FC2ブログ

春の宵

春の宵
・・と言っても初夏のような昼間。

はる-6

惜春と呼ぶべきか、晩春と呼ぶべきか・・。
それんしても・・、
初夏を前にしての春の宵は
なんとも艶めかしい。

はる-5

はる-3

皆が待ちに待っている
連休もそこに迫ってきた。

  この月に入って追われた
  製造出荷もなんとか
  段取り良くととのった。

お後は、
カツオのタタキ実演試食会やら、
久々に県外から顔を見せる
友人やらで・・・、更に忙しい
連休が待っている。

はる-4

さぁ~・・・、そんな
ちょいと艶めかしい春の宵を
ちくと楽しみましょ~かいね~。

はる-1

【春の宵 艶めく街を 漫ろゆく】

続きを読む

GWがやってくる!さぁ~忙しい!

かつおが順調に揚がりだした。

k-2

とにかく
今年のかつおは美味い!
順調な水揚げのお陰で、
大正町市場の棚に並ぶ
刺身用もたたきも
ちょいと小ぶりですが
お手頃価格になってきたぜよ。

刺身-01

節-2

さしみたたき

企画・ど久礼もんも
GWを前にして、製造も追われ出したし、
何よりも「送り」が増えてきました。
ありがたやありがたや、
ちょいとねじり鉢巻きで
ぐわんばっていきまっす!!

注文mん

おくり000

送り-01

旬のたたきを含んだセット商品も、
だんだんご注文が増えてきました。

送り0005

大なぶらセット5300円
送り-001

そんな旬のかつおタタキセットを
受け付けております。↓

  TEL:0889-52-3822
企画・ど久礼もん企業組合

   詳しい商品は
      ↓
   http://shop.dokuremon.com/

陽気に誘われてか
久礼の大正町市場も
だんだん活気を帯びてきました。

市場前-3

市場前-2

今日も何処かの
TVクルーが入って来てくれてます。

すぎ-1

TV-01.jpg

すぎ-4

よ~く見ると
すぎちゃんのよ~です。
さぁ~!!
ぐわんばっていきましょ~。



新緑に誘われて

今日もいいお天気です。
山の木々はもちろん、
町中の木々まで新緑の装い。

だむ-7

今日は
企画・ど久礼もんの仕事もひと休み、
夜の店も休みってんで、
そんな新緑に誘われて
33号線を上へ上へ・・・。

だむ-5

だむ-6

だむ-4

途中、
仁淀川沿いの大渡ダムに
寄り路してみた。
海沿いの町から山間の
こんなダム湖の風景も
いいもんですね~。

だむ-3

だむ-1

だむ-2

そして、
お目当ての久万高原の道の駅
天空の郷さんさんへ

くま-1

くま-2

いいところです、
流石に高原の町
いいお天気にかかわらず、
ちょいと肌寒かったぜよ。

くま-3

若い頃、毎年夏には
強化合宿などと言いながら、
20人から多い時は30人で
この奇岩が目の前に迫る
古岩屋荘に一泊泊まりで
ゴルフに来たもんじゃった。
ひやぁ~・・、懐かしい~・・。

くま-6

くま-4

くま-5

宴会の後は大広間に
ずら~っと布団を敷いてもらい、
20人~30人が泊るとなると、
いい大人の修学旅行並み、
一晩呑み続けるものもいれば
まくら投げやら相撲やら、
はたまた大迷惑をかけたもんじゃった。

   そんなゴルフ合宿が
   何年かつづいた頃、
   ある仲間からの提案で
   「この国民宿舎もえ~けんど、
   久万の町中のホテルは
   ないもんかやぁ~?」
   っちゅ~ことで、
   一年、町中の小さなホテルに
   宿泊を変えた時があった。
   そこで・・ちょいとした事件が。

そのホテルへ到着後、
皆はすぐさま宴会に備えて風呂へ、
用事を済ませて自分も風呂へ急ぐと、
皆は、さっぱり風呂から上がって
早くも冷えたビールの待つ食堂へ・・。

   ま、
   ゆっくりひとっ風呂浴びて・・と、
   洗い場へ。ところが
   何処を探しても風呂場に
   シャンプーが無い。
   むむ~・・・、皆は
   なんで髪洗ったのかと
   よ~く見るとシャンプーが。
   それも良く見ると
   「犬用」と書いてある。

ま、昔ながらに石鹸で洗えと
さっぱりして風呂から上がり
皆が早くも盛り上がっている
食堂へ行ってみると、
その食堂をうろうろしている
超~大型犬が・・・。

  「おまえらぁ~
  風呂場でシャンプーしたかやぁ~?」
  ・・・と聞くと、皆一様に
  「当り前よ、この夏に
  頭洗わいで酒が呑めるか」
  
  「そのシャンプー
  ちゃんと読んだろ~ねや?」

  「ぬぬ・・?ど~言うことなら?」

  「このお犬さまの
  シャンプーじったろ~がや」

  「えっえ~~!!!」

頭を洗い直しに行ったものも、
町の床屋へ走ったものも・・。

ま、小さな町の小さなホテル
家族同然で
可愛がっている犬かもしれないが、
食堂の客の間をうろちょろする犬、
客の入る風呂場での洗いなど
言語道断のお振舞い・・・。

   それっきり
   そのホテルでの宿泊は
   一回こっきりで止めとなった。

そんな思い出深い
久万の町を後にしての帰り道、
中津渓谷の温泉に浸かってきた。

ふろ-1

furo-4.jpg

ふろ-5

風呂-6

こい-1

くま-7

furo-5.jpg

いいお湯でございました。
シャンプーも
人間用でございました。
 

かつお・カツオ・鰹・勝魚・勝男・勝雄

今朝は寒い!
昨夜から冷たい大風が吹き
またまた
寒波がぶり返してきたか・・?。

   そんな天候で
   今朝の水揚げ市場は
   閑散としていた。

春-3

春-2

春-1

この天候さえ回復すれば、
随時かつおの水揚げも
再開されるだろう~。

   天候の崩れる前の
   そんな昨日の朝は
   活況に満ちていた。

揚げ-6

揚げ-4

揚げ-1

「お~い、あきさん!
朝はよ~からなにゃしようぜよ?」・・と、

   漁師友達が
   水揚げ終わって
   片付けの途中
   船の窓から呼ぶので、

「おお~、こじゃんと揚がったらしいき、
仕事抜け出して来てみと~やぁ~」

揚げ-2

揚げ-3

この日は大漁で、
久礼の市場だけじゃなく
2,3カ所の別魚市場へも
水揚げしてきたらしい。

  こんな大漁が
  ずっと続いて
  もらいたいもんじゃ。

揚げ-7

揚げ-8

揚げ-13

揚げ-9

揚げ-10

揚げ-11

揚げ-12

そんな水揚げ風景をみて、
企画・ど久礼もんの仕事場にとって帰り、
仕上げの作業を済ませて
大正町市場へ寄ってみると、

  早くも
  先ほど水揚げされたかつおが、
  棚に並んでいた。

さかな-3

sakana-1.jpg

こ~なると・・、
朝の魚屋は大忙し。

  とにかく捌いて捌いて
  捌いて、捌いて・・・。

魚-7

魚-6

その捌かれた
かつおの節を目利きよろしく、
居酒屋さんやら料亭の業者が
持ち込んだストッカーに
順序良く詰め込んでいく・・。

   この時期のかつおは
   まっこと
   人気度抜群でございます。

っちゅ~のも、
かつおと言えばめでたい魚。

かつお-3

昔の武将は戦の前に、
この「鰹・勝男・勝雄」を食って
必勝をきしたと言いますし、

   現代でも
   勝負に勝つ魚として、
   受験戦争前には
   かつおを食って
   事に臨むという・・。

純金かつお-0

寒く冷たく辛く苦しい冬が終わり、
新芽・若芽の春が来て
やっと暮らしよい季節の到来
そこに初がつおが揚がりだす。

  「女房を質に入れても食いて~」と
  江戸っ子は競って
  この春がつおを好んだという。

しかし・・その頃は
なかなかの高級魚。
三両二分もしたという・・。

今のお金に換算すると
約10万円もしたというから、
なかなか一般は食えず、
少しづつ金を出しあっての
「かつお講」なんてのも
あったらしい。

魚-4

魚-5

そんな曰くつきの春かつおが、
ドンドコ久礼に揚がり始めると、
やっぱりメディアも食いつきたい。

  久礼の大正町市場には
  連日の如く雑誌の取材やら
  テレビの撮影やらが・・・。

TV-1.jpg

TV-2.jpg

こんな状態が
五月の末ごろまではつづく。

  そんな春かつおを、
  漁師仲間から頂いたんで
  捌いてさっそく食ってみた。

魚-8

いつもなら、
赤身が爽やかで
かつお独特の甘みを持つのが
初かつおの時期じゃけんど、
今年の春かつおは、
幸か不幸か小さい魚体まで
丸々太って脂までのっている。

魚-9

この時期ゃぁ~、
やっぱりタタキより
刺身がうまいですね~。

酒がほしい~!!!

鰹乃國にカツオ人間

桜が散って葉桜になると、
久礼の港には、かつおが順調に揚がり始めた。

昨日は4トン
今朝は2トンの水揚げ!
明日の水揚げも楽しみじゃぁ~。

水揚げ4-01

水揚げ-4-02

初夏のように気温も上がり、
観光客の姿が多く見られだした。
いよいよ「鰹乃國」の真骨頂!

  大正町市場にも
  とれとれのかつおが並び
  はらんぼやらチチコやら。

くれどれ-1

harannbo-4-01.jpg

そんな鰹乃國の大正町市場へ
カツオ人間が里帰り。

カツオ人間-4-01

女性陣に
大もてでございます。

かつお人間-4-02

そんなカツオ人間が来た
市場の棚には、
「藁焼きのタタキ」やら「刺身用」の
かつおが捌かれ並んでいます。

じもの-1

じもの-2

じもの-3

とにかく安い!
そしてなにより鮮度は抜群!
かつおだけじゃなく
美味い魚が並んでいます。

じもの-4

こだい-1

楊枝-1

さぁ~、
本格的にかつお漁が
活況を浴びてきた。

  そんな
  初かつおを食べに
  大正町市場へ
  来てみませんかぁ~!  

ありがとうございました 2018食1GP

桜咲き乱れるこの時期、
毎年行われる「土佐の食1GP」。

ありがとうございました2018

今年も多くのご来場ご来店、
誠にありがとうございました。

   お陰さまで
   なんとか二日間
   焼いて焼いて
   焼き切ることができました。

焼きラー2018

焼きラー2018-4

焼きラー-20148-2

焼きら-2018-1

焼きラー2018-5

2018焼きラー-6

「土佐の食1GP」
今年の優勝は
高知商業の「ゆずから」でした。

ゆずから

   30名の生徒が
   駅伝よろしく
   入れ替わり立ち替わり、
   元気ハツラツと
   大声あげて販売してました。
   おめでと~!!

我々「企画・ど久礼もん」の
焼きラーうどんは、
ちょいと今のところ45品目中の
順位は解りませんが、
お陰で高知駅前とさてらす
とさ屋での「漁師のラー油」は
好調に売れたよ~で感謝でございます。

とさ屋-1

「焼きラーうどん」は
この「漁師のラー油かつお」が
隠し味になってます~・・と、
販売してくれたお陰でございます。

とさ屋-2

とさ屋-3

漁師のラー油3個760

そしてまた、
我々企画・どくれもんが
食1GPへの出店の大きな目的は、
なんとか久礼の実店舗
市場食堂・ど久礼もんへ
正規品の
「焼きラーうどん」を食べに来てくれるよ~、
お客さまを誘致するのが大目標。

焼きら-02018-7

大正町市場食堂

その甲斐あって、
久礼の大正町市場も
なかなかの賑わいだったよ~です。
ありがとうございました。

   さぁ~今度は、
   五月の連休
   高知駅前とさてらすで、
   「本格藁焼きタタキ
   実演無料試食会」
   でございます。

藁-6

藁-8

藁-7

藁-1

藁-4

藁-3

藁-5

藁-2

久礼に揚がったかつおを、
即高知駅前に運んで
バリバリ鮮度のかつおを
本格藁焼きタタキにいたします。

ほんの少しでございますが、
無料の試食会でございます。

11.jpg

12.jpg

お待ちしておりますぞ~!!

かつおが揚がった・食1グランプリ・かつお祭

今朝も久礼の港に
小型かつお船が土佐沖の超~鮮度のかつおを
2トン揚げたという。こいつぁ~春から
めでたいめでたい!

かつお三匹

時を同じくして、
かつお祭ポスターも
刷り上ってきた~!!

かつお祭ポスターチラシ2018

760.jpg

土佐沖どれで鰹乃國に揚がったかつお、
言わずと知れた鮮度バリバリ!

   こんな春のかつおを、
   何度も沖捌きで食ってきたが、
   今年のかつおも最高の
   旨味をもっていると言う。

沖捌き

「もっと薄く切れ~!」・・と、
若い衆の頃は
先輩によ~く怒られたものじゃ。
とにかく鮮度が良ければ良いほど、
薄く薄~く切らねば
醤油タレがとりつかない。

   一日寝かせると
   これまったモチモチに変わり
   得も言われぬ食感の
   かつおに変わりよだれもん。

かつお春2018

鮮度さえよければ、
なんちゅ~ても
タタキより刺身が美味い!

   そんな刺身用のかつおが
   久礼の大正町市場に
   並び始め陽気に誘われてか
   次第にお客さまも
   多くなってきました。
  
地物

地物-1

久礼どれ

市場食堂・ど久礼もんでは
そんな「かつお」を使った
加工品を製造直売しております。

ど久礼もん春

直販所

そしてまた、
大正町市場には
これまた旬のウルメの干物や
(安~~!!)
かつおの尾ヒレから
手間掛けて作り上げた
「かつ尾楊枝」なども
市場の棚にならんでますぞ~。

500円

土佐久礼

さぁ~、
そんな昨今の久礼ですが、
この3月31日4月1日は、
ちくと地元を離れ
高知駅に遠征でございます。

2018食ワンGP760

旅ひろば2018

久礼のかつおを使った
「漁師のラー油」で
「焼きラーうどん」での参戦でございます。

焼きラー-2018-9

焼きラー2018

焼きラー2018-5

焼きラー-2018-2

焼きラー2018-8

焼きラー2018-4

焼きラー2018-3

焼きラー2018-7

高知駅前での
「食ワングランプリ」
皆さまのお越しを
首長くしてお待ちしております。

初がつお・春霞み・春の宵

暖かくなってきました。

大かつお

桜も咲き誇り
土佐沖のかつお漁も
まだまだ春の最盛期には
程遠い感もありますが、
いいかつおが揚がりはじめたぜよ。

小かつお

塩焼きにすりゃぁ~
絶品の「はらんぼ」も
大正町市場の棚に並びはじめた。

はらんぼ~

そんな昨日は、
いよいよこの3月一杯で
10年の一区切りをつける
道の駅とおわへ行ってきた。

にしとさ-2

にしとさ-1

春霞の国道縁には
桜が咲きみだれ
春爛漫の様相でございます。

おちゃくり-1

おちゃくり-3

おちゃくり-2

道の駅に隣接する
「おちゃくりカフェ」は
継続して運営すると言うが、
まずは10年のご苦労に
「四万十ドラマ」のスタッフに
労いを掛けて帰ってきた。

   これから、
   またまた新たな展開が
   楽しみでもあります。

季節の巡りとは粋なもので、
桜が咲きはじめると、
日が暮れてもどこか艶めかしい。

みせ-3

ロンドナァ-2

そんな宵に・・・、
イベントなどで
「おんちゃん、やりゆゅ~!」・・と、
よくひやかしに来てくれていた
友人の子供たちが、なんと、
早くも大学生になるんじゃと
お別れの挨拶がてら寄ってくれたぜよ。

えりか

春でございますね~・・・。
ま、天真爛漫な子どもたち、
何処へ行っても
青春を謳歌することじゃろ~。

   春と言えば、
   大阪に住む孫たち一家も
   春の陽気の下で
   謳歌してきたよ~じゃ。

sakura.jpg

まご-04

まご-01

まご-03

すべ-1

まご-05

まご-02

さぁ~、
お爺も負けずに
この春を謳歌せねばぁ~!

さぁ~春本番~世は爛漫

ちょいと朝は寒かったが
いいお天気でございます。

久礼新港に初がつお

得天気

あさ-1

陽光がキラキラ輝き始め
久礼に初がつおも揚がり始めた。
桜も各地で咲き始め、
そして待望の第90回大会、
春のセンバツもはじまった。

せんばrsy

いやはや
春爛漫の季節到来でございます。

  久礼は
  桜の名所大坂谷へ
  桜の咲き具合でも
  観に行ってみよ~と、
  まずは「茶伊奈」で
  何時もの細切りラーメンセット。

ラーメン-1

チャーハン

腹もはったんで
お花見見物へ、
何時もはちょいと遅く
センバツbest4の頃が
満開になる「大坂谷」の桜も
今年は全国につられてか
早くも6分咲きの感ですね~。

さくら-1

さくら-2

さくら-3

いいもんですね~・・・、
お天気が良くなると
あちこちから花見のご仁が。

   そんな一昨日の雨の日、
   在庫切れになり
   大急ぎで早朝仕事。
   「漁師のラー油かつお」
   造りもバッチシ
   造り終えたんで、

ラー油

ラー油-2

お隣町の
温泉へでも行ってみよ~と、
出かけてきましたぁ~。

湯-1

湯-2

湯-3

何時もは
沖行く船を見ながら
湯たぁ~っと
露天風呂に浸かる
黒潮本陣もいいもんですが、

   たまにゃぁ~、
   こんな山の温泉も
   いいもんですね~。

湯-14

湯-4

湯-7

湯-9

湯-6

湯-10

湯-13

湯-8

湯-5

温泉ってのはいいもんですね~。
いいお湯でございました。
まっこと寿命が延びる
思いが致しまする。

  そして
  なんちゅ~ても、
  ひとっ風呂浴びての
  この一服が
  たまりませんね~。

湯-12

湯-11

さぁ~、
高校野球でも観ながら
ちょいとうたた寝でも
いたしましょ~・・・・か。

卒業・卒団おめでと~!お爺い馬鹿の日記

桜が咲き始めると
別れがあり出会いの季節。

龍馬卒業-2

龍馬卒業-3

龍馬卒業

大阪で暮らす孫も
いよいよ小学校卒業じゃという。

  2年生で始めた少年野球。
  「大丈夫かいなぁ~」・・と、
  お爺は心配しよったけんど、
  あれよあれよと
  成長していってくれた。

龍馬卒業-9

頑張れ龍馬-4

頑張れ龍馬-3

「中もずシャークス」入団して
いよいよ小学校卒業と同時に
クラブチームも卒団の時。

がんばれ-1

頑張れ龍馬-2

友達と一緒に
泣いたり笑ったり
数々の思い出を
創ったことじゃろ~。

龍馬桧山

龍馬卒業-8

頑張れ龍馬-5

たかはし

龍馬卒業5

途中で止めたりせず
ここまで続けてこれたのは
多くの野球仲間に支えられて
なんとか
頑張ってこられたがじゃろ~。

龍馬卒業4

頑張れ龍馬-6

龍馬卒業-6

中学生になると、
硬式クラブチームに入って
またまた野球を
続けて行くと言う。

  こりゃぁ~これから
  お爺は大阪通いが
  はじまりそ~じゃ!

なんとか頑張って
高校までは野球を
やってもらいたいもんじゃがね~、

   しかし・・・。
   先日の小学校卒業式典で、
   全校生徒を前にして
   卒業生一人一人が、
   将来の夢を一言語って
   お別れをする場面が
   あったらしい。

娘夫婦が電話で言うには、
「お父さん、龍馬は何言うたか分かる」
っちゅ~から、将来は
甲子園目指して頑張る・・
っとでも言うたろ~かと?、
聴いてみると?。

「かつお一本釣り漁師になります」

っちゅ~て言うたらしい。
いやはや
ど~なりますことやら。

龍馬卒業-7

嬉しいよ~な
残念なよ~な・・。

ま、何はともあれ
元気に育ってくれているのが
お爺は最高にうれしい!
さぁ!ますます
お爺い馬鹿に磨きをかける時が!!

ぐわんばれ龍馬!!  

アーカイブ・門前市・かつおの生姜煮

桜が咲きましたね~!

さくら

気象庁は15日、
高知市・高知城にある桜(ソメイヨシノ)の
標本木が開花したと発表した。
全国のソメイヨシノの標本木で最も早く、
高知では1954年の統計開始以来3番目に早いとのこと。

   なんやら
   桜咲くのニュースが流れると
   ちょいと気分も
   華やいでくるもんでございます。

しかし・・・、
今日は生憎の雨。

雨-3

雨-1

青柳大将の石像も
春雨にしっぽり濡れて
少し寒そうじゃね~。

雨-2

しかし、
仕事場は熱かったぁ~。
今朝の早朝仕事は
お陰で好調な売れ行きの
「かつおの生姜煮」造り。
今朝の造りもバッチシでございます。

かつおの生姜煮造り-3
かつおの生姜煮造り-2

かつおの生姜煮造り-1

家に帰ってひと休み
まんず風呂に飛び込んできたところ。
やっぱ気持ちえ~ですね~。
春先の朝風呂はぁ~・・・。

  さてさて、
  そんな一昨日
放送されたRKCの
  「こうちeye+スーパー 」

その水曜日放送の
人気コーナーが
「アーカイブス」

ai-1.jpg

アーカイブスっちゅ~と、
記録保存版っちゅ~ことじゃけんど、
よくもまぁあ~こんなんが
残ってたもんじゃね~。
      ↓
https://youtu.be/KUXHHUGc4nI

昭和55年かぁ~・・・、
まんだ若輩もんじゃった頃やぁ~。

あい-2

何時も楽しみに観ている
「アーカイブス」じゃけんど、
自分事になると
なんともお恥ずかしいもんじゃね~。

あい-3

東京は溜池の
東芝EMIでの録音風景。

   本番スタジオでは
   恥ずかしさが先にたって
   じっくり観ることもできなかったが、
   家に帰って録画映像を見ると 
   この頃が昨日のように
   蘇ってきた。

あい-5

とにかく
夕方8時頃からレコーディングが始まり、
何度歌っても歌ってもOKがでず。
とうとう朝方まで関係者全員
レコーディングスタジオに籠りっぱなし。

   何度歌っても
   OKが出ないその時、
   東芝の敏腕担当ディレクターから
   言われた言葉が
   今も忘れられない。

「川島さん、歌を勘違いしてませんかぁ~」
「えっ・・?、どういうことですか・・?」
「上手く歌おう、上手く歌おうとしてませんか・・?」
「えっ・・?、どういうことですか・・??」
「上手く歌い、上手く聴こえるのは素人さんですから」
「・・・・?」
「上手くこなしたら味が消し飛んでしまいますから」
「・・・・?」
「売り物とする歌はすべて味ですから」
「・・・・?」
「何時ものように酒呑んで歌いましょう~」

  ってんで、コップ酒を渡され
  いい気分になった頃に歌い
  やっとやっとOKが出た
  なんとも苦い思い出が・・・。

あい-6

あい-3-4

だからこの
「八千代の詩」と「海郷」は
かなりお酒の匂いが・・・。

   https://youtu.be/FRZDwDU4_hw

   https://youtu.be/_zfQ9bx6LSY

そんな
アーカイブな思い出でございました。
さてさて、
お話ゃと~んと変わりますが、
いよいよ「春の門前市」でございます。

もん-2

もん-0

久礼八幡宮につづく
お宮さん通りには
多くの出店者も並びます。

もん-1

我々
企画・ど久礼もんは
市場食堂・ど久礼もん前で
何時もの「焼きラーうどん」
焼きますんで来てください~!
お待ちしてます~!!

もん-5

もん-4

もん-6

さぁ~春ですね~!
彼を誘ってみませんか~♪、
重いコート脱いで出かけませんか~♪

   ありゃぁ~、
   キャンディーズの
   名曲がぁ~!

春の海 ところてん早食い競争

流石に
三月も半ばになりますと、
春の息吹が大海原にも・・。

輝く海-1

輝く海-2

海が春の陽光に
煌めきはじめました。

  そしてまた、
  毎年のごとくてんわやんわの
  申告も終わってすっきり
  いやぁ~
  晴々の気分でございます。

28377517_1273252782776939_2014781173314415302_n.jpg

そんな昨日は
「土佐のおきゃく」恒例の
ところてん早食い競争に
煽り役で行ってきましたぞ~。

とこ-4

とこ-9

とこ-1

とこ-10

とこ-8

TVでおなじみの
土佐かつおちゃんやら
吉本興業の先輩後輩の
淀家満月さんも大奮闘して
会場を一段と盛り上げてくれたぜよ。

   そんな奮闘劇を
   かぶりつきまでにじり寄り
   大応援の激写まで。

とこ-2

とこ-3

とこ-7

とこ-6

とこ-5

とこ-11

やはり例年
この競技に参加してくれる。
チャンピオンは凄い!!
またまた今年も優勝~!!

とこ-12

そして昨夜の
スナック論吐奈唖は、
盆も正月も一緒に来たかというほどに
超~忙しい夜ではあったが、
やるべきことはやらねば・・・と、
早朝起きはちとしどかったぜよ。

   そんな早朝仕事は、
   室戸限定の販売品の
   「まぐろのワタラー油」造り。

わた-1

まぐろ漁師が
奪い合いまでして食ってきたまぐろワタ。
今朝の仕上がりもバッチシでございます。

ワタ-2

ワタ-3

是非
室戸方面へ行ったら、
お買い求めくださいませ~!

【土佐のおきゃく】ありがとうございました!次回は

【土佐のおきゃく】
3月3日4日の土佐の美味いもの市
大勢のご来場ご来店
誠にありがとうございました。

ありがとう-1

3日の土曜日の夜には
ちょいと雨に降られましたが、
4日は有難いことに
天気予報が外れてくれて
雨にも降られず大勢のお客さまを
迎えることができました。

  中土佐町からは、
  久礼の名物
  「焼きラーうどん」
  「くれ天」
  大野見の七面鳥
  「四万十ターキー」の
  串焼きで出店しましたが、

お陰さまで完売品も出るほどに
好調な売れ行きでした。

やきら-1

kuretenn.jpg

七面鳥

その二日間
多くの知人友人が
出店場所を見つけて
来てくれましたが、
とにかく忙しい折とかで
お声掛けさえ
ままならない時間もあり
まっこと申し訳ございませんでした。

やいて

   そんななか、
   なんとか何人かのお方と
   写真に収まって
   もらうことができました。

ちかもり-1

ありが-1

にしもり

やっぱ歳ですかね~・・。
おんちゃんまっことだれたぜよ。

だれた

さてさて、
おんちゃんダレたじゃなんて
言うてはいられません。

  まだまだ
  【土佐のおきゃく】は
  続きます。

10日の土曜日には
中央公園ステージにて
久礼の名物「ところてん」の
早食い競争がございます。

hayagui.jpg

毎年、
飛び入りもあるほどに
人気のイベント。
我こそはと思われる
鉄人腹のお方は
是非とも出場のほどを~!!

土佐のおきゃく・焼きラーうどん

「土佐のおきゃく」
3月3日(土)4日(日)高知中央公園

焼きラーうどん鉄板の上

春一番も吹きました。
ネコヤナギも芽吹きの時です。
気温もちょいと緩んで
いよいよ土佐は観光開き!
その観光シーズンに先駆けて
「土佐のおきゃく」の
始まりでございます。

2018-3-4土佐のおきゃく

  我々、
  企画・ど久礼もんも
  その「おきゃく」に
  参戦いたします。

30-3.jpg

焼きら-2018-2

売り物は、
毎度おなじみ
大正町市場名物の
「くれ天」と「焼きラーうどん」

  昨日からその仕込みに
  おばちゃん達も大奮闘。

仕込み-1

仕込み-2

仕込み-3

積み込み-1

その準備に
   追われております。

昨年同様 中央公園で、
焼いて焼いて焼きまくりますんで、
多くのお立ち寄り
お待ちしておりますぞ~~!!

30-7.jpg

30-8.jpg

30-1.jpg


30-2.jpg

30-5.jpg

そしてまた、
今回この焼きラーうどんを
食べ逃したお方は、
久礼の大正町市場前の
 
   市場食堂・ど久礼もんでも
   食べることができますんで、
   此方へもお越しくださいませ~!

30-6.jpg

好評の
「漁師のラー油かつお」を使った
焼きラーうどん、
是非一度食べにきてくださいませ。

焼きラー店

焼きら店-2

お待ちしております~!

さぁ~宴じゃ、土佐のおきゃくじゃぁ~!

ちょいと
寒さが緩んできましたかね~・・。
いよいよ土佐は
観光シーズン突入でございます。

   さて、そんな春、
   多くの皆さんに
   お祝いコメントを寄せて頂き
   まっこと恐縮でございます。

お礼状-1

ここまできたら、お後は、
生きてるだけで丸儲けでございます。
誠にありがとうございました。

   さてさて、
   自分のことはこの辺にして
   いよいよ土佐は
   観光シーズンの到来!

2018-3-4土佐のおきゃく

「土佐のおきゃく」の
始まりでございます。

   3月3日から~
   11まで続く土佐のおきゃく。
   その3日(土)4日(日)と
   
高知中央公園でのイベントに
「ご当地グルメ屋台村」
企画・ど久礼もんも参戦いたします。
もちろん例年好評を頂いております

  「焼きラーうどん」での
  出店でございます。

今朝はその「焼きラーうどん」の
特製ソース造りをやりましたが、
自分で言うのもなんですが
なかなかの出来栄えに超~満足!

ソース造り

ソース造り-2

この特製ソースに、
我が社自慢の売れ筋商品、
「漁師のラー油(かつお)」をからめれば、
天下無敵の「焼きラーうどん」の完成!
  (えらい自慢ですんません)

焼きラー-2018-4

焼きら-2018-2

そんな3月はじめ、
3日4日は中央公園で
焼いて焼いて焼きまくりますんで、
こぢゃんと来てくださいよ~。

焼きラー-2018-5

焼きら-2018-6

焼きラー-2018-3

当日、
多くのお客さまを
大歓迎でお待ちしております。

焼きラー2018-1

焼きら-2018-7

それじゃぁ~現場にて
お待ちしております。

さぁ~観光シーズン

いよいよ2月も
残り少なくなってきました。

   3月に入ると、
   観光開きが
   いよいよ本格化
   あれやこれやと、
   予定が詰まってきましたぞ~。

観光

気温の緩んだ日には、
ボチボチお客さまも増えてきて、
大正町市場横の観光拠点施設
「ぜよぴあ」にも
人出が多く見受けられる
時期になってきました。

ぜよぴあ

ひな-2

ひな-1

まっこと一年とは早いもので、
ほんのこの前
描いたと思った「かつお祭」の
ポスターじゃが、

   早くも今年用のその準備に
   入る時期になってきました。

今回は、
ずっとコクヨの
厚手ケント紙を使いよったけんど、
気分一新ミューズに変えてみた。

ケント紙-1

むむ~~・・!
ゴム消ししても毛羽立たず、
なかなかなめらかで
いい感じでございます。

イラスト-1

後日、
「かつお祭」ポスターが完成したら
お披露目するとして、
まんず早めの告知を~!!

5月20日

さぁ~、
申告もせにゃぁ~いかんし、
早朝仕事も詰まってきた。
3月がきたらイベントだらけ、
炬燵で居眠り爺を返上して
ぐわんばっていきましょう~!!

曇天・しびった

明け方には
ちょいと陽が射してましたが、
一面曇り空となり、今日は
寒~い一日となりそ~です。

曇天-1

冬の曇天で寒い日を、
久礼の漁師町では
「しびった・しびた」と呼びます。

  「しびる」とは
  物を少しづつ出すことや、
  小便をおもらしすることに
  使われる言葉じゃけんど、
  久礼の方言では
  「しびる・痺る」・・・と、
  身体がが縮むような
  寒さの時に使いまする。
  

  「今朝は寒いね~」
  「まっことしびったぜよ!」

曇天-2

そんな昨日は、
も~ちょい大きめの
モニターがほしいなぁ~と
前々から思っていた商品が
アマゾンから届いたぜよ。

27-1.jpg

27-2.jpg

27インチディスプレー。
いやはや日進月歩と言いますか、
安くなったもんですね~。

  数年前まで、
  27インチと言えば
  8万~10万
  しよったもんじゃが、

なんと18,800円ぜよ。
安~!
さっそく荷を解いて取り付けてみた。

27-3.jpg

おお~!
さすがに27インチ。
離れて観るテレビとは違い、
目の前にあるモニターは
やっぱりでかいね~。

  今まで使ったいた
  23インチモニターと
  並べてみると
  さほど大きさは
  変わらないようにみえるが、
  ほとんどエッジが薄い分
  画面がクリアででかい。

27-4.jpg

ま、
これでまた何年間は
音作りの遊びができる。

  さてさて、
  そんな寒い日の続く中、
  企画・ど久礼もんへ
  行ってみると、
  おばちゃん達が
  明日の製造に向けて
  準備をしてくれていた。

かつお焼き-1

しょうが剥き

久礼どれのかつおを
焼き節に仕上げ小切りにし、
四万十川の流域で育った生姜を
千切り作業をしてくれている。

   「かつおの生姜煮」
   漁師町に
   昔っから伝わる
   伝統料理じゃけんど、
   「鰹乃國」と呼ばれる
   久礼にあって、
   ちまちましたもんは
   造りたくない・・・と、

かつおと生姜が5対5。
かつおがゴロっゴロに入ってます。

かつおの生姜煮2018-2-1

かつお生姜煮2018-2

これを
ごはんの上にぶっかけりゃぁ~、
しびったもなんのその
身体がぽかぽかになりますぞ~!!

かつおの生姜煮丼

・・・・と、
なかなかにPRも忘れない。

うどん特集!

さぁ~三連休!
じゃと言うのに
今日は朝から生憎の雨でございます。
この雨が上がると
またまた寒波がくるとか・・。
そ~なりますと、やっぱり
温ったか~いもんが
食いたくなりまする~!。

うどん-22

温ったかぁ~いと言えば、
ハフハフと吹き冷ましながら食う、
喉越しで食べる
「うどん」でございますが、
そんな昨日のeyeプラススーパーは
うどん特集でございました。

うどん-16

うどん

ま、
うどん発祥の地は
福岡博多と聞いておりますが、
そのうどん「出汁」の多くが、
かつお節やらソーダかつお、
「かつお」と言えばなんちゅ~ても
本場土佐の高知でございます。

   じゃきに、
   高知のうどんは
   なかなかに
   侮れん名店ばかり。

うどん-3

そんな高知のうどんを
プロの料理屋さんに
アンケートをもらい、
「プロが選ぶ
  美味しいうどん店ランキング」
として一挙公開となりました。

  RKCアナも総動員。

うどん-6

うどん-5

うどん-4

うどん-7

いやぁ~、あたしゃぁ~
スタジオで観るだけの
ちくと酷な番組でしたが、
たまらんばぁ~喉が鳴る
昨日の番組でもありました。

うどん-10

うどん-8

うどん-9

うどん-17

うどん-13

うどん-14

うどん-15

うどん-11

うどん-12

うどん-18

うどん-2

いやはや
食べと~て食べと~て、
この三連休は
うどん巡りでもしたいぜよ!

  【鰹乃國】
  土佐久礼と言われるほどに、
  「かつお」は有名ですが
  その久礼にも
  隠れたうどんの名店が
  あるのでございます。

うどん-21

それが「讃岐屋」。
わたくしめの同級生の
おかぁ~ちゃんと
三宅さんというおとうちゃんが
仲よ~~く営業しております。

うどん-20

10人も入れば満杯になる
小さ~なお店ですが、
この田舎で並んで待つほどに
なかなかに
美味しいうどんを提供し
何時やら讃岐の人が来て
「俺たちの食ってきた
 あのうどんはなんだったのか?」と
言わしめたと言う逸話つきの
お店でございます。

  久礼に来たら
  一度立ち寄る
  価値あるお店で
  ございます。

そして・・・、
久礼の大正町市場へも
足を運んでもらったら、
うどんの〆に
ここにもお立ち寄りのほどを。

食堂

うどん-1-2

「漁師のラー油」を使った
「焼きラーうどん」も
これまった絶品でございますぞ~!

   ・・・・・と、
   なんやら
   うどん攻めでございましたが、
   今日のところは、
   こんなんで
   〆とさせていただきます。

うどん-19

あぁ~!!
うどんが食いたい~!!

土佐は極寒の日々

連日寒いですね~!

曇天-1

なんともまぁ~、
あったか高知、南国土佐と言うのに、
もうすぐ観光開きじゃと言うのに、
連日零下の日々が続いておりまする。

曇天-2

空は見事に晴れておりますが、
なんと3℃
気温はいっこうに上がってこない。
体感気温は-1℃じゃと~。

さむぞら-1

そんな寒空の朝7時ごろ
ランドセル背負って
荷物いっぱい持って
小学1年か2年生が
学問坂を上がっていきよる姿見て、
子供も大変じゃね~・・・・と、

  子供の通学と言えば、
  新潟に住む友人が
  FBに載せている写真みたら、
  なんやら涙がでそうになるぜよ。

近藤毅-1

そんな連日の寒さにゃ、
とにかく温かいもんが嬉しい。
っちゅ~か、
こんなん食わんと生きていけん。

牡蠣-1

ちちゅう

さてさて、
子供らぁ~と言えば・・・、
小学生最後の試合に臨んで
頑張っている孫。

   寒さに乗じて
   お爺の孫自慢でも
   今回は載せましょうかいね~。

りょ-9

先日の日曜日、
卒団最後の大会に
延長戦をなんとかしのいで
次の試合に繋いだという。

りょ-7

りょ-3

りょ-2

りょ-1

りょ-4

お爺は、
めっちゃ観にいきたいけんど、
大阪まではちと遠いし・・・寒い。

りょ-6

りょ-8

次の試合に勝てたら
なにがなんでも行かねば・・と、
炬燵でひきこもり状態の
情けないお爺に活力を~!!

戦闘開始

さぁ~立春!
今年もかつお漁の始まりじゃぁ~!

船出-1

今年もいよいよ
この時期になりました。
年明けから準備に入っていた
久礼のかつお一本釣り大型船
鳳丸が出港していきました。

   これから
   家族やふるさと離れて
   約9ヶ月。
   黒潮追っての操業。
   無事な安航と大漁を
   祈らずにはいられない。
   

見送り-1

遼船の順洋丸は、
今月末の出港予定とか。

出船-1

暦の上では立春、
陸では
田起こしも始まりましたが、
春を告げるにはまだまだ遠く、
窓の外を見れば雪がちらほら。

  そんな寒空の下、
  宇和島から
  女性部の方達が
  中土佐町に展開する
  町起こしのことやら
  商品開発のことやらを
  研修に来てくれました。

宇和島-1

宇和島-3

そんな研修の冒頭、
明治・大正期
宇和島にゃ凄い男がいたという
「アメリカ亀やん」のお話を
させてもろ~たけんど、

   ご当地の方さえも
   あまり
   知られていないことに、
   ちょいと寂しい思いを
   したもんです。


宇和島-4

ウザ地ま-2

密航漁夫
  「吉田亀三郎の生涯」

密航漁夫本

帆船での太平洋横断と言えば、
1962年(昭和37年)、
当時23歳の堀江謙一が、
ヨット・マーメイド号で
単独太平洋横断成功
この偉業が
誠に有名ではあるが、

   なんと・・、
   その50年前
   (1912明治45年)に
   愛媛県保内町川之石
   (現八幡浜市川之石)
   吉田亀三郎ら5人は
   アメリカでの成功を夢見て、
   宇和海の帆曳き漁船
   住吉丸(打瀬船)に乗って、
   日本人として初めて
   太平洋を帆走横断した
   記録があるがよ。

うたせぶね-1

その快挙はアメリカでも
驚きをもって称賛され
それまで
移住していた日本人にも
大歓迎された事件ではあったが、

  日本では快挙どころか
  アメリカに金儲けに行った
  密航漁船との扱いで
  犯罪扱いされ捕えられ
  日本に強制送還された。
  残念な太平洋横断
  記録となった。

アメリカ亀やん-1

しかしこの亀三郎の執念が凄い。
これに諦めきれず、
大正二年五月八日自ら船長となり、
二間×七間半の打瀬船に身を託し、
一行二十六名、川之石を出航、
太平洋横断の壮挙に出港、
途中、暴風雨に遭遇すること再度、
生死の間を彷徨し、
あらゆる困苦に迫られるも、
遂に日本出発以来、七十五日目、
ベラベラに上陸する。

吉田亀三郎760

またまた捕えられ
日本に送還されるが、
計、五度の渡航に成功している。

   その後、
   宇和島の
   「じゃこ天」などで有名な
   魚肉練商品など、

晩年は
カナダ東部の鮭魚場では
宇和海で培われた
打瀬船の技術を導入し
一番の腕利き船頭として生き、
カナダの鮭漁に多大な影響を
残した人物でもある。

  自分も何度か
  宇和島には行っているが、
  まだその
  吉田亀三郎顕彰碑には
  行ったことがないので、
  次回の機会あれば
  是非とも見てみたい
  顕彰碑だ。

そんな研修の終わった後、
女性部の方々は
黒潮本陣にお泊りとのこと、
「是非ご一緒に食事を」・・と。
お誘い頂いたが
別の会があって残念無念。

   居酒屋「あずま」で
   別会の懇親会。

にぎり

刺身盛り合わせ-1

うつぼから揚げ-1

盛り合わせ

美味いもんの
てんこ盛りじゃったけんど、
明けて翌日、
やっぱり我が家の
温々の鍋うどんが
この寒さにゃ
一番んでございまする。

うどん-2

うどん-1

空は晴れているが、
窓の外は粉雪が舞ってます。
皆さん風邪には
まっことお気を付けくださいませ。

ニラ塩焼きソバ

ニラ塩焼きそば

とびら-1

今日は
生憎の雨模様になったが、
昨日の久礼湾は
快晴の夜明けじゃった。

快晴-2

快晴-1

そんな陽光眩しい
久礼の浜を後にして、

   昨年7月に
   股関節手術して以来
   約半年たった
   経過を診てもらいに
   愛宕病院へ。

誰でもそ~じゃろ~けんど、
とにかくあの入院一カ月は
長い一カ月じゃったなぁ~。

愛宕

   とにかく退屈で退屈で
   早く退院したくて
   リハビリもそこそこに
   飛び出したもんじゃった。

あたご-2

ま、
そんな約半年たっての経緯は
術後の股関節まわりも
順調に回復とのこと。

   午前中に
   思惑より早く
   診療が終わったので、
   いつぞや
   行ってみたいと思っていた
   野市の廣末屋へ
   「ニラ塩焼きそば」を
   食いに行ってきたぜよ。

その前に、
ちょいと立ちよった
ヤシーパークと手結の跳ね橋。

跳ね橋-1

跳ね橋-2

土佐藩屈指の良港として、
野中兼山が
築港に着手したと言う
歴史的価値ある港として
いまだに活用されている。

跳ね橋-4

跳ね橋-3

隣接している
ヤシーパークの海をみてみると、
時折白いものが舞う冬空のした、
地元ヨットクラブの学生じゃろ~か
元気にセールアップして
心地よく海面を滑っている。

de-2.jpg

で-1

しかしこのお天気、
快晴と言えども冬の海。
時折ブンッと入るブローに
何艇もが沈していた。
流石に外海へは出て行かない。

   海に放り出されても
   すぐに艇を起こし
   セールを戻し
   また何事もなかったよ~に
   滑り出す。

若い時自分も
このディンギーに乗っていたので
その面白さや快感は知っているが、
今どきの海と風は急転するんで
操艇がままならんきに大変じゃろ~。

で-3

そんなヤシーパークを後にして、
いよいよお目当ての
「ニラ塩焼きソバ」へ・・・。

ひろ-1

確かに美味かったですね~。
よくTVやら雑誌にとり上げられるのは、
やはりニラ産地のど真ん中で
これでもかってなほどニラを使い
またオリジナルの塩だれが
このニラとソバにぴったりの相性。

ひろ-4

ひろ-3

半分ほど食って
後はお勧めの
レモンをギュッと絞り
食ってみたが、
これまった爽やかな味に変わり
なんぼでも食える様相・・。

ひろ-6

ひろ-7

お好み焼きもついでに食って
腹満腹の
大満足で家路に・・。

今夜も極寒日雑炊

いやぁ~寒い!
   お昼頃には
   ちょいと
   春めいてはいましたが、
   日が落ちると
   グンと寒さが
   増してきましたね~。

春日和-2

春日和-1

午後7時30分。
現在の久礼の気温は
なんとか2度じゃけんど、
しかし夜中過ぎて朝方には
またまた零下の世界じゃろ~。
 
本陣青空

堤防い

しかし、
この久礼というところは、
寒いには寒いが
雪はめったに降らない。

  高知県の北の玄関ともいう
  いの町本川の地域は、
  最低気温が-10度じゃという。

鳳-1

そんな寒さにはならないが、
やはりこの冬一番の厳冬。
出港を待つ大型かつお船も
ちょいと寒さにひと休み・・。

  昨年は、
  12月も
  いっぱいまで頑張った、
  土佐沖をテリトリーとする
  かつお一本釣り小型船も
  この時とばかり羽を休め、
  岸壁に抱かれて
  修理や補修に入っていた。

リュウコウ

八幸

植木

繁丸-1

そんな港周りを
原チャリでぶらぶらして
家に帰ってきたが、
いやぁ~お天気はいいのだが
身体が冷えて冷えて・・・。

  どこもかも
  凍りついているなかで、
  超~元気に
  餌をねだる金魚。
  水温をヒーターで
  温めている金魚が
  羨ましかったぜよ。

ヒーター-1

  そんなわけで、
  我が家の夕食は
  二日続きの
  厳冬日雑炊。

雑炊-1

雑炊-2

あんちゅ~ても
これが一番
温もるぜよ!

  皆さんも
  風邪ひかんよ~に
  お気を付けて。

   

Chasing my dream

【夢を追いかけて】

午前7時-3

今朝は
昨年11月に発売して
好評を頂いている
「土佐のジャコ魂」造り。

   それが・・・、
   本格製造までには
   天日干ししたジャコに
   混ざりものがないか、
   はたまた
   異物が入ってないか・・
   などなど・・・、
   作業にはなかなか
   お手間がかかりまする。

ジャコ行程-4

そんな前日の作業が終わって、
早朝からの本格製造・・。

ジャコ行程-3

ジャコ行程-1

ジャコ行程-5

しかし、
数日前のよ~な寒波も緩み
仕事場ではうっすら汗ばむ
温かな早朝作業じゃった。

ジャコ行程-6

ジャコ行程-2

作業は
捗る捗る。
まだ真っ暗なうちに
一段落ついたぜよ。

夜-1

コーヒー

午前7時
コーヒー沸かして
一服していると、
東の空が朝焼けに明けてきた。

   一息入れに
   浜に出てみると
   今朝の沖の雲は厚く
   だるま朝陽は望めないが
   明々と明けて来る空が
   まっこと綺麗じゃった。

午前―7時-2

こんな
朝焼けの空をみていると、
また復活しょうとしている
20年前の子供たちの歌詞が
爽やかに蘇ってくる。

夢を追いかけて画像CD

夢を歌詞

いい詩です。
そのうち子供たちの
元気な歌声入りをレコーディングして
お披露目いたしまする。

  さてさて、
  お話ゃと~んと
  変わりますが、

昨日
一緒にスタジオ入りしていた。
RKC高知放送の
新人アナウンサー高橋君。
まっこと爽やかな好青年です。

RKCスタジオ-1

昨日RKC-1

もう一人の新人
雫石アナと二人が
これからの局を
ぐんぐん引っ張っていく
ベテランになっていくじゃろ~ね~。
頼もしい。

↓   

寒い朝

いやぁ~!
今朝は寒かったですね~。

  めったに雪など降らぬ
  海辺の町も
  今朝はちょいと
  白くなってました。

雪の朝-1

白くなったと言っても、
たかがほんのりと・・・。

   新潟に暮らす友人の
   便りのよ~なことになったら、
   土佐はまっこと
   パニックじゃろ~ね~。

猛-2

企画・ど久礼もんの
作業場に向かう
午前3時半頃は、
まだそれほどでもなかったが・・、

雪の朝-3

夜明け頃は
放射冷却なのか・・、
キンと凍てつく寒さじゃった。
早朝仕事が終わって
外に出てみたら
原チャリが凍りつちったぜよ。

雪の朝-2

何時もの浜へ出てみたら、
川煙り(気嵐)が。

雪の朝-5

雪の朝-4

お家へ帰るなり
風呂に飛び込んだぜよ。

  すると・・、
  大阪に暮らす
  娘一家から
  写真が送られて来ていた。

初詣-1

初詣-2

小学生最後の大きな試合が
この日曜日にあるらしく、
それになんとしても
行こうと思っていたが、
ちょいと
仕事の都合で行けそうにない。 
むむ~・・・・、残念無念!

  鰹乃國から、
  頑張れよ~!!っと
  応援するしかない。

龍馬-001

正月にはキャッチボールしたが、
小学生と言えど鍛えられ
放る玉がだんだん
早くなってきたこの頃、
嬉しいことにお爺いは
ついていけんよ~になってきた。
笑って誤魔化すしかない。

龍馬2018-野球-1

それんしても、
今朝の寒さは半端じゃなかった。
皆さんお風邪をひかんよ~に
温かくして過ごしてくださいよ~。

【うたた寝や あっと言う間の 三が日】

いやはや・・・、
あっと言う間に過ぎて行った
三が日でございました。

   いよいよ今日から
   お仕事はじめの第一日。
   まずはご挨拶まわりから。

日頃からお世話になっている
各所公的機関から始まって、
龍馬空港へ・・。

ご挨拶-0

ご挨拶-3

ご挨拶-7

ご挨拶-2

ご挨拶-4

ちょいと遅い昼飯を
今年初のスシローで、
腹いっぱい詰め込んで
高知駅の「とさ屋」へ、
大丸前の「てんこす」へ
須崎の道の駅へ・・・。

   まっこと
   昨年はお世話になりました。
   本年も何とぞよろしく
   お願い申し上げます。

ご挨拶-5

ご挨拶-8

ご挨拶-10

ご挨拶-6

ご挨拶-9

ご挨拶-11

販売して頂いている
各所皆さまのお陰で
今年も企画・ど久礼もん、
頑張ってやれそ~です。

   そんなご挨拶まわりを終えて
   家に帰って一息つくと、
   帰省してきた
   孫たちと遊んだ
   暮れとお正月が
   あっと言う間に過ぎて
   早くも懐かしい・・・。

ぶり

アクア

龍馬と爺い

から-1

から-2

まこ

2018-家族正月

さぁ~・・・!
いよいよ正月気分を
ぶっ飛ばして
ぐわんばらねばぁ~!!

  そんな気分で
  久礼漁港を
  一回りしてみると、
  大漁旗をはためかせ
  もうすぐ始まるであろ~、
  今年の漁期を控えて
  ゆったりとかつお船が
  羽を休めていた。

大漁旗-3

大漁旗-2

大漁旗-4

大漁旗

どんなに
固い決意で始めた日記も、
三日坊主もえ~ところで、
何時の間にやら
埃かぶりになっていたが、
このブログに切り替えてからは、
なんとか今のところ続いている。

   今年も
   あんまし気合いを入れず、
   のほほ~んと
   続けてみよ~と
   思ってます。

平成30年の幕開けです。

新年あけましておめでとうございます。

謹賀新年-1

*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*

新春のお喜びを申し上げます。

皆様にはすこやかに
  新春をお迎えのことと存じます。

昨年は何かとお付き合い頂き
  ありがとうございました。

本年も変わらぬお付き合いの程、
宜しくお願い申し上げます。

    平成三十年 元旦

*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/

朝風呂に入って身を清め
まずは氏神様へ新年のご挨拶に。

元日-5

元日-1

元日-2

何時もの八幡宮前
パワースポットに出てみると
初日の出を拝みに
多くの人がぞくぞくと・・。

元日-4

元日-3

午前7時を回り、
間もなくして東の空が
朝焼けに明けてきた。

元日-6

謹賀新年-1

日の出-2

さぁ~、
いよいよ今年の幕開けでございます。
皆さまのご健康を祈り
素晴らしい年になりますよう
「鰹乃國」からご祈念申し上げます。

本年も宜しくお願い申し上げます。

ご愛顧に感謝 良いお年をお迎えくださいませ。

一年のご愛顧
誠にありがとうございました。

三人-760

なんやら、
あっと言う間の一年であったよ~な、
はたまた難問やら嬉しい事やら
思い返せば
色々とあった一年でもございました。

ふるさと瓶

   お陰さまで
   企画・ど久礼もんは
   最終の送りも整い
   一年の業務を無事終えて
   忘年会を開くことができました。
         
出荷-1

送り-1

送り-2003

忘年会-1

さち-1

さかい-1

すが-1

もとい-1

さぁ、
いよいよ来年は平成30年!
来る年も何卒宜しくお願い申し上げます。

鍋をかこんで

そしてまた・・、
この一年ご愛顧賜りました
スナック論吐奈唖(ろんどなぁ)も、
年内の営業を〆させていただきました。

ロンドな―忘年会-1

論吐奈唖-001

年明けは2日から
営業いたします。
一年のご愛顧
誠にありがとうございました。

来る年も何卒宜しくお願い申しあげます。

師走の大掃除&ひと休み

今朝も
上々のお天気ながら、
昨日に続き冷たい突風が
ブンブン吹いておりますね~。

朝の雲

朝の本陣

大風が続く昨日は、
一年に何度かしない
PC部屋の大掃除をしましたぞ~!

Pheya--1.jpg

P部屋-2

片付け終わって
ひと息付きながら
よ~く眺めてみると、
なんやら遊び道具ばっかじゃね~。

   この寒空に
   ひと汗かいたんで、
   港へぶらっと
   お散歩に行ってきた。

画面

さすがにこの日は
久礼のカツオ一本釣りの各船も、
雨あがりの大風で
ガッチリ岸壁に舫いをとって
休んでいましたね~。

ふね-1

漁師仲間の友人で、
飛翔丸の船頭に、

  「も~今年の商売(操業)は
   終わったかやぁ~?・・」
  
  ・・・と聴くと、

  「今日はちくと
   休みよるけんど、
   まだまだ~!、
   29日までゃ
   バリバリやるぜよ~!」

  ・・・とのこと。

そんな各船張り切りようで
昨夜のうちに早々と
出港していったと思うが、
この日はつかの間の休みで
ゆっくり身体を休めたことじゃろ~。

ふね-2

ふね-3

ふね-4

ふね-5

ふね-7

ふね-8

ふね-6

お正月もそこに来た、
ど~か年内、
無事な安航と
今年の〆として
大漁を祈って後にした。

   「追伸」
  このブログをアップして
  ほんの間も無く、
  ニシガワヤスノリのFBに
  現在の足摺沖の沖模様が
  はいってきたので
  編集追伸します。

大荒れの

かつおは
温かい海に帰ったと言う・・。
はよ戻んてき~やぁ~!!
  

世間はXmas!

忘年会続きも
いよいよピークがすぎましたかね~。

  お後は、
  仲間内の小さな忘年会・・と、
  企画・ど久礼もん(企)の
  大忘年会が・・・・。

朝は

今朝も沖まで澄み渡る
最高のお天気じったけんど、
お昼頃から俄かに曇ってきました。
明日は雨になるかもねr~・・・。

   そんなお天気のなか、
   なかとさの道の駅で
   Xmasイベントが
   行われていたので
   いってきた。

たいち-1

たいち-2

大好きな
ロックンロールバンド、
The Rockatsが出てたんで、
大急ぎで聴きにいってきた。

たいち-3

たいち-4

たいち-5

やっぱりね~。
こんな音楽が一番じゃ~!

 ↓

師走のかつお漁~水揚げ~捌き

厳冬のかつお漁

         (写真提供 ニシガワヤスノリ)
白黒かつお船

冬の操業

今朝も一段と寒かったですね~。
しかし・・・、この土佐沖は
適正水温を保っているのか、
この厳冬の時期にしては
好調なかつお漁が続き、
久礼漁協に
今朝も2トン半の水揚げがあった。

操業-1

冬の海

この好調な
水揚げが続いているので、
なかなかお正月を迎えても
ゆっくり休む状況では
ないじゃろ~が、
その末期迫る寒い海で
久礼のかつお一本釣り漁師は
大奮闘して頑張っている。

水揚げ-12-19

小型水揚げ--14

水揚げ市場-1

悴む手で、
捌いては焼き、焼いては捌き、
その仕入れたかつおを
これまた早朝から
作業に追われる魚屋。

小キロもん

田中-1

脂-1

4キロものから~6キロ
かつおの魚体も最高ながら
その身質もこれまた最良。

   そんな 
   厳冬の海で奮闘する
   かつお一本釣り漁師やら
   早朝から捌きに追われる
   魚屋にゃちくと悪いが、

あたしゃぁ~温々と
こんなん食って温もってます。

おかゆ

うどん

ほかほかと
温ったかぁ~い部屋で、
ゆるゆると
温いもん食ってる場合じゃない!
正月もそこに迫ってきた。
さぁ~おいらも
がんばってやるべ~!!

冬の海~気嵐~かつおの生姜煮

今朝は
一段と寒かったですね~・・。
カメラ持つ手が
切れるほど痛かったぜよ。

けあらし-1

かあらし-3

けあらし-2

しかし、
陸で温々と暮らしながら
「寒い」ぢゃの「辛い」ぢゃの
愚痴は言われんぜよ。

  板子一枚下地獄と言われる
  この寒い師走の海で、  
  かつおを追っている漁師にゃ
  まっこと頭の下がる思いです。

   (漁師仲間・ニシガワヤスノリ撮影)

冬の海-7

冬の海-6

この12月になっても、
水温は維持しているのか
依然ありがたいことに
かつおは良好な水揚げが続いている。

  しかし
  なんぼか風は冷たいし
  波は荒れて高いし
  辛い操業じゃろ~けんど、
  も~すぐ正月休み
  「頑張ってくれ~」・・・と、
  ひと事みたいに言うしかない
  申し訳なさ・・・。

冬の海-1

冬の海-3

冬の海-5

冬の海-4

そんな苦労を見ていると、
陸の仕事ってのは
なにをやっても
屁~みたいなもんじゃけんど、

   それがなかなか・・・、
   ちょいとの早起きでも
   甘ちゃん極道になって
   辛いと思うもんです。

年末出荷にむけて
「かつおの生姜煮」つくり。

かつおの生姜煮鍋

世間にゃいろいろ、
「かつおの生姜煮」は
出回っているが、

   半端なかつお使用じゃ
   鰹乃國のメンツが立たんっ
   ちゅ~てコストも顧みず
   自己満足な商品造り。

しかし、
美味いもんは美味い!
これがホンマもんの
「かつおの生姜煮」ぜよ。

かつおの生姜煮皿

かつおの生姜煮-瓶-1

かつおの生姜煮どんぶり-1

温飯の上にのせりゃぁ~、
最強の漁師めし。

  さぁ~、
  12月も半分すんだ、
  もうすぐ待望の
  孫たちに逢える。
  
琴美麻心

龍馬-P-1

も~ひと踏ん張り
お爺は頑張って頑張って!!

↓   

師走の海で~極寒の早朝に


師走に入りここ数日
身に沁みるよ~な
寒い日が続いています。

かつお本体760

しかし、
黒潮流域の水温は
まだまだ高いのか
かつおの水揚げは
好調が続いています。

   師走の海で働く
   土佐の一本釣り
   かつお漁師には
   頭の下がる思いです。

そんな土佐沖で頑張っている
久礼の漁師仲間
「ニシガワヤスノリ」より画像拝借。

極寒-3

極寒-5

極寒-4

極寒-6

極寒-1

極寒の海で奮闘する
一本釣り漁師のお陰で、
水揚げ市場は活況の様相。

   今朝も
   大量に水揚げされた
   との一報で、
   まだ明けきらぬ
   午前6時過ぎに
   水揚げ市場へ行ってみた。

明け-2

本陣風呂風呂

黒潮本陣の
露天風呂の灯が
なんとも羨ましくも温かい。

本陣風呂

一本釣り漁船の
水揚げは更に終了して、
早くも魚商人の
値踏みが始まっていた。

かご-1

かご-3

かご-4

かご-2

かご-5

我々消費者には
ちとづつないが、
この寒い海で頑張っている
一本釣り漁師には吉報の
高値が続く・・。

朝浜-1

  昨日は
  そんな久礼の近況を
  松山の商工会議所の部会が
  研修に来てくれ
  黒潮本陣にも泊ってくれた。

松山組

ちょいと風は強かったが
お昼頃は麗らかな浜日和に。

青-1

温かくなった浜には
「土佐の一本釣り」の作者
青柳裕介先生の石像洗いも行われ、
心地よい正月迎えができました。

青-3

青-2

青-6

青-4

青-5

清掃終了後、
市場食堂・ど久礼もんで、
昼飯をかねてお疲れ会。

青-8

青-7

さぁ~、
12月も三分の一が過ぎた。
これからこの年末
何かと気忙しい日々が続きます。
ぐぁんばっていきましょ~!

   みなさんも
   お身体には十分
   ご自愛のほど。

うつぼのすき焼き~大好評で・・・。

今日も快晴の
いいお天気になりました。
・・・しかし~、
早朝はむちゃ寒かったですね~。
原チャリで走りよったら、
お手々が
千切れるかと思いよったぜよ。

うつぼ~

   こんな師走の
   寒さになってくると、
   温か~い鍋が
   むしょ~に恋しく
   なるもんでございます。
   ま、
   そんなお鍋の話は
   ちょいと後にしまして、
   
久礼の西町商店街の一角に
小さな可愛らしい
お店がございます。

きりん-1

きりん-3

きりん-2

店の名前は
「きりん屋」さん。

  土曜日と日曜祭日しか
  開いてませんが、
  先日、ちょいと中を
  覗かせてもらいました。

きりん-5

きりん-9

おいらのよ~な
ガサツなお爺の
入るよ~なお店じゃないですが、
いかにも女性受けする
可愛らしい小物が
品よく並んでおりまする。

きりん-4

きりん-8

きりん-7

きりん-6

久礼の大正町市場から
北に150メートルほどのところ。

  クリスマスも近い
  そんな小物を見つけに
  ちょいと入ってみませんか。

さてさて、
Xmasや師走と言えば
家族やら親しい仲間と、
温かいひと時を楽しく
過ごしたいもんでございますが、

   そんな
   集いにぴったりの
   鍋パーティー用が
   ございます。

ウツボ食い-5

「うつぼのすき焼き」セット。
このすき焼きに
なくてはならない
ニンニク葉も添えて
野菜もたっぷり。

ウツボ食い-7

コラーゲンたっぷりの
骨なしうつぼ。
田舎豆腐に田舎こんにゃく
ど久礼もん特製の
割り下まで付いて
お鍋さえ用意して頂ければ
即鍋パーティー。

ウツボ食い-10

そんな時期になりますと、
我々ど久礼もんスタッフも
誰とはなしに・・・、
お客さまに
ご提供するまえに
まず「試食会」を・・・と。いう
暗黙の目配せが・・・。

ウツボ食い-8

うつぼ食い-1

ウツボ食い-2

美味いあきよし

ウツボ食い-5

漁師町の久礼では
昔っから
当然のように食ってきたうつぼ。

   その厳つい姿や
   海のギャングと言われ
   一般受けしなかった
   ひと時期もありましたが、
   
伊勢海老を
大好物にしているだけあって、
その美味さや太鼓判!
何時しか女性ファンが
増えていった有難い経緯もございます。

ウツボ食い-8

   そんな
   「うつぼのすき焼き」を
   食べてみませんか・・。
   ・・・・と、
   大宣伝したいところで
   ございますが、

年内は品薄状態になり
残念ながら受注は
断念せざるを得なくなってきました。
誠に誠に申し訳ございません。

  漁況好転回復しだい、
  暫時お知らせいたします。

ウツボすき焼きセット4人前
いやはや、
まずはお知らせと思いつつ
残念無念でございます。

青柳先生石像洗い

師走の
冷たい雨になりましたね~。

a-1.jpg

そんな今日の予定では、
例年、この12月の今日
関係者が集まって
「土佐の一本釣り」の作者
青柳裕介先生の
石像洗いをする日ですが・・・。

石像

石像-2

残念ながら、
天候不順で
日延べとなりました。

   やっぱり、
   一年の汚れを落とす
   石像洗いは
   ぽかぽかと温かい
   小春日和が
   え~ですね~。
   大将~っ
   もちっと待っちょって
   くださいよ~。

そんな昨日は
まっことえ~土佐日和でした。

み-5

はま-001

お天気

久礼新港にある道の駅も
多くのお客さまが
ポカポカ陽気のなか
寛いでましたね~。

み-4

み-1

み-2

み-6

それにここは、
道の駅すぐ前の漁港で
即、釣りもできる絶好の
ロケーション。

み-7

家族でゆるりと過ごすには
最高の場所ですね~。

   そしてまた
   明治初期より
   物々交換から
   はじまったという
   ノスタルジック市場
   久礼の大正町市場も
   多くのお客さまが
   立ち寄ってくれました。

さく-3

さく-4

さく-5

遠くから
わざわざお買い求めに
来てくれたお客さまも・・・。

じゃこ--1

  お陰で
  うちの店も
  繁盛させて頂きました。

さく-1

さく-2

さぁ~いよいよ
歳末商戦!

  多くの
  お客さまのお越しを
  心よりお待ちしております~。

師走の海で

いよいよ師走入り。
流石に12月。
今朝がたはぐっと気温も下がり、
原チャリ走りも
手袋がほしくなってきました。

   ちょいと気が早いが
   今年一年を
   振り返ってみると、
   久礼のかつお漁況は
   近年まれにみる
   好調を維持したよ~だ。

かつお沖-1

それんしても・・・、
漁師仲間のひとり、
「ニシガワヤスノリ」から、
近況の沖模様が
FBにアップされるが、

   一番「羨ましいなぁ~」・・と
   思うのが船での沖飯。
   釣ったばかりの
   まだ体温のあるかつおを
   まな板の上で即解体。

揺れる

このかつおの刺身は、
なんちゅ~ても別格もの。
陸のかつお好きっちゅ~人に
一度食べさせてみたいもんだ。

かつお切り身

そんなかつお船の
沖飯を思い浮かべるほどに
呑気な今は陸暮らしであるが、
この寒い師走の海で
久礼のかつお一本釣り
小型漁船は今日も頑張っている。

沖釣り

冒頭に書いたよ~に、
黒潮の蛇行などあった割に
今年の土佐沖漁は好調を維持した。

   各船の水揚げも
   春先から
   途切れることなく
   順調に良好じゃった。

水揚げ市場

そんな一年を維持して
総仕上げのいよいよ師走。

  友人からの便りだと、
  まだまだ土佐沖で
  頑張っているよ~だ。

クジラ

かつお漁船の
ブリッジから覗いた絵には
小さなクジラじゃけんど
鳥も付いてかつおも付いているよ~だ。

   「寄らば大樹の陰とやら」
   じゃないけんど、
   天敵に狙われる
   かつおの群れも
   クジラの陰に寄り添って
   異動する時がある。

その習性を知っている
かつお一本釣り漁師は
遠く水平線に
クジラの水煙が上がりと
それめがけて
全速力で追いかける。 
「クジラ付き」の群れだ。

寒い海-2

クジラ-3

クジラ-2

そのクジラの鼻先に回り込み、
カタクチイワシの生き餌を
バラバラッと放り込むと
かつおがワッと湧き上がり
一斉に釣れ始める時もあれば、

   クジラ周りに
   ワンサカ
   かつおは付いているのに
   一向に
   食ってこない時もある。
   一本釣り漁の
   定めとはいえ、
   空振りに終わると
   なんとも意気消沈の
   時もある。

沖商売

寒い沖
   
それでも、
次の獲物を狙い、
皆必死で冬の海で
双眼鏡で沖を睨む・・。

双眼鏡-1

いよいよ今年も
後、一カ月。
今年の総仕上げの思いを込めて
大漁があってくれることを祈る。

   山の紅葉も
   いよいよ終わったよ~だが、
   町中の木々も
   来年の芽吹きの準備か・・・
   色鮮やかに
   葉を落とし始めた。

もみじ

師走-01

師走時、
気忙しい上に
寒さも益々厳しくなってきます。
皆さまお身体にはくれぐれも
ご自愛くださいませ。

だるま朝陽の昇るまち

明日は
お天気が良くなりそ~です。
つ~ことは・・・、
こんなだるま朝陽が
ひょっとして
見られるかも知れませんね~。

朝日-0012

そんな「だるま朝陽」を撮ろう・・と、
この11月になってから、
浜にカメラマンの数が増えてきました。

かめら-1

朝日-0022

朝日-0024

ところが・・、
この「だるま朝陽」
ここに来れば
何時でも現れるってもんでもない。

   冬の時期、
   通いつめても
   一度も撮れなかった
   だるまファンもいる。

お日さま

かめたら

夜明け前から
凄い高級機を三脚にのせて
待ちかまえるカメラマン。
そんな、まね事でもしてみょう~と、
6,7年前に初めて
安もんのカメラ持って行ったら、

  なんと
  運よく
  一発目から
  上の写真のよ~な
  だるま朝陽に
  巡り合った。

朝日-0038

朝日-005

それから、
何度か暇を見つけては
お天気のいい日に
浜に向かうが
なかなかだるまにゃ
お目にかかれない。

朝日-004

朝日-0033

今年も年賀状用に
綺麗で神々しい
だるま朝陽を撮りたいなぁ~と、
思いながら、
空振りの写真をブログや
FBに載せよったら・・。
ある友人からのメッセージで。

  「おはようございます。
  この写真、雲が墨絵みたいで
  ありふれた
  ダルマ朝陽より好きです。
  画像ほしいがですが
  コピーして
  かまいませんでしょうか?」

っちゅ~メッセージ。
「だるま朝陽」じゃないと
朝の久礼八幡宮前の
景色じゃないと思いよったけんど、

  夜が白みはじめ、
  さまざまに色を変え
  徐々に明けて行く
  その海の、浜の姿こそ
  美しいと思ってくれる
  人がいることに
  俄然やる気が出て

ここに一挙公開ってことで、
お披露目いたしまする~。

朝日-0032

朝日-0031

朝日-0030

朝日-0034

朝日0025

朝日-0028

朝日-0026

朝日-0027

朝日-0029

朝日-0036

お恥ずかしいよ~な
安もんの一眼レフカメラもあれば、
スマホでちゃっかり写したものやら
相も変わらぬ
何時もの浜からのショットじゃけんど。
一年を通じて
装いを変える浜の姿も
これまったえ~もんですね~。

朝日-0023

朝日-0021

朝日-0035

朝日-0025

朝日-0019

朝日-0018

朝日-0017

朝日-0016

朝日-0020

朝日-0037

朝日-0015

朝日-0014

朝日-0013

朝日-0011

朝日-009

朝日-008

朝日-007

朝日-006

朝日-0010

朝日-0040

朝日-0039

朝日-003

朝日-002

朝日-001

日が違えば
二つとして同じものがない。
何時もの同じ場所で撮りながら
毎日毎日その様相を変える
夜明けの大自然ってのは
まっこと荘厳な朝のドラマですね~。

  そんな朝陽の立ち上がりを
  ふら~っと観に来てみませんか
  久礼の浜へ・・・。

鍋の季節やぁ~!

街はいよいよ
ジングルベルが鳴りだした。

   今日もお天気は上々、
   風さえ吹かなければ
   小春日和じゃけんど、
   風がなんやら
   冷たかったですね~。

クジラ鍋

そんな寒さのつづいたここ数日。
友人が送って来てくれた
クジラを使ってクジラ鍋。

   子供の頃は
   食いたくもなかった
   越前煮。

今は大好きな
煮しめ。

越前煮

今日も
ヘルシーに
茸を放り込んで
野菜たっぷりの鍋。
連日鍋三昧でございます。

鍋野菜

  さてさて、
  「鍋」と言えば、

  「うつぼのすき焼き」の
  ご注文が増えてきました。

うつぼ料理760

なんやら
恐ろしげな様相の魚じゃけんど、
これほどコラーゲンたっぷりで
淡白でありながら美味い
女性受けする魚も珍しいですね~。

うつぼ皿鉢

うつぼのすき焼き有吉760-3

うつぼのすき焼き5000円

うつぼすき焼き-1-760
とにかく、
一度食べたら
みんなびっくりする美味さぜよ。

有吉うつぼ鍋

うつぼすき焼き身760
うつぼスkり焼き有吉・川島7

うつぼすき焼き7鍋

寒い一日を終わって
ほっと一息一家団らん。
鍋でも囲んでみませんかぁ~。

そんな
「うつぼのすき焼き」セットを
下記で絶賛発売中!!
       ↓
http://shop.dokuremon.com/?pid=75387123
  お鍋さえ構えて頂ければ
  すべて揃った4人前。

うつぼのすき焼き760-2

お鍋の力は凄い!
みんな幸せな顔になり
豊かで寛いだ
気分になりますぞ~!!   

鰹のタタキ~台湾~俺のたれ~中の島

今日は久礼弁で言う、
一日冷たさのつづく
曇天の「シビタ」かと思いきや、

  早くも雨がぽつぽつ
  落ちてきましたね~・・・。
  この頃は一雨ごとに
  寒さが増していくよ~で、
  寒さにめちゃ弱いあたしゃ~
  暇ができたら炬燵の中。

ま、
こんな画像は
見ているだけで
暖かいんですがぁ~・・。

タタキ火-1

そんな焼きあがりの
かつおのタタキを求めてか、
ありがたいことに
連日どっかのテレビクルーが
大正町市場に
入って来てくれてます。

TV

前園

昨日も、
田中鮮魚店前は、
丁度遠足に来た小学生に
前園さんが囲まれてました。

田中

  そんな田中鮮魚店の社長が
  かつおのタタキをやりに
  台湾の高尾
  阪神百貨店前まで
  遠征して
  デモストやってきたという。

台湾-1

台湾-2

台湾の人たちにも
「かつおのタタキ」は
驚きの大好評じゃったらしい。

  好評と言えば、
  そんなタタキにも
  ピッタシの
  かつお出汁を
  たっぷり使った
  「俺のたれ」が
  このところ
  これまた有難いことに
  好調でございます。

俺たれかつおぶし
早朝から造りあげた
「俺のたれ」が
瓶詰めされ化粧をして
仕上がっていくのは
なんやら嬉しいもんでございます。

俺たれ-瓶姿

俺のたれラベル姿

俺たれ箱

俺たれ晃司

そんな「俺のたれ」を・・と、
昨日は友人夫婦が
わざわざ久礼まで
買い求めに来てくれました。

岡本さん夫婦

春来たならば 鰹が踊り
夏来ればシンコ肴に冷酒で乾杯

  秋は囲炉裏で焼き魚
  冬には愛しい顔並べ
  鍋を囲んで一家団らん

わたしどもは、
巡る季節に歓びを感じ
「旬」を大切にし
ふるさとの心を伝えられる
企業であるよう
こころがけてまいります

   企画・ど久礼もん

企業組合発足以来、
これが私どもの旗標であり
モットーでございます。

春来れば760

そんな旗標のもと、
ちょいと
息抜きもしてきましたぞ~・・!。

中の島-4

何時も見なれた風景ですが
いいもんですね~、
こんな風景は。

  なんやら
  ほぉ~っと落ち着きます。

IMG_0381.jpg

須崎市の
野見・大谷をぐるるっとまわって
橋で繋がっている
中の島に行ってみました。

中の島-3

中の島

中の島-2

中の島-5

中学生の頃、
悪さ仲間が集まって
親戚の船を黙って借り出し
5.6人で貝獲りに
行ったもんです。

中の島-7

中の島-6

そんな息抜きしながら、
さぁ~いよいよ12月が来る。
師走商戦に構えなければぁ~!!

【ありがとうございました】久礼の門前市

久礼の門前市当日
快晴のお天気には恵まれましたが、
大風の吹く寒い一日となりました。
それでも
多くのお客さまを迎えることができ
町が賑わっての感謝でございます。

千客万来門前市

19-1.jpg

19-2.jpg

19-3.jpg

我々企画・ど久礼もんは、
例年のごとく
「焼きラーうどん」で出店。

やき-1

19-4.jpg

19-7.jpg

19-5.jpg

寒さも手伝ってか、
焼きあがりの温々の
「焼きラーうどん」は好評で、
午後2時前頃には
完売させて頂きました。

   多くの
   お買い上げの皆さま
   ありがとうございました。

19-6.jpg

19-8.jpg

完売-2

完売

そしてまた、
寒い大風の中
久礼の門前市を盛り上げて頂いた
町内町外の出店の皆さま、
誠にありがとうございました。
お疲れさまでした。

19-9.jpg

19-13.jpg

19-12.jpg

19-12.jpg

19-10.jpg

19-11.jpg

19-14.jpg

19-18.jpg

19-16.jpg

19-17.jpg

19-15.jpg

19-19.jpg

19-23.jpg

19-22.jpg

19-21.jpg

19-20.jpg

19-24.jpg

19-26.jpg

19-25.jpg

19-28.jpg

19-27.jpg

19-30.jpg

19-32.jpg

そしてまた、
思いがけない方達とも
会うことができました。

19-34.jpg

19-36.jpg

19-35.jpg

寒い一日でしたが
楽しい一日でもありました。
ここに来ればいろんな品々に遇え、
いいろんな人たちにも遇える。
そんな「門前市」で
ありつづけたいもんです。

鰹乃國ありがとう~。

来年春の「門前市」。
多くのご来訪また出店を
心よりお待ちしております。

ありがとうございました。

門前市~家飯が美味い!

さぁ~今年も後半!
11月19日今度の日曜日には、
門前市「冬の陣」が開催されます。

  我々「企画・ど久礼もん」は、
  例年の好評を受けて、
  大正町市場入り口、
  市場食堂・ど久礼もん前で、
  【焼きラーうどん】を
  販売いたします~~!!

門前市2017-1

門前市-3

門前市-2017-4

門前市-2017-6

やきらー001

ジャンジャンバリバリ
焼いて焼いて焼きまくりますんで、
挙ってのお買い求め
お待ち致しております~!!

門前市-2017-7

門前市-0

門前市-2017-5

門前市-017-2

そんな門前市のひらかれる
大正町市場を覗いてみると、

かつお棚

たち

  当然「鰹乃國」
  美味そうなかつおやら
  今どきの太刀魚が
  棚狭しと並んでいましたが、
  ふと見ると
  こりゃまった
  美味そ~な
  トビウオが~~!

とび001

思わず昼飯用に買ってきて、
お皿に切り盛りしてみた。

とび-002

土ボ-

むむ~~!!美味い!
家飯もすてたもんじゃない。

港町って
いいなぁ~・・・と、
つくづく思った
昼飯でございました。


香美市商工会ご来訪

生憎の雨降り
そんな天候の中じゃったけんど、
大正町市場を覗いてみると、
ちょいと「かつお」は高値じゃけんど、
そりゃぁ~最高の赤身の色で
かつお好きを待ちかまえておりました。

身質-2

香美市-06

白っぽくなるほどの
脂ののりではなく、
  頃合いの脂ののりで、
  赤身が実に爽やかに
  綺麗じゃ!

akami.jpg

そんな大正町市場に、
雨降りの中昨日は
いろんな方が来てくれた。

   香美市から来てくれた
   商工会の部会の方々。

香美市-01

香美市

かみし-2

そして、
夕方テレビでおなじみの
木村卓也の
上を向いて歩こうクルー。

  ハワイからの
  日系の方々で
  ひと際賑わいを
  醸し出していた。

きむら-1

きむら-2

香美市-02

香美市-04

香美市-05

香美市-07

香美市-03

快晴の
今日のような土佐日和なら
よかったけんど、
まぁ~今日は今日で
新たなグループが
訪れてくれる予定。

   さぁ~ぐわんばって
   いきまっしょ~!!

香美

さてさて、
  50名様に
  ど久礼もん商品が当たる
  10周年記念企画。
  
有難いことに
ぼつぼつ投稿が増えだしました。
お一人様何篇でもかまいません。
どんどこ気軽に投稿くださいませ~。

大募集11-10

フォトコン11月最新
投稿先は
   此方でございます~!!
        ↓
https://www.facebook.com/katsuonokuninodokuremon/

お待ちしております~!!
  ↓

「大流通を追って」

今日もいいお天気になった。
土佐沖の
模様を聴くのも楽しみじゃが、

この頃毎朝、
新聞を見るのも楽しみじゃね~・・。

  「大流通を追って」
  毎朝素晴らしい記事の
  掲載が続いている。

大流通を追って

今朝も
企画・ど久礼もん仲間の一人、
大正町市場の魚屋を覗いてみると、
早朝から揚がったばかりの
かつおを捌いて捌いて
大忙しの様相・・・。

さかなや

「おお~、
 今朝も好調に
  揚がったみたいなねや」

「量は少ないけんど、
 なかなかえ~かつおぜよ」

かつお-02

かつお-01

「赤身がしっかりしちゅ~し、
  脂ののりも丁度え~」

「まっこと色がえ~ねや」

かつお-03

かつお-04

捌いては焼き
焼いては捌き
秋の美味そうなかつおが
次々に棚に並んでいく。

かつお-002

たたき001

「こりゃぁ~まっこと
  美味そう~なねや
   なんぼかかつお食いの
    高知県民にゃ
     たまらん色合いぜよ」

「高知県民もじゃけんど、
  この頃は海外の人らぁ~も
   かつおに注目しだしたきね~」

「ほっほ~、
  海外の人らぁ~まで・・」

「そ~ながよ、
  明日から二日間
   台湾でかつおのタタキの
    デモストやるがぜよ」

「ありゃ~・・・、
  そりゃ大変じゃねや」

「その準備に
  追われよらぁ~よ」

「そ~かぇそりゃ~
  頑張ってこいよ~!」

「了解!!」

  そんなこんなで、
  高知のかつおの
  注目度が上がれば、
  値段も
  高値が続くじゃろ~・・・。
  嬉しくもあり
  ちょいと残念な
  気分でもあり・・。
  なんやら
  土佐人にとっちゃ
  楽しみをちくと
  奪われていくよ~な
  複雑さじゃね~・・・。

  そ~やって
世界に羽ばたいていく
かつおの
刺身やタタキもあれば。

  山間の小さな村で
  秋のかつおの
  この時期を楽しみに
  待っている
  お年寄りたちもいる。


そんなかつおの記事が
連日
高知新聞に掲載されている。

かつお記事

現場をきっちり踏まえて
記事にしていく
記者魂に溢れた掲載が続く。

記事-7

記事-9

記事-8

記事-11

さぁ~秋が深まってくると
ますますかつおが美味くなる
新聞記事もかつおの味も
これからが
またまたたのしみじゃね~。

焼きものが美味い時期ですぞ~!

朝晩は
ぐっと寒くなってきました。
ほんの先日まで
暑い暑い・・・と大汗かいてましたが、
いよいよ季節は遠慮なく変わり
とうとう冬の時期ですかね~。

干物セット10.000円760

  今日は、  
  「ふるさと納税」用の
  写真撮りを
  やっとこ済ませたけんど、

いやぁ~・・・、カメラの
ファインダーを覗きながら
くう~・・・、こいつを焼きながら
熱燗で一杯やったらぁ~・・
たまんね~だろ~なって、
喉がごくりとなりましたぁ~。

   そんなこの時期、
   大正町市場の
   棚に並んだ
   干物をちょいと
   アップしてみまする~。

あじひらき500円

沖ウルメ500円

かます味醂―500円

鯵―500円

かます6匹

鯛2枚

鯛3枚

これから、
寒くなってくると
ますます干物が
美味くなってきますね~・・。

  そんな干物と、
  たたきや久礼名物の
  くれ天などの
  セット商品も
  この時期承っております。
       ↓
http://shop.dokuremon.com/?mode=cate&cbid=1755586&csid=0

大正町市場HPフロントペー

「美味いの~」などと
七輪で団扇を扇ぎながら
干物を焼き焼き
昔ゃうちのお爺いらぁ~が
よ~く飲んでましたが、

  その頃は
  「なにがそんなに
  美味いじゃろ~」と、
  子供心に
  不思議でしたが、

いまじゃ心に
沁みるばぁ~分かります。

天候に恵まれた三連休~冬は近い

11月の行楽日和
お天気に恵まれた三連休でした。

   そんな
   三連休の最終日、
   「シラサ」を求めて
   興津(おきつ)に
   行ってきた。

きむちらーめん

「ウツボのすき焼き」の
注文が入りだしたので、
今朝は急遽
「すき焼きのタレ」造り。
   ↓

http://shop.dokuremon.com/?pid=75387123

そんな
「タレ造り」の手を止めて、
この時期
カメラマンの姿が多くなってきた
何時もの八幡宮前の浜へ
朝陽を拝みに行ってきた。

冬は-2

この明けていく
情景の中にいると、
生きている実感とともに、
さぁ~
ぐわんばってみるかってな
なんやらフツフツと
活力さえも漲ってくる。

冬は近い

太陽

朝の一仕事を終えて、
新鮮さや美味しさで有名な
興津のシラサを買いに行こうと
一路四万十町へ、

   その途中、
   「こめこめフェスタ」で
   賑わうイベント会場へ
   ちょいと寄り道。

こめこめ

こめこめ-3

お隣町、四万十町も
がんばってますね~。
顔馴染の知人たちが
この天候に感謝しつつ
大声でお客さまの呼び込で
溌剌と頑張っていました。

こめこめ-4

こめこめ-2

こめこめ-5

こめこめ-6

   そんな
   大賑わいの
   イベント会場を離れ
   お目当ての
   興津の港へ

おきつ-1

も~何年ぶりになるだろ~・・・。
子供たちが小・中学生の頃に
何度か興津の浜に
キャンプに行ったことがあるが、
あの頃と、さほど
道中も変わっていなかった。

okitsu.jpg

おきつ-3

今だ道幅は狭く
難所とも言える
くねくね道が続く
降り坂じゃけんど、
この浜のなんと美しいことか。

   やっとこ到着。

おきつ-2

知り合いのおばちゃんたちが、
和気あいあいと
作業に勤しんでいた。

おきつ-4

おきつ-5

おきつ-6

シラサ-1

「シラサ」
高知では「シラサ」と呼ぶが
世間いっぱんでは「シラス」とも言う。
このシラサとは、
      カタクチイワシ・マイワシ
      イカナゴなど、
      体に色素がなく
      白い稚魚の総称。

シラウオ、
シロウオのことを
「シラス」と呼ぶ地方もあるが、
土佐では
この稚魚をシラサと呼んで
これを塩ゆでにして
干したものを、
ちりめんじゃこや、
白子干しなどとも呼ぶ。

  いずれにしても
  白く輝くように
  ふわっとして美味しい。

興津を離れ
また元来た道を
ごとごと上がり四万十町
窪川のまちへ・・。

   帰り途中、
   我が社の商品を
   扱ってくれている
   「ユーイング四万十」に
   寄ってみたが、

ここもまた
大勢の観光客の方々で
あふれかえっていた。

わがしゃ

午後1時30分、
さすがに腹がへって、
七子峠の
豚太郎に寄ったが、
これまったこの田舎で
並ばにゃいかんほどの
盛況ぶり。

らーめん

やっとこ
お腹をみたしたぜよ。

30分-1

30ぷん-2

それんしても、
土曜日曜、土曜日曜・・と、
時期外れの台風に見舞われ
ちょいとうんざりしてましたが、
さすがに11月に入って
お天気が落ち着いてきました。

   さぁ~・・・、
   こんどの19日(日曜日)は
   久礼の門前市でございます。

多くのご来場を
お待ちしてます~!!

↓(ポチリと宜しくお願いします)

港町百景

港町の朝は早い。

夕-17

   故郷を離れ、
   何処に
   転出していっても
   忘れることのない
   心の中の憧憬

我らがまちの
ランドマークとも言える
双名島の向こうに
煌々たる朝陽が
昇る頃には
町が何時ものように
動き始める。

夕-1

夕-19

夕-20

夕-11

そんな
朝陽の上りを真向かいに
タテ網漁の船らが
次々に出て行く。

夕-2

夕-7

夕-13

黒潮本陣の
露天風呂にも灯がともり 
高堤防にも釣り人の姿が。

夕-8

夕-9

夕-10

  陽が上り始めると
  本陣下の水揚げ場
  久礼漁港にも
  魚商人の車が
  続々と集まり始める。

夕-12

夕-4

競りが始まる前には、
まずは今朝の魚体を下見
狙いを付けて
値踏みを始める。

夕-3

一口に、
かつおと言っても
魚体の大きさはさまざまで

    一籠に
    2,3本も入れば
    一杯になる
    大物もいれば
    ほんの
    1キロ500ほどの
    小物のかつおまで・・。

夕-5

夕-6

そして
船は漁に出て行き、
水揚げ市場の喧騒も静まり
ひと時落ち着いた
朝の港風景に・・・。

みなと-2

みなと-1

みなと-3

みなと-4

みなと-5

午前11頃になると、
ウルメ釣りも
ボチボチと帰って来て
久礼の大正町市場が
次第に賑やかになってくる。

夕-22

夕-21

夕-23

お日さまが西に傾く
午後4時頃には
また平穏な港町の
様相に変わっていく。

夕-16

夕-15

夕-14

夕昏時。
あちこちの家々に灯がともり
港町は静かに静かに
暮れて行く。

夕昏-2

夕景-3

夕昏

そんな繰り返す
何気ない日常の中に
港町特有のメリハリがあり、
この風情が居ながらにして
魅力あるものとして好きだ。

↓(ポチっと宜しく)

プロフィール

あきsan

Author:あきsan
土佐の生まれで黒潮育ち
元・鰹一本釣り漁師の戯言ブログ

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード