屋の店先で
  ちょいと
  鮮やかな手さばきの
  魚の捌きを見学。

ふぐ

「銀ブク(サバフグ)」が
見る間に鮮やかに
捌かれていく。
  
  流石は
  魚屋
  職人さんですね~。

フグ

鮮やか

こりゃ~なんぼか、
フグ鍋やりゃぁ~
美味かろ~!!

ふぐなべ-1

そして、
この暮れ用に
干物に捌く
「さごし(さわら)」。

さごし

見てくださいこの捌き
     ↓
https://youtu.be/OPBlQAVo1sI


いやいや、
魚屋の包丁は
切れますね~。

港町百景

2016年の師走も
いよいよ10日が過ぎました。
そんな日曜日の昼前
大正町市場へ行ってみると、
多くの観光客のお客さまが・・。

   嬉しいもんですね~。
   まっこと
   有難いことです。

そんな港町を
ちょいと一周してきました。

百景-7

百景-8

百景-6

百景-0

赤灯台周りを見れば、
釣り人も結構いるし、
続々とバスや乗用車
バイク軍団の訪れが、
港町ってのは
なんやら動きがあって
好いもんですね~。

バイク-3

バイク-1

バイク-2

海辺

百景-3

百景-4

八幡宮前の浜へ
バスや車を停めて、
何時でも誰でも昇れる
津波非難タワー(純平タワー)の
スロープを昇りしばし海を眺め、
そのまま大正町市場へ続く
避難通路を渡って
多くのお客さまが
利用してくれている。

タワー-2

タワー-1

市場へ

そんな港町を
一望してみよ~と、
久礼中学校へ上がってみた。

給水塔

町-1

町-2

百景-1

「港町百景」

日本で初めて
「重要文化的景観」として
認定して頂いた浜の町並を
今度暇な時
撮ってみよ~・・・。

百景-2

2016年12月11日
日曜日の久礼の町並。

師走の追いこみ

さぁ~師走も
三分の一が終わったぁ~、
  気が急いてきますね~。

昨夜はお隣町へ
忘年会に行く途中。
川端のイルミネーションが
あんまし綺麗じゃったんで、
ちょいと止めてもろ~て
嬉しがりのよ~に
撮ってみたぜよ。

昨夜-2

昨夜

  2時間半ほどして
  帰ってきたら
  店は大盛り上がりで、
  思わず
  早朝仕事のことも忘れ
  ガッツリ呑んでしも~た。

そんなこともあって、
ちょいと今朝は
布団から抜けだすのに
辛かったね~。

   それでも、
   あたしゃぁ~、
   仕事となったら
   やる時ゃ~
   やるんです!
   (エヘン”!!)

かつおの生姜煮-準備

一鍋に投入する
かつおも生姜も
半端じゃない。

かつおの生姜完成-2

二日酔いだの
眠たいだの言ってらんね~!

  夏場は辛かった
  作業場も、
  冬場は、
  作業場の方が
  高温の熱と湯気で、
  暖かくってよ~離れん。

やっとこ完成、
何時ものよ~に
まんず試食してみるが、
これまった美味いうえに
身体がぽかぽか温まってくる。
流石に四万十川
源流域産の生姜じゃね~。

かつおの生姜煮-アップ

これを、
温っかい飯の上に
のってけて食やぁ~、
冬時期にゃバッチシの
保温食。

かつおの生姜煮-アップ-2
かつおの生姜煮製品-1

一段落して
これまた
何時もの浜にでてみると、
凛々とした朝日の立ち上がり。

夜明けの頃-2

おらぁ~やっぱり、
イルミネーションより
この光景が好きじゃね~。



  

師走の家呑みは鍋に焼き魚

今朝
早朝仕事を
ちょい抜けだして
何時もの八幡宮前の
パワースポットに
朝日を拝みに行ってみた。

  6時59分、
  南の空が
  明からんできたが、
  沖の雲が厚く
  ダルマ朝日は
  今朝も駄目じゃった。

夜明けの頃-1

風も無く、
海は鏡のよ~に
さざ波さえない。
見る間に
朝日が昇って行く。

夜明けの頃-2

だるま朝日にゃ
なららったとしても、
やっぱり朝日はえ~ですね~。
なんやらパワーが満ちてくる。

   そんな
   この久礼の沖にゃ
   この師走の
   寒さをものともせず、
   かつお船も出ているが、
   昼過ぎごろ
   帰って来る
   銀ふぐの漁が
   楽しみでもある。

銀ふぐアップ

又川

亭主の釣ってきた
銀ふぐを
漁師のおかぁ~ちゃんが
即捌いて
鍋用にしてくれる。

銀ふぐ4匹

この鍋が
この時期にゃ~
めっちゃ美味いぜよ。

なべ

そして、
「白干し」やら「味醂干し」
これを焼きながら
一杯やりゃぁ~、
至福の師走ってもんぜよ。

干物

明日もなんとか
お天気はいいよ~だ、
かつおもフグ漁も
好調であってくれと
朝日に拝む。

昨夜のTV放送で

今日の大正町市場は
各店舗が水曜の
休みが多く
一日中閑散としていた。・・・が、
昨夜のTV放送で
「銀ふく」の紹介があったお陰で、
鍋用や干物が
早々に無くなる事態に。

食い御

TVの影響は
やっぱり大きいですね~。
またこの銀ふくの
白干しや味醂干しが
まっこと美味そうに並んでました。

しらぼし

味醂干し

そして、
鍋と言えば
久礼で言う大きな
「コーロー(イシダイ)」も
揚がっていた。

濃ーロー

かつおは小型のものが多く、
値段もお手頃価格。
しかしその身は
見るからに美味そ~でした。

かつお小型

かつお亀

そんな今日の久礼の
企画・ど久礼もんへ、
毎年研修に来てくれる。
宮口先生率いる
早稲田の大学院生たち。

わせ-1

一時間ほど
ぜよぴあの研修室で、
「かつお」にまつわる話などしたあと、
市場食堂・ど久礼もんで、
美味い美味いと
飯食っていってくれた。

わせ-213

わせ-2

kaisenn.jpg

かつおどん

かいせん-2

今度一緒に
一杯やりましょ~と、
宮口先生とも別れたが
「銀ふぐ」の鍋でもやりゃぁ~
最高でしたがね~。


サバフグの鍋とラーメン

昨夜のTVで、
大正町市場で
「銀ふぐ」を売っている
友人漁師の嫁はんが
登場してましたね~。

漁師の嫁r

シンコを追ったり
太刀魚を獲ったり
はたまたトビウオを釣ったり・・と、
その時期々に漁を替えて
釣ってきた獲物を
嫁はんが大正町市場で
自家船売りしている。

   この12月は
   何時ものよ~に
   「銀ふく」をその場で捌き
   鍋用に切ってくれるし、
   その銀ふくの干物も
   まぁ~た美味い。

銀ふぐ760

「銀ふく」っちゅ~ても
その呼び名は土佐流で
学名はちゅ~と
「シロサバフグ」が本名。

  無毒で身はもとより
  皮やら精巣まで
  鍋などにして食べる。

きん760

nabe.jpg

これがまった
美味いのなんの・・・。

さばふぐ

そしてその干物も
炙って食えば
酒の肴にゃめちゃ美味い!

さばふぐ-4

そんな美味いものの
オンパレードのこの12月。
鍋やら干物を焼いて
食いたいのは山々じゃけんど、
なんだかんだと野暮用で
昼飯はラーメンばっか!

ら-mrん-2

ら-めん-1

ラーメンちゃいな

そんな
いろんな店で食ってきた
ラーメンじゃけんど、
昨日は食いに行く暇がなく、
家で「塩ラーメン」を
作って食ってみた。

  いやぁ~~、
  これも
  実に美味いね~。

塩ラーメン

ラーメン屋さんで食うのと
甲乙つけがたい
美味さじゃったぜよ。
  
そんな
なんだかんだの日々の中、
この慌ただしい月に
船の「免許証」の更新日が。

免許

孫らぁ~を乗せて
随分楽しませてもろ~た
ヨットも。

孫たちと

孫ヨット

とうとう
足腰が痛くなり、
(・・・・と言うよりは
 時化や台風時の
 煩わしさに根を上げ)
乗ってみたいと言う方に
美帆凛Ⅱを
あげてしも~たのが本音。

美ぽ凛2

ちょいちょい
沖に出る時も
友人の船に
便乗させてもらいゆ~き、
も~小型船舶の
免許はいらんと思いよったけんど、
流すにゃもったいないと欲が出て
つい更新してしも~た
今日この頃。

土佐の一本釣り

師走12月、
毎年恒例である
我らが大将の石像
故「青柳裕介像」周りを
家族やら弟子やら
ゆかりの者が集まり
大掃除にやってくる。

青柳ファミリー

掃除が終わり、
これまた恒例の昼飯会。
今年は、
市場食堂・ど久礼もんから、
前に完成した休み処
「ぜよぴあ」へ運んでもらい、
大正町市場の魚ふくめ
いろいろと海の幸を
楽しんでもらった。

食事

「海鮮どんぶり」
「かつおどんぶり」
「焼きラーうどん」
「なぶらスープカレー」
「漁師のぶっかけどん」
などなど・・・・。

焼きら-004

スープカレー002

kare-003.jpg

ていくあうと003

これまた恒例の
青柳大将との
めちゃおもろかった頃の
思い出を語りあっては大笑い。

酒の

絵葉書-1

あの頃は
皆~んなまだまだ若かった。
とにかく箸が転んでも
面白可笑しい
時代じゃったね~・・・。

   「ほろ酔いコンサート」で、
   ステージの上に
   一升瓶を持ち込んで、
   呑んでは歌い
   歌っては呑んで、

さんざ打ち上げでも
呑んだ明くる日も
まぁ~た昼から
酒盛りをやったもんじゃった。 

   青柳の大将はもとより、
   お登紀さんも
   おいらも若かったもんじゃ!

ほろ酔い
  
石像-01

そんな思い出
語りながら
何時ものよ~に
石像周りももぴっかぴか。

供養碑001

万感の思い

そんな
青柳大将のヒット作
「土佐の一本釣り」の映画、
第二作目が封切られる。

    「1作目」

ポスター一本釣り

    「2作目」

二作目

二作目裏

まずはこの12月25日
東京からロードショウ
スタートじゃと言う。

ッぽん釣りの町

そんな話に花が咲き
皆で師走の大笑いをすまし、
   「また来年、
   よいお年を~」・・・と、
   帰っていった。

そんな皆を見送り
一段落していると、

  おお~~!!
  「神ってる」の国から
  お友達がぁ~!

カープ

そして・・、
広島の美味い酒を。

  美味い酒・・・?って、
  間違いなく土佐人に
  合う酒なのでございます。

なんちゅ~てもこれまで、
土佐の酒蔵の銘酒を
生み出してきた杜氏は
みな広島から来た杜氏が
酒を仕込んで
いるのでございますから。

樺さん

それも「祝酒」
広島カープ優勝おめでと~!
そして
流行語大賞
「神ってる」おめでと~!!

【柿食えば 師走の空は 青一色】

師走に入り
慌ただしさを余所に
土佐のお空は快晴の青

みなと-2

「お~い、柿食うかぁ~」・・と、
友人が持ってきてくれたんで、
「おお~!おおきにおおきに、
柿ゃ~大好きやぁ~」・・・と言うと、
どんどこどんどこ我が家に柿が・・・。

柿5

柿-大量

「柿が色づけば医者いらず」・・・と、
昔から言われてきた食いもの。
とにかくその効用は
   高血圧 夜尿症 やけど 
   かぶれ しもやけ 風邪
   二日酔い 痔 虫さされ
   などなど・・・・~、
まだまだその効用は
多く語られてきたけんど、
なんちゅ~ても
我ら酒飲みににゃ
ジブオールとかタンニンとか
なかなか身体を整えてくれる
嬉しい食いんでもある。
     酒飲みにゃ~
     もってこいの
     食いもんじゃ。

柿-1

さてさて、
師走に入り
ちっくと
活況に入ってきた
「ふるさと納税」サイトを、
編集するために
中土佐の町をうろついてきた。

なかとさなかま-2-1

みなと-1

昔から、
影浦とも呼ばれて
冬には一日中日の当らない
場所ではあるが、
その日陰の崖に
なんとも可愛らしく
ノジギクが咲いていた。

みなと-3

みなと-4

そんな影浦を離れ、
あっちうろうろ
こっちうろうろ・・・。

島

お天気-8

お天気-6

お天気-7

お天気-5

お天気-4

お天気-3

お天気-1

島

いいところですね~。
自然豊かで温暖で
なんとも暮らしやすい
ふるさとでございます。

   そんな
   中土佐の
   町めぐりをしていると、
   今や廃校となり
   子供の声も
   聴けなくなった
   笹場小学校をみて
   なんやらちょいと
   メローな気分に。

しかし・・・・。

銀杏-6

樹齢600年とも
800年とも言われている
笹場の大銀杏は
威風堂々と
葉を染めながら立っていた。

銀杏-5

銀杏-4

老齢の樹木で
台風や季節風に晒され
高さは少し低くなったが、
   樹木の
   お医者さんたちの
   温かな看護で   
   今は
   しっかり
   小枝を増やして
   頑張って立っている。

大銀杏

銀杏-3

銀杏-2

朽ち果てれば
二度と元に戻らない
この中土佐の自然を
若い人らぁ~に悟し
これからも見守り
つづけていかにゃぁ~
いかんろ~ね~。

いよいよ師走でございます!

「師走」
なんやら
この声を聴いただけで、
せかせかあたふた・・と、
忙しい思いになってきますね~。

   さてさて、
   そんな師走と言えば
   なんちゅ~ても
   忘年会。

大人数での大忘年会もあれば
仲間内の小忘年会もございます。
そんな師走の忘年会に
無くてはならないのが
「鍋」でございますが、

   久礼の漁師家庭で
   と~んと昔より
   密か~に食ってきた
   隠し鍋。

【うつぼのすき焼き】
      ↓
http://shop.dokuremon.com/?pid=75387123
   ・・のご紹介でございます。

うつぼのすき焼き760-2

「4人前」を1セットにして、
お鍋さえ構えて頂ければ、
すぐ鍋パティーができる。

   骨なしうつぼ300g×2パック
   特製割り下(ストレート)1本
   地元豆腐
   田舎こんにゃく
   ニンニク葉など
   地元野菜4種

ご家庭に直送いたします。

うつぼのすき焼き760-1

その恐ろしげな面構えから、
ちょいと一般的には
敬遠されがちでしたが、
身は淡白なうえに滋養強壮
なにより
コラーゲンの豊富さに、
一気に女性ファンの
心をつかんだ
「うつぼ」。

うつぼのすき焼き760-11

うつぼのすき焼き760-15

うつぼのすき焼き760-12

これまで、
数々のTV番組にも
取り上げて頂きましたが、
「なんで今まで
こんなに美味しいものが
広まらなかったんでしょ~」・・と、
食べた方から必ずでるその美味しさ。

   あの美人アナも
   この通りでございます。

うつぼのすき焼き760-3

うつぼのすき焼き760-4

うつぼのすき焼き760-9

この師走の
忙しさと寒さを吹き飛ばす
プリップリの
「うつぼのすき焼き」を
ガッツリ食べると、
みん~なこんなお顔に
なるのでございます。

うつぼのすき焼き760-6

うつぼのすき焼き760-7

うつぼのすき焼き760-8

うつぼのすき焼き760-5

鍋さえあれば
即、鍋パーティー!
仲間内の忘年会には
ぴったりの4人前!
   
    ご用命は
      ↓
http://shop.dokuremon.com/?pid=75387123
---------------------------------
うつぼのすき焼き760-10

さぁ~いよいよ12月、
今年の〆括りは、
ガッツで乗り切って

ハッピーな
新年を迎えましょ~やぁ~!

 ↓

この時期の美味いもん

この二三日、
めっきり寒さが
厳しくなってきましたね~。

かつお縫いぐるみ―1本

久礼の
大型かつお一本釣り漁船は
更に漁期終了して
来季の準備に入ってますが、

  小型かつお船団は、
  まだまだ土佐沖で
  頑張って操業している。

魚体も
超~大物かと思えば、
2キロ足らずの
小物のかつおも
「なぶら・魚群」によって
水揚げも様々な状況。

かつお籠

そんな
今日も水揚げのあった
大正町市場へ行ってみると、
この市場の「看板」でもある
かつおだけじゃなく、
この時期の美味いもんが
棚に並んでましたね~。

ぶく

一本釣りの「うるめ」も
脂がのりすぎて
カチンと固まらず
一級品になれない
「ぶくウルメ」も並んでました。

またこの時期
七輪の炭火で焼きながら
日本酒を呑るにゃぁ~、
もってこいのフグの干物も。

   またまた、
   うつぼの
   たたきってのも
   日本酒にゃ
   かかせませんね~。

そして
寒くなってきた
今どきのアジの刺身

ふぐひらき

うつぼ

開き銀

アジノ刺身

そして
鍋用の魚も。

サバフグ

そんななか、
お土産に適している
市場の加工品としては、
なんちゅ~ても
この「カラヤン」

  かつおの焼き節を
  細かく刻み
  地元産の味噌で
  焼きあげた
  焼き味噌「カラヤン」

カラヤン出荷前

からやん

黒潮本陣に
お泊りになったお客さま方が、
土佐に来たお土産に・・・・と、
大好評を頂いております。

  もっぱら、
  青ラベルの
  スタンダード版が
  一番売れてますが、
  ちょいと
  酒好きには
  たまらないのが
  赤ラベルの
  「激辛カラヤン」

カラヤン三個

なんちゅ~ても
酒飲んだあとの〆として
お茶漬けに
最高でございます。

カラヤン茶漬け

・・・・・と、
おもわず我が社の
優等生商品を
お勧めした今日のブログ。

師走前の
高揚時期と
お許しのほどを。

け嵐の朝

久礼では
「け嵐」のことを
「かぁ~けぶり」と呼ぶ。

朝-2

午前6時50分、
やっとこ南の空が
明るくなって日の昇る気配が。

朝-6

港町の朝は早い、
伊勢海老のタテ網漁の船か?、
すでに一仕事終えて
何隻かの船が
港に向かって帰港してくる。

朝-4

そんな漁船の背景が、
ひと際明るくなって
お日さまが昇りはじめた。

朝-1

朝-5

今朝も、
沖の雲がかぶって
ダルマ朝日は見えなかったが、
キンと冷えたこれからの朝には、
幽玄な「かぁ~けぶり」が見られる。

   海面から立ち上る
   水蒸気が、
   陸上からの
   冷たい空気に触れて
   発生する霧。

普通「け嵐」と言われるが、
昔の久礼の爺さんたちは
「かぁ~けぶり」
呼んでいた。

朝-8

その「かぁ~けぶり」の
向こうに立ちあがる
煌々たる朝日を見ると、
なんでか知らん、
パワーが満ちて来る。

  テトラポットに並ぶ
  カラスや鳶たちも
  羽を広げて
  朝日をいっぱい
  待ちかまえて受けている。

asahi.jpg

なぜか・・・朝日には
不思議なパワーが
秘められている。
さぁ~今日も、
頑張ってみべぇ~か!

中土佐まるごと市ご来場ありがとうございました。

前夜祭を含めて三っ日間、
高知中央公園を
中土佐色に染めて開催された、
「中土佐まるごと市」
ご来場誠にありがとうございました。

ありがとうございました

イベント-6

その三日間、
照ったり曇ったり雨になったり、
不変なお天気のなかでしたが、
多くのお客さまに
来て頂きました事、
まっこと感謝でございます。

  そしてまた、
  我々ブースへの
  「かつおの生姜煮
  ぶっかけどんぶり」を
  お買い求め頂きました
  多くの方々に
  改めて御礼申しあげます。
  ありがとうございました。

イベント-4

イベント-2

かつお生姜煮イベント用

一度食べて頂いた方が、
「美味しかったぁ~!」・・と、
「かつおの生姜煮」の
瓶詰め商品を改めて
買いに来てくれたことが、
なんと言っても
嬉しかったことでございます。

イベント-1

イベント瓶

かつお生姜煮―0―三個

中土佐町
商工会青年部の皆も、
この三日間、
まっことお疲れさんでした。
損得抜きでこ~やって
町を盛り上げよ~とする心は
必ず今後の善い方向に
向かう事は
間違いないと思うぜよ。

  ご苦労さんでした。

イベント-15

またお手伝いに参加してくれた、
大学生のみなさん、
まっことありがとうございました。

イベント-23

そしてなにより、
仕事の合間を縫って
来てくれた皆さんや
最終日の雨の中、
会場に
足を運んで頂きました皆さん
感謝・感謝でございます。

イベント-5

イベント-16

イベント-24

イベント-13

イベント-25

イベント-9

イベント-8

イベント-7

イベント-17

イベント-10

イベント-11

イベント-14

イベント-19

途中、
近くのホテルで
友人の息子のおめでたい
結婚披露宴があり、
ちょいと抜けましたが、
開場を盛り上げてくれた
多くのプレーヤー方々
まっことありがとうございました。

近森

そしてまた、
会場を華やいだ空気に
してくれた皆さん、
ご苦労さまでございました。

イベント-20

イベント-21

イベント-22

760-2.jpg

ご来場ありがとうございました。
またの機会を
中土佐町でお待ちしております。
そして関係者の方々、
まことにお疲れ様でございました。

中土佐まるごと市

高知中央公園は、
中土佐町になる!!

760-2.jpg

昨日の
RKC高知放送の中で
ちょいと
お知らせしましたよ~に、
11月
25日(金)
26日(土)
27日(日)
【中土佐町まるごと市】が
開催されますぞ~!!

760-1.jpg

760-3.jpg

我々
企画・ど久礼もんは
25日の前夜祭は
準備を含めて
ちょいと出れませんが、
26日・27日は
ガッツリ商売しますんで
ぜっひ
お出でてくださいよ~!

生姜煮0002

久礼の漁師町で、
昔っから食ってきた
港町のソウルフード。

  かつおの生姜煮
  「ぶっかけどんぶり」
  ・・で、出店でございます。

しょうあがに

好評頂いている
「商品」も構えて
販売いたしますので
宜しくお願いいたします~。


戻りかつおや有機野菜

初冬となって、
戻りかつおが
順調に揚がり始めました。

戻りかつお

魚体もなかなか
大物が増えてきましたね~。

節」

かつお田中

そんな背景もあって、
お陰で中土佐町の
「ふるさと納税」出荷も
     ↓
http://www.furusato-tax.jp/japan/prefecture/39401
だんだん
活況を帯びてきました。

納税

そしてまた、
納税頂いた方に、
「返礼品」はもとより、
合わせて
中土佐町は
こんな取り組みもしております。

自然と共生

清岡

坂井

そんな「返礼品」のなか、
好調に
出荷が続いていますのが、
有機野菜の詰め合わせ。
     ↓
http://www.furusato-tax.jp/japan/prefecture/39401

海・山・川の自然に恵まれ
温暖な気候のなか、
中土佐だからできる
取り組みを
これからもアピールしていきます。

有機野菜

午後からはちょいと
お天気が
不安定になりましたが、
午前中には
そんな中土佐町に、
昨日新聞に
載ったこともあってか、
多くの自転車乗りの姿が
町のあちこちに観受けられた。
まっこと効果大でございます。

サイクル

初冬-1

そのポタリングっちゅ~か?、
サイクリングっちゅ~のか?、
本格的なバイクで来る人を含め、
出発の起点か
到着の場所なのか
何時もの八幡宮前の
パワースポット前には
自転車軍団が群れていた。

  その
  パワースポット前には、
  この春から
  奥四万十博の
  ご案内をこめて、
  こんな車が常駐してます。
  立ち寄ってみてください。

サテライト

サテライト-2

パンフ

マップ

町歩きマップなど
配布しておりますので、
詳しい
町案内をしてくれますぞ~。

食欲の秋に中央公園へ


初冬だと言うのに、
今日は随分暖かいですね~。

   そんな
   小春日和の
   土佐ですが、  
   東北では
   また地震が、
   津波の注意報も
   出てましたが、
   何事も
   被害の無い事を
   祈るのみ。
   
初冬となって、
すっかり朝日の出も、
南から立ち上がり
西へと入って行き出した。

夜明け-001」

早朝仕事も一段落して
何時もの喫茶店で
モーニング。
  いやぁ~、
  流石に食欲の秋
  食うものみな美味い!

ぱん

さらだ

お茶

お家に帰り着いて
一息入れて
またまた柿を食う。
むむ~・・・・、
美味い!

柿5

柿-1

さてさて、
今日の新聞を見てみると、
高知県の
サイクリングコースが、
43カ所も
制定されましたね~。

さいくりんぐ

さいくりんぐ-2

たまたま、
久礼のコースを
取り上げてくれてますが、

  何時も
  原チャリで、
  散歩にでるコース。
  こんど、 
  自転車で
  散歩してみます。

そんな今日の
新聞にも取上げてもろ~た
中土佐町ですが、
この週末から
高知市内の中央公園へ、
どんと押し寄せて
「中土佐まるごと市」

まるごと市-01

我々、
企画・ど久礼もんは
26日(土)
27日(日)の両日
中央公園へ参戦いたします。

   出し物は、
   岡山県の
   玉野市でのイベントで、
   賞を頂いた
   ど久礼もん
   とっておきの
   
かつおの生姜煮
「漁師のぶっかけ丼」で
出店いたします。
皆さまのお越しを
お待ちしております~!!

かつお生姜煮造り

かつお生姜煮ぶっかけどん―

ぶっかけ看板おきゃく

上の看板目指して
来てくだされ~~!!

「久礼の門前市」ご来場ありがとうございました。

冬の門前市
ご来場誠に
ありがとうございましたぁ~!

かんばん-

  高知市の中央公園での
  新たな11月末のイベント
      ↓
  https://www.facebook.com/nakatosa/?fref=ts  
  に向けて
  例年より
  ちょいと早く開催された
  「冬の門前市」

門前市-011

紅葉も見ごろの
最後の日曜日
そしてまた各地、
あっちもこっちも
イベントだらけの
中での開催で、
例年ほどの
人出はありませんでしたが、
それでも一日町中は
賑わいに湧いておりました。

焼きラー-04

焼きラー-07

焼きら-05

我々「企画・ど久礼もん」は、
例年のごとく、
市場食堂・ど久礼もん前で
テイクアウトの
「焼きラーうどん」販売!

焼きら-03

初めて食べると寄ってくれた人、
待ってましたと来てくれた人。

   販売目標には
   ちょいと
   届かなかったものの、
   なんとか多くの方に
   買って頂きました。

なんと言っても、
「初めて食べます」・・と、 
休み処のぜよぴあで食べてくれ、 
追加で買って帰って行ってくれる
お客さまが大勢いたことが、
何よりも嬉しかったことです。
皆さんありがとうございました。

焼きらー-08

焼きラー-06

焼きら-00

焼きら-02

焼きラー-01

そしてまた、
訪ねて来てくれた
「おともだち」 たち、
感謝・感謝でございます。

焼きらー-09

焼きラー-010

さぁ~
来週はいよいよ、
高知の中央公園が
中土佐町色に染まる!

   我々
   「企画・ど久礼もん」は、
   久礼の漁師町の
   ソウルフード
   かつおの生姜煮
   【漁師のぶっかけどんぶり】で
   出店でございます。

ぶっかけ

かつお生姜煮ぶっかけどん―
是非久礼の
ソウルフードを
味わいに来てください~!


明日の門前市に

雨も上がったよ~じゃ!
明日の「門前市」は
上々のお天気に
なりそ~じゃね~。
まっこと
感謝感謝でございます。

門前市消火栓

11月の初冬とはいえ、
今朝も「かつお」は
順調に揚がってました。
これまた
感謝感謝でございます。

_2.jpg

かつお-002

それがまった、
この時期特有の
脂ものり始めて
まっこと美味そうな
捌きにの節々。

かつおわり-1

鮮度バリバリの
久礼どれかつおを
まずは刺身で
  ほてからに
  ニンニク挟んで
  たたきで食やぁ~、
絵も言われぬ美味さに
感謝感謝でございます。

刺身かつお

たたきニンニク

そんな「鰹乃國」の
中土佐町久礼で
明日の20日は
冬の門前市が開催されます。
われら企画・ど久礼もんは、
大正町市場前の
「市場食堂・ど久礼もん」前で、
かつおのラー油を使った
「焼きラーうどん」を販売します。
テイクアウトで¥350円

じゃんじゃん

焼きら-目玉

昨夜帰ってきた
ばっかじゃけんど、
しんどいじゃの疲れたじゃの
言ってらんね~!

夜景

今朝はさっそく
「焼きラーうどん」用の
ソース作りも完了、
味見もばっちし!
最高のできじゃぁ~!!

ソース

キャベツ

なんだかんだと
イベントやら祭りやら
大勢来てくれる
皆さまに、まずは
感謝感謝でございます。

奥四万十温泉郷~黒潮本陣

奥四万十温泉郷の一つである、
四万十源流・鰹乃國として
素晴らしい映像を
さんさんTVさんが
放送してくれたぜよ。
まっことありがとうございます。

   その紹介を
   四万十川
   源流域で暮らす
   大野見の友人が
   今まさに紅葉
   真っ盛りの
   大野見・島の川を
   案内をしていた。

ひで

ヘタなコメントを添えるより、
まずは
山あり、川あり、海ありの
自然豊かな中土佐町を
観て頂きましょう~。

温泉郷

紅葉-10

手

紅葉-9

紅葉-12

潮湯

紅葉-13

紅葉-11

紅葉-3

紅葉-7

紅葉-4

紅葉-5

紅葉-6

紅葉-1

紅葉-2

四万十川源流域の
中土佐町大野見
その美しい紅葉で
この頃多くの人が
歩いてくれ出した
「島の川」を散策して

   「黒潮本陣」の
   潮湯に
   湯ったぁ~り
   浸かるってのも
   深まる秋の
   贅沢でございます。

鰹が揚がったぁ~!門前市も近い!

さぁ~11月も後半、
毎年恒例の「冬の門前市」ご案内!

焼きら―門前市

春以降、
各地のイベントに
「かつおの藁焼きタタキ」を・・
との要請を多く承り、
しばらく「焼きラーうどん」の
出店をしてませんでしたが、
やっぱりこの時期は、
熱々の「焼きラーうどん」が
恋しい時期の到来。

門前市清岡

大正市場前の
ど久礼もん食堂前に
出店いたしまする~!!
テイクアウト用
1パック「350円」でございます。
皆さんお待ちしてます~!

焼きら-

【冬の門前市】
11月20日
皆さまのお越しを
お待ちしております~!!

門前市集合

【鍋】用の
銀ふぐも揚がり
はじめたぜよ~!

あみやさん

さてさて・・・、
久礼と言えば
「鰹乃國」。

   かつお漁も不漁続きで
   ちくと勢いが
   薄らいでいましたが、
   今朝方は、
   水揚げ市場に
   ドド~ンと
   地元かつおの
   水揚げがありましたぁ~!

かつおの

そんな「かつお」を
漁師仲間に頂いたんで、
早速昼飯に捌いて
食ってみたぁ~!

かつおの-2

たたきの-2

嘘も隠しもなく
むちゃ旨やったぜよ!

幸せの鍋・・と、お爺の願い。

今夜も
大好きな鍋じゃったぁ~!

なべ-12

とにかく
どんな鍋でもかまわん、
毎晩でもOKぜよ!!

ねべ-1

なんか、
「鍋」っちゅ~ただけで、
幸せ~な気分になれる。

   子供の頃
   酒飲みの爺さんが、
   「今夜は
   鶏のすき焼きでも
   やるか・・・」
   ちゅ~のを聴いたら、
   嬉れしゅ~て
   嬉れしゅ~て、
   河原へ
   鶏絞りに行くのを
   大喜びで
   着いていった
   もんじゃった。

大喜びと言えば、
大阪で暮らす娘一家の
メッセンジャーでの
画像付きの便り。
お爺はまっこと有頂天。

さかい

今夜は孫の
開会式の写真を
送って来てくれた。

  なんとか
  高校まで
  この野球を
  続けてくれたらね~・・
  お爺い馬鹿全開で、
  鉢巻きもんで
  応援に
  馳せ参じる構え!

まご-3

まご-1

「流石に
5年生にもなると
ちくと面構えが
よ~なってきたよ!」・・と、

  これも
  お爺馬鹿の
  お喜びってもんかよ。

龍馬2016-10-2

そんな昨夜は、
孫の投げる
野球のボールにも見えた
スーパームーンじゃったぜよ。

。つき-2

つき

そんな孫たちに
も~すぐ逢える!
帰省してくる
お正月までひと月半。

遠来より友来る・ゴスペルコンサート

昨夜は、
山口県から
愛媛県から
旧知の
友人らぁ~が来てくれて、
思わず嬉しゅ~なって
飲んでしも~たぜよ。

昨夜-2

昨夜-1

新婚の二人も
なんやらほんわか
幸せそ~でよかったぜよ。

昨夜-3

たまたま
飲みに来てくれた
地元のもんらぁ~とも
仲良~くなって
盛り上がってくれた!

昨夜-6

昨夜-4

昨夜-5

さてさて・・・、
いよいよ11月も半ば、
なにかと年末にかけて
催しものがあるけんど、

  これもまた、
  旧知の友人らぁ~の
  ゴスペルグループ、

  アノインテッド・
  マス・クワイヤが、
  県民文化ホールの
  オレンジホールで、
  恒例の
  Xmasコンサートを
  開演するぜよ。

ごすぺる-2

ごすぺる-002

「ゴスペル」
心のままに
感情のままに
天に向かって歌う
その透明な歌声は
聴くもの皆の心を
揺さぶってくれる。
楽しみですね~。

鍋の季節到来


流石に
11月も半ば近くになると
朝晩はめっきり
寒くなってきましたね~。

なべ-1

こ~なりますと、
鍋好きにゃたまらない
季節到来でございます。

   なんの鍋かって・・?、
   鍋ならなんでも
   いいんです。

   「おでん」
   「ちゃんこ」
   「すき焼き」
   「水炊き」
   「湯豆腐」
   「豚しゃぶ」
   「よせ鍋」
   「キムチ鍋」
   「鶏鍋」
   「海鮮鍋」
   「うどんすき」

あぁ・・・、
鍋好きにゃ
たまりませんね~。

   ちゅ~ことで、
   昨夜はこんなんで、
   鍋を
   やってみましたぞ~!

なべ-3

なべ-4

なべ-5

なべ-2

なべ-6

大根卸して
青ネギを散し、
これに
スキッと系のポン酢か、
ちょいと甘めの
馬路村の
柚子ポン酢を垂らして
七味唐辛子をまぶしゃ~
言うこと無しでございます。

なべ-7

   そしてなにより、
   今はまっている
   レタス。
   これは
   必須でございます。

なべ-8

ところが、ちょいと
レタスのお値段が
高くなってきましたね~。

   せっかくこれから
   鍋の季節だってのに、
   
そ~だ、
今日あたり、
大正町市場へ行けば、
鍋用の「銀フグ」が、
出回りはじめたよ~じゃ!

   これがまった、
   今どきの鍋にゃ
   チャンピオン!
   最高の具材じゃね~。

銀-1

フグなべ

いやはや、
なんとも「鍋」ってのは、
幸せ~な気分に
させてくれるもんです。
   

読者プレゼントと久礼浜の朝

久礼浜の夜明け

朝陽の浜-1

昨日の雨も上がって
今朝の夜明けは
まぁ~た一段と美しかった。

   今朝も
   早朝から
   「しょうがの恋」造り。
   午前6時ごろになって
   やっとこお空が
   白みはじめたぜよ。

生姜の恋と朝陽

何時ものよ~に、
ちょいと休憩・・・で、
浜に出て一服。
ちくと寒いけんど、
空気が凛として心地よい。

朝陽の浜-2

朝陽の立ち上がり
沈みゆく夕陽。

   どちゃらも
   大好きな
   憧憬じゃけんど、
   
   落ちていく
   夕陽はなんやら
   これまでを思い返し
   人生を振り返る
   ちょいとメランコリーな
   自然の情景で、

   朝陽の立ち上がりは
   純粋に
   夢とか羨望とか
   新しいページを刻む
   湧きあがる勇気を
   貰える情景でもあるね~。

どっちかって言やぁ~、
おらぁ~やっぱり、
朝陽の立ち上がりが
好きじゃね~。

朝陽の浜-3

朝陽の浜-4

   そんな浜で
   ぼ~っと上がっていく
   朝陽を眺め
   煙草を一服して
   まぁ~たお仕事再開・・。

さてさて・・、
そんな商品造りの
お仕事の中で、
「読者プレゼント」がぁ~!

プレゼント

アンケート

ちょいと
アンケートに答えてくれて、
郵送でもFAXでも
そのまんま、お近くの
商工会まで
提出して頂ければ、
幸いでございます。

商工連

高知県内の
何処の商工会にも
この冊子は
置いてありますので、
アンケート宜しく
お願いします~!

土佐の一本釣り・大型船漁期終了

2月末に出港していった、
土佐の一本釣り
久礼の大型漁船が
本年度の漁期終了して
故郷の港に帰ってきた。

漁期終了-1

約9カ月、
やっと故郷の港に
舫いをとった時の安ど感は、
海を生業とする者にとって、
なんとも言えない
安らぎを覚えるものだ。

もやい

漁期終了-2

来年春の出港まで、
ドック入りして、
風雨に耐えてきた
傷みの修理やら
船体の化粧直しやら、
つかの間の休息にはいる。

漁期終了-4

しかし、
この土佐沖を
テリトリーとする小型漁船は
飛沫も寒くなってくる
この年末いっぱいまで、
まだまだ漁期が続いていく。
まっこと
ご苦労さんでございます。

  そんな
  この土佐久礼を
  舞台にした
  青柳裕介原作の
  不朽の名作
  【土佐の一本釣り】
  ~久礼発 17歳の旅立ち~
  第2作目として
  遂に完成し封切られる。
  
映画-01

・・・・・が、
おいおい・・・!
青柳裕介の
「裕」の名が
「祐」に間違ってるぞ~!!

映画案内うら

映画案内

そんな背景が漂う
久礼の町に
昨日はRKC高知放送の
ラジオキャラバンが入り、
「ぜよぴあ」サテライトから
一日中ふるさとを
発信してくれたぜよ。

ラジオ-3

inoue.jpg

いてがみ

井上琢巳アナ
井手上恵アナの
絶妙で軽快な進行に
多くの方々がラジオを
聴いてくれたよ~で、
フェイスブックにも
コメントを寄せて頂いた。

ラジオ-5

ラジオ-2

ラジオ-1

自分も
午後4時からの
最後のコーナーで、
ギター一本で
生歌歌わせてもろ~たぜよ。
いやぁ~、酒抜きで歌うのは
久々のことじゃったぁ~!

井上

そんな
一日でございましたぁ~!

黒潮本陣の潮湯の露天風呂へ

紺碧の
大海原から汲み上げた
潮湯の露天風呂に
浸かってきたぜよ。

潮湯

昨日は
早朝仕事もなかったんで、
家でゴ~ロゴロしていたが、
なんだか持病の腰も痛いし、
「そ~だ、久しぶりに
黒潮本陣の風呂に浸かろ~」と、

   しかし、
   原チャリに跨って
   5分でこの湯に
   浸かれるってのも、
   考えてみりゃぁ~
   ざまぁ~な
   贅沢もんですね~。

本陣-01

宴会があったり、
監査にきたりと、
年に何度か本陣には
上がってきているが、
風呂にきたのは
久々の事・・・。

本陣-012

本陣-013

ロビー横の
お土産売り場には、
この本陣で一番売れている
弊社の商品
「カラヤン」が置かれていた。

カラヤン本陣-1

地元、久礼どれの
かつおを使った
「かつお味噌・カラヤン」

  青ラベルのスタンダード
  緑ラベルの山椒入り
  赤ラベルの激辛

黒潮本陣の
お食事にも
使ってくれている関係か、
お土産売り場に
置かせてもらって以来
好調でございます。
まっことありがとうございます。

カラヤン―本陣-3

温泉のある
階下に降りていく階段にも、
お客さまを
迎えるこの風情が
心地よくさせるものです。

本陣-011

本陣-010

本陣-04

本陣-02

いやぁ~、
天国、天国
サウナにも入り
屋内の温泉にも浸かり、
太平洋が一望できる
潮湯の露天風呂に浸かると、
そりゃぁ~も~、
日頃の疲れも
吹っ飛んでいきますね~。

本陣-09

土佐十景と謳われる
名勝・双名島を眼下にして
湯ったり~と
寛いできましたぞ~・・。

  そして、
  風呂からでて、
  火照った身体を
  冷ましながら、
  ここでの一服が
  まぁ~たたまらなく
  え~もんですね~。

本陣-05

本陣-07

い~湯でございました。
まぁ~た明日から
ぐわんばろ~ってな
気分になるもんでございます。

本陣-06

本陣-08

あまりの心地よさか
帰って来て2時間ほど
炬燵の中で
爆睡してましたぁ~!

鰹乃國のスポーツの秋

第五回
「鰹乃國のトライアスロン」
前日入りしている選手や応援団、
早朝から久礼入りしてきた
エントリーの皆さん
また関係者の方々・・・。
お疲れ様でございました。

道端

新聞-1

流石にスポーツの秋
イベントの秋。
新聞紙上にも各地で行われた
スポーツやらイベントが
全面を飾っておりましたね~。

新聞-2

そんな中、
お隣町のゆるキャラ
新庄川のカワウソ「しんじょうくん」
見事日本一になりましたね~。
おめでと~ございます。

新庄くん

大会前夜、
ひょこっと店に顔を出してくれた
愛媛からのFB友だちも
見事入賞したよ~じゃ!
おめでと~。

みやけ

しかし、
どんなイベントにしても、
長時間沿道に立ち
誘導や交通整理、
はたまた
11月の海に入っての安全を守る。
裏方さんやら下支えの方が
いなくちゃぁ~成り立ちません。
まっこと皆さんご
苦労さんでございました。

とら-8

とら-1

とら-2

とら-7

とらい-10

そして何よりも、
このトライアスロンに
エントリーしてくれた
選手の皆さん
お疲れさまでした!

  なんだかんだと
  説明するよりも
  その全力勝負を
  見てください!
  アスリートたちの
  美しい戦いを!

tora-4.jpg

とら-0

とら-3

とら-5

とら-6

とら-9

とら-11

307.jpg

ばいく-2

baiku.jpg

とら-13

とら-14

とら-15

tora-16.jpg

とら-12

とら-18

tora-19.jpg

とら-20

tora-17.jpg

とにかく皆さん、
お疲れ様でございました。

銀杏の季節にトライアスロン

今年も2ヵ月を切り、
朝晩はぐっと寒さが
厳しくなってきました。

  そんな季節には、
  なにかと美味いもんの
  到来ですが、
  今日は友人から
  こんなんを頂きました。

ぎんなん-2

「銀杏・ぎんなん」
いやぁ~、
懐かしい味ですね~。

  子供の頃
  爺さんらぁ~
  仲間が輪になって
  ストーブの上で
  コップ酒を温め
  その横で銀杏を
  転ばし焼きながら
  美味そうに
  一杯呑ってたのを
  思いだしたぜよ。
  
ぎんなん-1

ガリッと
固い皮を噛んでは、
あまりに美味しそ~に
口に放り込むもんじゃき、
盗み食いしたら、
 
  「こりゃぁ~、
  子供は
  銀杏食われんぞ~!」
  ・・・と、
  叱られたもんじゃったが、
  今になって
  ちょいと調べてみると、
  こんな危険性も
  あったがじゃね~。

●ギンナンを食べ過ぎると
1~12時間後に、
腹痛・嘔吐・下痢・頻脈・消化不良などの
食中毒様症状が出るほか、
ひどい場合には
ふらつき・痙攣・呼吸困難・意識消失
ショックなどを引き起こします。
最悪の場合、
死に至ることもあるのです!」

っちゅ~ことです。
ところが・・・、
栄養価や効能もまた
凄いもんがありますね~。

ぎんなん-3

●ぎんなんの食用部分は
殻の中の胚乳部分で、
脂質、糖質、たんぱく質、
ビタミンA・B群、ビタミンC、
鉄分、カリウムなどを含みます。

  滋養強壮、
  強精効果のほか
  膀胱や肺をあたためる
  働きがあり、
  頻尿や夜尿症の改善、
  ぜんそくの治療、
  せき止め、
  たん切りなどに
  効果があると
  いわれています。

中国では、
昔からスタミナ食や
薬用としても知られ、
ごま油に漬けたものは
強壮食、また、
空いりしたものは
夜尿の薬としても有名です。

ってなことだ
そ~でございます。
ま、
いずれにしても、
「子供が食い過ぎると
鼻血が出だすぞ~!」と
脅されたのは
間違いじゃなかったがじゃね~。

朝陽灯台

さてさて、
そんな銀杏の
季節にもなりますと、
朝晩は
めっきり寒さが増してきて
早朝などは
海水と外気の温度差で
「かわけぶり」が起きるもんです。

   陽が昇るのを待つ鳥も
   沖へ出ていく船も
   よけいに
   寒そうに感じるものです。

鳥

出船

そんな
「かわけぶり」の
起き始めた明日は
こんな大会が
この海辺で行われますぞ~!

昭代司トライアスロン-2

tora-1.jpg

明日の日曜日
鰹乃國の「鉄人レース」を、
是非応援にきてください~!

飲み会・タレ造り・会長会

今朝の
【俺のたれ】造り。

タレ造り

タレ造り-2

いやはや
急に寒くなってきましたね~。
そんな寒い早朝には
ちくと布団から出る
勇気が入りだしたぜよ。

  それでもなんとか
  作業場にはたどり着き
  ご注文に追われる
  「俺のたれ」造り。

二日酔いだろ~が
寒かろ~が、
仕事はがっちり
こなしてきたぜよ。

おれたれ

そんな昨夜も
お調子にのって
随分呑ませて頂きました。

病院長

いわせ

んじゃきに、
高知市内での
昼過ぎからの会には
眠気と
格闘の2時間じゃった!

会長会

も~若くは無いし
あんまし無理せられん・・・っ
ちゅ~ても、
こんな「あて」があったら、
まぁ~た一杯
呑りたくなりますがな。

こいか

こねたり、ひねったり、
かざったり、もったり・・・の
お料理もえ~けんど、
やっぱ男は
こんなんで十分でございますね~。

鰹乃國のトライアスロン

11月でございます。
「光陰矢のごとし」の例え通り、
まっこと一年の
早いこと早いこと!

  なんだ
  かんだと追われるうちに、
  早くもこの時期に
  なりましたね~。

すいむ-2

【鰹乃國の鉄人レース】
この大会も、
早くも第五回になりました。

tora-1.jpg

とらs-2

とら-3

スタート

スイム

ばいすくる

ばいすくる-2

らん-1

例年のごとく、
歴戦の勇者たちや
ホリエモンさん、
国会議員さんまで、
この国内最終戦に
参加してくれてました・・が、
果たして今年は
どんな方たちが挑戦するやら!

チーム

ほりえもん

がち勝負

トライアスロンを観戦して、
大正町市場で飯食って、
黒潮本陣の露天風呂ってのも
この時期最高ですぞ~~!!

本場土佐久礼藁焼きタタキ!

南国の
巨峰園で行われた「まんだら大祭」。

まんだら-1

そのイベントに
是非県外から来る方たちに・・と、
「本場土佐久礼の
 藁焼きタタキ実演販売」に
招かれ行ってきたぜよ。

  すると、
  久しぶりに
  「半田ソーメン」の
  販促グループにも
  お目にかかりました。

まんだら-6

まんだら-5

まんだら-3

まんだら-4

まんだら-7

まんだら-8

まんだら-2

焼きたて温々のタタキを、
即、切り身にしての販売。

  お客さまの中から
  「焼きあげた後、
  さっと氷水には
  浸けませんか・・?」・・と、

問われましたが、
土佐久礼流は
即販売できる時や
即食べてもらえる時は
冷水に浸けたりいたしません。

その「冷水」に浸けないので
切り口を見れば
ジワジワと焼き身が
中心部に向かって
食いこんでいき
料理屋さんのよ~な
焼き身と赤身の境が、
際立つ綺麗さには
なりませんが、

  「藁焼きの香ばしい匂い、
  口へ入れた時の
  やんわり温かい
  その食感は、
  断然この方が
  美味しいのです」・・・と、

説明すると
皆さん納得の上に
召し上がっては・・・
 
  「ほんとだあ~!」
  「美味しい~!」と
  土佐の藁焼きタタキを
  味わって頂きました。

焼きたて-1

まんだら-10

お買い上げ
頂きました皆さま
まっことありがとうございました。

「海のこえ」海と日本プロジェクト

2016年10月29日
久礼の浜で
海と日本プロジェクト事業
「海の声」イベントが行われた

p-0.jpg

まんず、
久礼と言うと
「鰹乃國」っちゅ~ことで、
ぜよぴあの研修室で
「かつおのお話」

p-2.jpg

p-1.jpg

約、1時間ほどの
かつおの生態やら
かつお漁の話をして、
  漁民センター前の
  船溜まりへ場所を
  移して「タタキ体験」

p-3.jpg

p-4

p-5.jpg

p-9.jpg

p-8.jpg

p-6.jpg

5-2.jpg

p-7

p-10.jpg

p-13.jpg

p-12.jpg

5-_3.jpg

5-1.jpg

p-14.jpg

p-11

p-15.jpg

p-19.jpg

5-4.jpg

p-18.jpg

p-17.jpg

p-16.jpg

捌きを体験、
焼きを体験、
そのあといよいよ
試食会も楽しくおわり、

   沖へ出ていって
   釣り体験。

p-20.jpg

kuro-.jpg

fuzi-1.jpg

p-23.jpg

p-21.jpg

p-22.jpg

p-24.jpg

p-25.jpg

そんな秋の
一日でございました。

さぁ~て明日は
南国市巨峰園で行われる
「まんだら大祭」で、
戻りかつおの
タタキの即売会を行います!

まんだら

まんだら-2

即売

ぜひ皆さん
お立ち寄りください~!
お待ちしてます~!!

↓/span>

かつお包丁

かつお包丁を砥いでみた。

包丁-1

明日は
「海と日本プロジェクト」の事業で、
かつおのタタキ体験があるがよ。
んでもって、
その準備に包丁を
砥いでみた。

  そ~言えば、
  高知市内のある
  有名な料理長が
  「包丁も砥げんもんが
  えらそ~に料理を語るな」・・と、
  若い衆に言いよったことを
  思いだして、
  ある反面
  「なるほどなぁ~」と
  納得しながら砥いだぜよ。

包丁-2

さぁ~
準備完了じゃ!

  雨も上がってきたので、
  明日の
  「タタキ体験」をやる
  現場を下見に行ってみた。

あめあがり-3

あめあがり-2

あめあがり-1

やっぱり
いいもんですね~。
港町は・・・・。

糸井さんと梅原さん。アーミーナイフと味醂干し。


まだちょいと
昼間は暑かったが、
今日は一日
秋らしい
いいお天気でしたね~。

みりんぼし

平日-2

こんな宵にゃ
七輪で干物でも焼いて
温燗で呑りゃ~
最高の秋の宵じゃね~。

そんな秋の
今日の大正町市場。
平日ながら
ぼちぼち人が来てくれてます。

平日

そんなお客さまのなかに、
あのコピーライターであり
作詞家、エッセイストで有名な
糸井重里さんが
来てくれちょりました。

  それも、
  一緒に来てくれたのが、
  我が郷土の巨匠
  梅原さんに
  男前でなる
  畦地の社長。

糸井重里

梅原さん

畦地

そんな一日でございましたが、
も~一丁~!
ちょいと細かいものを
砥ぎたくて、
百均で「やすり」を買ってきた。

紙やすり

見れば、
「ダイヤモンドやすり」と
書いている。
これが100円~っ!
ちゅ~て驚きよったら、
そのコーナーのお隣に
なんとアーミーナイフも
100円で売っていた。

アーミー-1

イベントなどの時ゃ、
必ず用をなすこの手のナイフ。
以前スイス製のやつを
無くして以来、
後釜を買うのも
もったいなくて控えていた。
ま、これなりゃ~、
無くしたとしても
そんなに惜しいとも思わない・・と、
早速買ってきた次第。

アーミー-2

しかし
これが「100円」とは
まっこと驚きじゃね~。

そんな秋の
一日じゃったぜよ。